ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 広島県公安委員会 > 定例会議の開催概要(平成29年4月12日)

定例会議の開催概要(平成29年4月12日)

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年4月21日更新

平成29年4月12(水曜日)

 定例会議では,次の事項などについて警察本部から説明,報告を受け,公安委員会としての意思決定を行いました。

【議題】

○審査請求の受理及び審理官の指名について(2件)
 運転免許停止及び取消処分に関する審査請求2件を受理するとともに,審理に関する事務を補佐させる審理官を指名する案についてそれぞれ説明を受け,案のとおり議決した。

○運転免許の行政処分について
 運転免許の行政処分に関する意見聴取の結果等17件について説明を受け,案のとおり議決した。

○法定苦情の受理について
 公安委員会に申し出られた法定苦情を受理するとともに,その内容及び処理案について説明を受け,案のとおり議決した。

○法定苦情の処理について
 公安委員会で受理した法定苦情について,調査結果及び苦情申出に対する通知案の説明を受け,案のとおり議決した。

○公安委員会宛文書の処理について
  公安委員会宛に送付された文書の内容及びその処理案について説明を受け,案のとおり議決した。

【報告】

○警察・商工労働委員会説明事項について
 平成29年4月19日に開催される警察・商工労働委員会における警察本部からの説明事項等について報告を受けた。

○女性安全ステーションの拡充について
  女性安全ステーションの運用状況及び広島中央警察署十日市交番を新規指定し運用を拡充等したことについて報告を受けた。
 委員から,「看板の記載内容を具体的にした方が分かりやすいのではないか。」旨の発言があり,警察側から,「看板には女性のための相談窓口と記載しているが,これは,対応する相談内容を具体的に書くと相談者が入りにくくなるおそれがあり,また相談内容を限定せず各種相談に応じる趣旨である。」旨の説明があった。
 委員から,「運用開始から相談件数はどれくらいあったのか。」旨の発言があり,警察側から「平成20年7月の運用開始から約3千件の相談があった。」旨の説明があった。
 委員から,「交番の中には相談スペースがない所もあるので,施設の整備も進めていただきたい。」旨の発言があり,警察側から「交番等には構造上相談室を整備できない所もあり,パーティション等で仕切っている所もあるが,現在整備している交番等には相談室を設けており,建替えに合わせて整備していくこととなる。」旨の説明があった。

○広島県クリーニング生活衛生同業組合との「地域の安全・安心を守る活動推進に関する覚書」の締結について
  県内のクリーニング業者で構成される広島県クリーニング生活衛生同業組合と広島県警察本部が,安全・安心なまちづくりを推進するために,「地域の安全・安心を守る活動推進に関する覚書」を締結すること等について報告を受けた。

【特記事項】

○ 警察側から,春の全国交通安全運動期間中の交通死亡事故の発生状況について説明があった。
○ 警察側から,特殊詐欺の発生状況について説明があった。