ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 広島県公安委員会 > 定例会議の開催概要(平成28年6月22日)

定例会議の開催概要(平成28年6月22日)

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年7月8日更新

平成286月22(水曜日)

 定例会議では,次の事項などについて警察本部から説明,報告を受け,公安委員会としての意思決定を行いました。

【議題】

○交通規制の改正について
  最高速度規制区域の新設案1件及び最高速度規制区間・区域の廃止案3件について説明を受け,案のとおり議決した。
  委員から,「20キロの規制区域を廃止し,30キロに引き上げることで,安全面の問題はないのか。」旨の発言があり,警察側から「今回改正する区域は,速度が出しにくい道路環境であり,ゾーン30に変更することで,道路利用者の交通安全に対する意識付けになることも期待しており,問題はないと考えている。」旨の説明があった。

○公安委員会の行事予定(案)について(平成28年7月~9月)
  平成28年7月から9月までの3か月間における公安委員会の行事予定(案)について説明を受け,了承した。

○犯罪被害者等給付金支給裁定について
  犯罪被害者等給付金の支給等による犯罪被害者等の支援に関する法律に基づく重傷病給付金の支給申請を受理し,所要の調査を実施した上での給付金支給裁定案について説明を受け,案のとおり議決した。

○ストーカー規制法に基づく警告の実施について
  ストーカー行為等の規制等に関する法律に基づいて行った警告について説明を受け,了承した。

○自己情報開示請求事案の移送について
  広島県公安委員会で受理した自己情報開示請求については,広島県警察本部長が保有する行政文書につき,広島県個人情報保護条例の規定により,事案を移送する案について説明を受け,案のとおり議決した。

○運転免許の行政処分について
  運転免許の行政処分に関する意見聴取の結果等25件について説明を受け,案のとおり議決した。

○災害対策基本法及び同法施行令の一部改正に伴う広島県公安委員会事務専決規程の一部改正について
 災害対策基本法及び同法施行令の一部改正に伴い,広島県公安委員会事務専決規程の一部を改正する案について説明を受け,案のとおり議決した。

【報告】

○警察本部の行事予定について(平成28年7月~9月)
  平成28年7月から9月までの3か月間における警察本部の行事予定について報告を受け。
     
○めざせ!日本一安全・安心な広島県の実現「アンダー100作戦」の進捗状況について(5月末時点)
 「アンダー100作戦」の5月末時点の進捗状況について報告を受けた。
   委員から,「特殊詐欺を実行しているグループはどれくらいあるのか。」旨の発言があり,警察側から「詐欺グループは全国的に活動していることや一度検挙された被疑者が,刑事処分後も繰り返し犯行に及ぶケースもあるため,実態把握が非常に難しいのが現状である。」旨の説明があった。

○女性の活躍と全職員のワークライフバランスの推進状況について
  女性警察職員の活躍と全職員のワークライフバランスにおける5月中の推進状況について報告を受けた。
  委員から,「年次有給休暇の取得目標は何日を設置し,その達成状況はどうか。」旨の発言があり,警察側から「年間12日を目標にしている。昨年も同様の取得目標に対して,目標に近い取得がされているなど,職員の意識も変化している。」旨の説明があった。
  委員から,「年次有給休暇の取得を促進する目的は何か。記念日休暇(結婚記念日,家族の誕生日,子供の入学等)の取得については,民間企業でも採用したいような非常に良い取組だと思う。」旨の発言があり,警察側から「公務員の職種の中でも警察は3K職場的なイメージをもたれがちなため,優秀な人材確保の観点から,多くの若者が警察官を目指してもらえるような職場環境に整えることなどを目的の一つとしている。」旨の説明があった。

○警察部外功労者表彰(警察協力章)受章者の決定について
  毎年7月1日,警察庁長官が,長期にわたって警察に協力し,多くの功労があった部外者を表彰する警察部外功労者表彰(警察協力章)について,本年における本県の受章者及びその功労概要等の報告を受けた。

○平成28年広島県夏の交通安全運動の実施について
  平成28年7月11日から7月20日までの10日間で実施される平成28年広島県夏の交通安全運動における運動の重点,重点推進事項及び主な行事等について報告を受けた。

【特記事項】

○警察側から,県議会6月定例会での一般質問及び常任委員会で答弁した要旨について報告があった。
○警察側から,6月22日参議院議員通常選挙の公示を受けて,県警察として選挙の公正を期すため,選挙違反に対して的確な取締りを行うことや改正公職選挙法についても法令解釈に誤りがないよう指示の徹底を図り対応していく旨の説明があった。