ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地ホットライン教育ひろしま > ひろしま広域スポーツセンター > STEP2 設立の具体的な検討をする組織を作ります

STEP2 設立の具体的な検討をする組織を作ります

タイトル:クラブをつくりましょう!

クラブをつくりましょう!全国の総合型地域スポーツクラブ全国の取り組み例の紹介
((財)日本体育協会ホームページへ)

STEP2 設立の具体的な検討をする組織(設立準備委員会)を作ります

 クラブをつくることを決めたら、設立について具体的に検討する組織(設立準備委員会)を作ります。「クラブ設立の目的・理念(私たちのクラブがめざすもの)をより明確にし、まちのみんなが共感できる理念を積極的に発信し、クラブへの賛同の輪を広げていきましょう。この理念の元に集まった人たちが組織の中心となるでしょう。

 準備委員会では、クラブの構成、規約、事業計画、予算などの基本案を作成します。これらを作成したら、クラブ会員、指導者、運営スタッフを募集するなど、クラブの運営組織を形成していきましょう。

 クラブ会員を募集するには、クラブのちらしを家庭や学校、病院、生涯学習施設など、まちのひとたちがたくさん集まるようなところで配ったり、メディアを使ったりと、いろんな方法があると思います。口コミも効果があります。形式ばった会議でなくても地域の人とお茶の一杯でも飲みながら話をすると、いいアイデアが出てくるかもしれませんね。

 例えば、「○○クラブ 会員募集中」というとっても大きな垂れ幕を手作りで作って、まちの人がたくさん集まる場所につり下げてもらう、なんてどうでしょう。(手作りというのがポイント。安くつくれると思います。)それを見たら、「あれはなんだ」と、問い合わせまちがいなし!

 指導者・運営スタッフの確保が難しいと思われている方が多いと思いますが、実は地域にはたくさんの人材が存在しているものです。

 有資格指導者に限らず、「ずっと野球しとるけえ、ぜひ子どもたちにも教えたい」、「スポーツは苦手だけど写真を撮るのは好きじゃけえ、そんなことでよけりゃあ力を貸す」、「おもしろそうだからなんでもいいからなんかさせてほしい」という人など、地域の熱意ある人、特技をもった人、いろんなジャンルの人を発掘しましょう。きっと心強い味方になります。

 それから教育委員会や体育協会にも、有資格指導者などの人材情報があるはずです。
 クラブはいろんなことをたくさんの人がアイデアを出し合って決めていく、とても自由度の高いものなのです。それもクラブの楽しいところなのかもしれませんね。

 すすめ方にきまりはありません。できることからはじめましょう。 さあ、いよいよクラブ設立です。総会を開催して、クラブに携わる人みんなで「クラブの一員だ!」という喜びを分かち合いましょう。

ステップ3へ

【連絡先】 ひろしま広域スポーツセンター
〒730-8514 広島市中区基町9-42 広島県教育委員会事務局スポーツ振興課内
Tel (082)513-5034 Fax (082)223-6341
E-mail suposhinkou@pref.hiroshima.lg.jp

このページがお役にたちましたら、下のいいねボタンを押してください。