ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 広島県公安委員会 > 定例会議の開催概要(平成29年6月21日)

定例会議の開催概要(平成29年6月21日)

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年6月30日更新

平成29年6月21(水曜日)

 定例会議では,次の事項などについて警察本部から説明,報告を受け,公安委員会としての意思決定を行いました。

【議題】

○広島県道路交通法施行細則の一部改正について
 道路交通法の規定に基づき,警察署長の道路使用許可を受けなければならない行為として,道路において遠隔型自動運転システムを用いて自動車を走行させる実証実験を広島県道路交通法施行細則の規定に加える改正案について説明を受け,審議した。
 委員から,「交通事故や交通違反の責任は遠隔監視,操作者が負うとのことであるが,明文化されているのか。」旨の発言があり,警察側から,「警察庁の定めた道路使用許可に係る審査の基準において明確にされている。許可に当たっては,実験の場所,時間,体制のほか,事前に警察官により法規走行が可能であることの確認を受けていることなどの審査の基準を設けて安全性を確保することとしている。」旨の説明があった。

○損害賠償請求妨害防止命令の発出について
 暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律に基づく損害賠償請求妨害防止命令の発出について説明を受け,案のとおり議決した。
 委員から,「命令に違反した場合は罰則があるのか。」旨の発言があり,警察側から,「そのとおりである。」旨の説明があった。

○運転免許の行政処分について
 運転免許の行政処分に関する意見聴取の結果等24件について説明を受け,案のとおり議決した。

○法定苦情の処理について(5件)
 公安委員会で受理した法定苦情について,調査結果及び苦情申出に対する通知案3件についてそれぞれ説明を受け,案のとおり議決するとともに,通知文の送達に伴う苦情処理の完結2件について報告を受け,決裁した。

○法定苦情の受理について
 公安委員会に申し出られた法定苦情を受理するとともに,その内容及び処理案について説明を受け,案のとおり議決した。

○公安委員会宛文書の処理について(公安委員会補佐室長)
 公安委員会宛に送付された文書の内容及びその処理案について説明を受け,案のとおり議決した。

【報告】

【特記事項】

○警察側から,6月15日に開催された警察・商工労働委員会の開催状況及び質疑応答内容について説明があった。