ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 広島県公安委員会 > 定例会議の開催概要(平成28年2月10日)

定例会議の開催概要(平成28年2月10日)

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年4月4日更新

平成28年2月10(水曜日)

 定例会議では,次の事項などについて警察本部から説明,報告を受け,公安委員会としての意思決定を行いました。

【議題】

○公安委員会事務の専決処理状況について(平成27年中)
 平成27年中における公安委員会事務の専決処理状況として,風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律,警備業法,探偵業の業務の適正化に関する法律,古物営業法,質屋営業法,銃砲刀剣類所持等取締法,火薬類取締法に基づく各種許可等及び指示処分にかかる生活安全部関係事務並びに道路交通法に基づく交通規制の決定,運転免許証の交付,法定講習の実施及び申請による運転免許取消等の交通部関係事務の専決処理状況について説明を受け,了承した。

○広島県公安委員会規程(保安関係行政処分取扱規程)の一部改正について
 犯罪による収益の移転防止に関する法律の一部改正に伴い,保安関係行政処分取扱規程の一部を改正する案について説明を受け,案のとおり議決した。
     
○運転免許の行政処分について
  運転免許の行政処分に関する意見聴取の結果など10件について説明を受け,案のとおり議決した。

○流川・薬研堀地区の街頭防犯カメラシステムの運用状況について(平成27年下半期)
  平成27年下半期における流川・薬研堀地区に設置された街頭防犯カメラシステムの運用状況について説明を受け,了承した。

○「広島県警察の未来ビジョンを語る会」開催状況について
  平成28年2月5日に開催された第2回「広島県警察の未来ビジョンを語る会」の開催結果などについて報告を受けた。

○整備不良車両に対する措置について
  道路運送車両の保安基準等に適合しないため交通の危険を生じさせ,又は他人に迷惑を及ぼすおそれがある車両等の措置要領について報告を受けた。

○自己情報開示請求に対する開示可否の決定について
  広島県個人情報保護条例に基づく自己情報開示請求に対する開示可否の決定案について説明を受け,案のとおり議決した。

○法定苦情の処理について
 公安委員会で受理した法定苦情について,通知文の送達に伴う苦情処理の完結の説明を受け,案のとおり議決した。

○法定苦情の受理について
  公安委員会に申し出られた法定苦情を受理するとともに,その内容及び処理案について説明を受け,案のとおり議決した。

【報告】

○警察・商工労働委員会説明事項について
 平成28年2月16日に開催予定の警察・商工労働委員会における警察本部からの説明事項等について報告を受けた。

○平成28年度警察費当初予算(案)について
 平成28年度警察費当初予算(案)及び主要事業等について報告を受けた。
  委員から,「予算案から見ても,県警は人件費の割合が非常に高いことがよく分かる。」旨の発言があり,警察側から,「県全体の予算に占める人件費の割合が約30%であるのに対して,県警は約82%を占めており,まさにマンパワー中心の組織と言える。」旨の説明があった。

○平成28年度組織体制整備について
  人身安全関連事案対策の強化,特殊詐欺対策の強化,我が国を取り巻く国際情勢の変化に対応するための事態対処能力の強化,悪質重要犯罪の徹底検挙及び総合的な組織犯罪対策の強化,地域実態に即した街頭活動の強化,交通事故抑止総合対策の強化,県民の期待と信頼に応える治安基盤の確立を柱とした,平成28年度組織体制整備の概要について報告を受けた。
 委員から,「財務局長のポストを新設することのメリットは何か。」旨の発言があり,警察側から,「予算事務の効率化や県財政当局とのスムーズな交渉による計画的な警察施設整備が図られると考えている。」旨の説明があった。

○広島県警察サイバーセキュリティ戦略会議の開催について  
  平成28年2月15日に開催される広島県警察サイバーセキュリティ戦略会議の概要,出席者等について報告を受けた。

○当面の警備情勢について
  伊勢志摩サミット及び広島市における外務大臣会合が開催予定であることから,全警察職員が現場活動等に際し,一定の外国語に対応できるよう,外国語ポケットブックを作成・配付することについて報告を受けた。
  委員から,「グローバル化への対応として,非常に良い取組である。また,サミット後には,実際に使用したことで分かる要改善点を集約し,改良することへの配意もお願いする。」旨の発言があった。

【特記事項】

○警察側から,広島県警の「アンダー90作戦」の取組と効果を受けて,島根県警が今年,「アンダー18作戦」を展開することに触れ,本県でも他県の効果的な施策を採り入れながら,効果的な業務運営を推進することについて説明があった。
○委員から,北島国家公安委員との意見交換で行った主な話題について発言があった。また,営利企業と異なり既定予算で勤務する警察職員の仕事に対する動機付けをしっかりと行うことについて発言があった。