ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 広島県公安委員会 > 定例会議の開催概要(平成28年3月16日)

定例会議の開催概要(平成28年3月16日)

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年4月4日

平成28年3月16(水曜日)

 定例会議では,次の事項などについて警察本部から説明,報告を受け,公安委員会としての意思決定を行いました。

【議題】

○警察職員などの援助要求について   
  外務大臣会合に伴う警護警備のため,大阪府警察などに対し,警察法の規定に基づく援助要求を行う案について説明を受け,案のとおり議決した。

○不服申立てに係る審理官の指名替えについて
  広島県公安委員会などに対する不服申立てに関する規則に定める審理官について,人事異動に伴う指名及び指名を解除する案について説明を受け,案のとおり議決した。

○広島県警察の組織に関する規則及び警察職員の定員の配分に関する規則の一部改正について 
 警察本部生活安全部の再編に伴い,広島県警察の組織に関する規則及び警察職員の定員の配分に関する規則の一部を改正する案について説明を受け,案のとおり議決した。
○車高4月1日メートルの自動車が通行可能な道路の指定などについて
 車高制限4月1日メートルとする通行可能な道路の指定に関して,道線・区間の追加指定などに伴い,広島県道路交通法施行細則を改正する案について説明を受け,案のとおり議決した。

○異議申立書の審理結果について
  更新時に交付した運転免許証の区分に関する異議申立事案について,審理官による審理結果及び決定案の説明を受け,案のとおり議決した。

○異議申立書の受理及び審理官の指名について
  更新時に交付した運転免許証の区分に関する異議申立書を受理するとともに,審理に関する事務を補佐させる審理官を指名する案について説明を受け,案のとおり議決した。

○運転免許の行政処分について
  運転免許の行政処分に関する意見聴取の結果など28件について説明を受け,案のとおり議決した。

○法定苦情の処理について(2件)
 公安委員会で受理した法定苦情について,調査結果及び苦情申出に対する通知案,通知文の送達に伴う苦情処理の完結の説明を受け,案のとおり議決した。

○公安委員会宛文書の処理について(2件)
  公安委員会宛てに送付された文書の内容及びその処理案2件について説明を受け,案のとおり議決した。

【報告】

○めざせ!日本一安全・安心な広島県の実現「アンダー100作戦」の進捗状況について(2月末時点)
 「アンダー100作戦」の2月末時点の進捗状況について報告を受けた。
 委員から,「特殊詐欺被害の抑止効果が現れてきているが,1億6千万円を阻止した事案概要はどのようなものか。」旨の発言があり,警察側から,「訴訟費用をめぐる特殊詐欺で,金融機関から通報を受けて阻止したものである。」旨の説明があった。
  委員から,「特殊詐欺被害額は昨年同期で約65パーセント減少し,交通死亡事故も大幅に減少するなど成果が出ているが,県民の警戒意識が浸透したことによるものなのか。」旨の発言があり,警察側から,「アンダー100作戦を昨年に続き展開し,繰り返し県民に注意喚起を続けてきたことで,何か変わった電話などがあれば警察へ通報したり,注意をする方が増えてきたのではないかと感じている。一人でも多くの正に浸透させていきたい。」旨の説明があった。 
 警察側から,「そのほかにも,金融機関の協力により大口の被害を阻止できたことも挙げられる。」旨の説明があった。
  委員から,「特殊詐欺被害防止のアンダー10作戦では,金融機関と協力した水際阻止対策や検挙対策も効いているので継続して欲しい。」旨の発言があった。
  委員から,「特殊詐欺や交通事故は,認知症が深く関係しており,特殊詐欺は特に認知症の方をどう守るかが今後の課題であると考えている。」旨の発言があった。

○女性の活躍と全職員のワークライフバランスの推進状況について(2月中)
  女性警察職員の活躍と全職員のワークライフバランスにおける2月中の推進状況について報告を受けた。
     
○当面の警備情勢について
  外務大臣会合警備に伴う部隊訓練の実施計画について報告を受けた。

【特記事項】

○警察側から,県議会2月定例議会終了に伴う謝辞及びサミット外相会合警備に向けて万全の準備を進めることについて報告があった。