ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 広島県公安委員会 > 定例会議の開催概要(平成28年4月6日)

定例会議の開催概要(平成28年4月6日)

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年4月26日更新

平成28年4月6(水曜日)

 定例会議では,次の事項などについて警察本部から説明,報告を受け,公安委員会としての意思決定を行いました。

【議題】

○小型無人機等飛行禁止法の施行に伴う関係規程の改正について 
  小型無人機等飛行禁止法の施行に伴う広島県公安委員会事務専決規程の改正案について説明を受け,案のとおり議決した。

○公安条例専決処理状況について(平成28年3月中)
  平成28年3月中における公安条例の専決処理状況について説明を受け,了承した。

○監査の実施について
  広島県代表監査委員から通知のあった監査の実施について説明を受け,決裁した。

○運転免許停止処分の取消しを求めた行政訴訟控訴事件の判決について
  運転免許停止処分取消請求のあった行政事件訴訟の判決概要について報告を受けた。

○異議申立書の審理結果について
 運転免許の更新時に交付した運転免許証の区分に関する異議申立事案について,審理官による審理結果及び決定案の説明を受け,案のとおり議決した。

○運転免許の行政処分について
  運転免許の行政処分に関する意見聴取の結果等27件について説明を受け,案のとおり議決した。

○法定苦情の処理について(2件)
 公安委員会で受理した法定苦情について,通知文の送達等に伴う苦情処理の完結2件の説明を受け,案のとおり議決した。

○法定苦情の受理について(7件)
  公安委員会に申し出られた法定苦情を受理するとともに,その内容及び処理案7件について説明を受け,案のとおり議決した。

【報告】

○平成28年春の叙勲等について
  平成28年春の叙勲の受章者等について報告を受けた。

○第10次広島県交通安全計画の概要と策定スケジュールについて交通安全対策基本法に基づき,広島県の交通安全計画の基本となる「第10次広島県交通安全計画」(平成28年度から平成32年度までの5年間)の概要及び策定スケジュール等について報告を受けた。
  委員から,「交通死亡事故が,1月及び2月は前年同期と比べ大幅に減少し順調なスタートであったが3月中に多発している。交通死亡事故を抑止するための特効薬はないと思うが,県民の交通安全に対する意識を喚起させるなど,地道な活動を継続して欲しい。」旨の発言があり,警察側から「交通取締や,県民に対する注意喚起などの広報活動を,関係機関と連携してしっかり行うことで,交通死亡事故の抑止を図っていきたい。」旨の説明があった。

【特記事項】

○警察側から,サミット外相会合の本番を迎え,警備を成功させるためには,県民の協力が不可欠であることから,4月7日に記者会見を開き,マスコミを通じて県民へ協力を呼びかけることについて報告があった。
○委員から,サミット外相会合警備に万全を期していただき,無事終了することを祈念している旨の発言があった。