ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 広島県公安委員会 > 定例会議の開催概要(平成28年2月17日)

定例会議の開催概要(平成28年2月17日)

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年4月4日更新

平成28年2月17(水曜日)

 定例会議では,次の事項などについて警察本部から説明,報告を受け,公安委員会としての意思決定を行いました。

【議題】

○警察職員の援助要求について  
 島根県公安委員会及び沖縄県公安委員会からの警察職員の援助要求に基づき,当県警察職員を要求元の各県警察に派遣する案について説明を受け,案のとおり議決した。 

○人事案件について
 人事案件について説明を受け,案のとおり同意,了承した。
     
○異議申立書の審理結果について
  運転免許の取消処分に関する異議申立事案について,審理官による審理結果及び決定案の説明を受け,案のとおり議決した。

○異議申立書の受理及び審理官の指名について(2件)
  更新時に交付した運転免許証の区分に関する異議申立書及び運転免許の更新時に交付した運転免許証の有効期間に関する異議申立書を受理するとともに,審理に関する事務を補佐させる審理官を指名する案について説明を受け,案のとおり議決した。

○運転免許の行政処分について
  運転免許の行政処分に関する意見聴取の結果など40件について説明を受け,案のとおり議決した。

○法定苦情の処理について(3件)
 公安委員会で受理した法定苦情について,調査結果及び苦情申出人に対する通知案2件,追加文書の処理案について説明を受け,案のとおり議決した。

○法定苦情の受理について
  公安委員会に申し出られた法定苦情を受理するとともに,その内容及び処理案について説明を受け,案のとおり議決した。

【報告】

○めざせ!日本一安全・安心な広島県の実現「アンダー100作戦」の進捗状況について(1月末時点)
 「アンダー100作戦」の1月末現在の進捗状況について報告を受けた。
  委員から,「特殊詐欺被害の手口のほとんどが,架空請求や還付金詐欺であるが,息子などを騙るなりすまし詐欺から変わってきたのか。また,金融機関で阻止できるのか。」旨の発言があり,警察側から,「息子などを騙る手口は,詐欺と見破る高齢者が増えてきたことから被害が減少している。架空請求や還付金詐欺については,スーパーなど人目に付きにくいATMへ誘導しているため被害が多くなっており,金融機関と協力して,ATMに近づくと自動音声で注意喚起を行うボイスポリスを設置するなどの対策を講じている。」旨の説明があった。
  委員から,「昨年の後半から被害額が減少し,阻止額は増加しているので,各種対策を継続して,アンダー10の目標を是非達成して欲しい。」旨の発言があった。

○女性の活躍と全職員のワークライフバランスの推進状況について
 女性警察職員の活躍と全職員のワークライフバランスの推進状況について報告を受けた。
 委員から,「在庁時間の減少傾向は,管理監督者への意識付けが成果に現れているのか。」旨の発言があり,警察側から,「在庁時間が長時間に及ぶ職員への個別指導や上司の意識付けにより,浸透してきたことによるものと考えている。」旨の説明があった。
  委員から,「有給休暇の取得も,具体的な目標を立て,管理職に管理させることにより,休暇が取得しにくい雰囲気を一掃させることが大事である。」旨の発言があり,警察側から,「改善傾向にあるのは,公安委員からの指導により,幹部自らの意識改革が図られたことが大きいと感じており,引き続きのご指導をお願いする。」旨の説明があった。

○行政不服審査法の全部改正について
 行政不服審査法の改正概要として,改正の経緯,新法の主な改正点,今後の予定などについて報告を受けた。

○広島県警備業協会との「犯罪の起きにくい社会づくりの推進に関する協定」の締結について広島県警備業協会と広島県警察本部が締結した「地域の安全を守る活動の推進に関する覚書」を発展的に解消し,新たにドライブレコーダーの記録データを必要な範囲内で加盟事業者が提供することを盛り込んだ協定を締結することについて報告を受けた。
  委員から,「県警としては,ドライブレコーダーの記録データの提供を受けるのは警備業協会が初めてか。」旨の発言があり,警察側から,「事件・事故の捜査のために提供を受ける協定は,刑事・交通関係団体との間で締結している例もあるが,防犯活動の協定に提供を受ける旨を盛り込むのは今回が初めてである。」旨の説明があった。
  
○捜査特別報奨金取扱要綱に基づく懸賞広告の実施について
  捜査特別報奨金取扱要綱に基づく懸賞広告を行う対象事件,広告日,応募期間,報奨金及び広報活動などについて報告を受けた。

○当面の警備情勢について
  最近の警備情勢について報告を受けた。

【特記事項】

○警察側から,2月16日に開催された警察・商工労働委員会での質疑内容などについて説明があった。
○警察側から,「広島県警察の未来ビジョンを語る会」の今後の開催方針などについて説明があった。