ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 広島県公安委員会 > 定例会議の開催概要(平成29年5月17日)

定例会議の開催概要(平成29年5月17日)

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年5月26日更新

平成29年5月17(水曜日)

 定例会議では,次の事項などについて警察本部から説明,報告を受け,公安委員会としての意思決定を行いました。

【議題】

○警察署協議会の委員の委嘱(案)について
 広島県警察署協議会の委員の委嘱等に関する規程に基づき,各警察署長から推薦された249人の候補者を次期委員として委嘱する案について説明を受け,審議した。
 委員から,「女性委員の割合が40パーセント以上というのは必要条件なのか。」旨の発言があり,警察側から,「県の男女共同参画基本計画の目標値であり,推薦時に努めて40パーセントを超えるように配意したものである。」旨の説明があった。

○改正ストーカー規制法の施行に伴う公安委員会の事務の委任について
 改正ストーカー規制法が平成29年6月14日から施行されることに伴い,同法の規定に基づき,禁止命令等の公安委員会の事務を警察本部長又は警察署長に委任する案について説明を受け,審議した。
 委員から,「これまで緊急性が高い場合に間に合わない事態があったので,今回の改正は実態に即した改正がされたものと思う。」旨の発言があり,警察側から,「ストーカー規制法が作られた当時は,段階的に手順を踏むという発想であったが,その後のストーカー事案の実状を受けて今回の改正がなされたものであり,その趣旨を踏まえて適切に運用していきたい。」旨の説明があった。

○警察職員の援助要求について
 愛知県公安委員会からの警察職員の援助要求に基づき,当県警察職員を愛知県警察に派遣する案について説明を受け,案のとおり議決した。

○警察職員の援助要求について
 富山県公安委員会からの警察職員の援助要求に基づき,当県警察職員を富山県警察に派遣する案について説明を受け,案のとおり議決した。

○公安条例専決処理状況について(4月中)
  平成29年4月中における公安条例の専決処理状況について説明を受け,了承した。

○審査請求の受理及び審理官の指名について
 運転免許停止処分に関する審査請求を受理するとともに,審理に関する事務を補佐させる審理官を指名する案について説明を受け,案のとおり議決した。

○自己情報開示請求に伴う審査請求の裁決について
 個人情報保護条例に基づく自己情報開示請求に係る審査請求について,審理官による審理経過及び裁決案の説明を受け,案のとおり議決した。

○運転免許の行政処分について
 運転免許の行政処分に関する意見聴取の結果等44件について説明を受け,案のとおり議決した。

○法定苦情の受理について
 公安委員会に申し出られた法定苦情を受理するとともに,その内容及び処理案について説明を受け,案のとおり議決した。

○法定苦情の処理について(2件)
  公安委員会で受理した法定苦情2件について,通知文の送達に伴う苦情処理の完結についてそれぞれ報告を受け,決裁した。

【報告】

○平成29年度広島県警察逮捕術大会の開催について
 平成29年5月25日,広島県立総合体育館武道場において,「平成29年度広島県警察逮捕術大会」を開催することについて報告を受けた。

○行政事件訴訟の終結について
 運転免許の取消処分の取消しを求める行政事件訴訟の終結について報告を受けた。

【特記事項】

○委員から,5月15日に東京都で開催された「16都道府県公安委員会連絡会議」の概要について説明があった。

○警察側から,広島中央警察署における証拠品盗難事件に関して説明があり,委員から「職員の士気にも影響するので,1日も早く解決していただきたい。」旨の発言があった。