ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 広島県公安委員会 > 定例会議の開催概要(平成28年1月20日)

定例会議の開催概要(平成28年1月20日)

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年4月4日更新

平成28年1月20(水曜日)

 定例会議では,次の事項などについて警察本部から説明,報告を受け,公安委員会としての意思決定を行いました。

【議題】

○広島県監査委員による監査の受監結果について
  広島県監査委員会から,警察本部及び警察学校に対して行った監査の結果通知を受理し,その通知概要について報告を受けた。
 委員から,「放置違反金の長期未納者に対しては,逃げ得を許さないよう,さらなる徴収促進に努めてもらいたい。」旨の発言があった。

○交通規制の改正について 
  信号機の新設案について説明を受け,案のとおり議決した。

○公安委員会規則などの一部改正について(2件)
  広島県公安委員会規則及び広島県公安委員会規程の一部を改正する案について,案のとおり議決した。

○審査請求事案の処理について
  広島県情報公開・個人情報保護審査会に諮問中の審査請求事案において,県審査会から意見聴取の通知を受理し,警察本部長へ通知する案について説明を受け,案のとおり議決した。

○犯罪被害者等給付金支給裁定について
  犯罪被害者等給付金の支給等による犯罪被害者等の支援に関する法律に基づく遺族給付金の支給申請を受理し,所要の調査を実施した上での給付金支給裁定案について説明を受け,案のとおり議決した。

○監察の実施状況等について
  平成27年度第3四半期における監察の実施状況等についての説明を受け,了承した。

○警備業法及び風営適正化法の規定に基づく医師の指定について
  警備業法及び風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律の規定に基づき,行政手続法の適用除外となるアルコール,麻薬,大麻,あへん又は覚せい剤の中毒者等の診断を行う医師を指定する案について説明を受け,案のとおり議決した。

○ストーカー規制法に基づく警告の実施について
  ストーカー行為等の規制等に関する法律に基づいて行った警告について説明を受け,了承した。

○異議申立書の受理及び審理官の指名について
  道路交通法に基づく放置違反金の督促処分に対する異議申立書を受理するとともに,審理に関する事務を補佐させる審理官を指名する案について説明を受け,案のとおり議決した。

○審査請求書の審理結果について
  運転免許の停止処分に対する審査請求事案について,審理官による審理結果及び裁決案の説明を受け,案のとおり議決した。

○異議申立書の審理結果について
  運転免許の更新時に交付した運転免許証の区分に関する異議申立事案について,審理官による審理結果及び決定案の説明を受け,案のとおり議決した。

○自動車等の運転者の運転免許の効力の停止等の行政処分量定に関する規程の一部を改正する規程について
  自動車等の運転者の運転免許の効力の停止等の行政処分量定に関する規程の一部を改正する案について説明を受け,案のとおり議決した。 

○運転免許の行政処分について
  運転免許の行政処分に関する意見聴取の結果など65件について説明を受け,案のとおり議決した。

○法定苦情の処理について(6件)
  公安委員会で受理した法定苦情について,調査結果及び苦情申出人に対する通知案,苦情取下げ事案の調査結果,通知文の送達に伴う苦情処理の完結4件の説明を受け,案のとおり議決した。

○公安委員会宛文書の処理について
  公安委員会宛てに送付された文書の内容及びその処理案について説明を受け,案のとおり議決した。

【報告】

○警察署協議会連絡会の開催について
 平成28年1月27日に開催される,警察署協議会連絡会の概要について報告を受けた。

○平成28年度当初予算(案)における主要事業について
 平成28年度当初予算(案)における主要5事業について報告を受けた。
 委員から,「スクールサポーターは,全体で何人になるのか。」旨の発言があり,警察側から,「県予算で14人,竹原・呉・安芸高田市が予算負担する6人及び広島・福山市が採用する6人を合わせて26人となる。」旨の発言があった。

○めざせ!日本一安全・安心な広島県の実現「アンダー100作戦」の進捗状況について(平成27年中)
  「アンダー100作戦」の平成27年中の進捗状況について報告を受けた。
 委員から,「特殊詐欺について,首魁クラスの被疑者を複数検挙しているが,どんな役目をしていたのか。」旨の発言があり,警察側から,「犯行アジトを取り仕切っていた人物等である。」旨の説明があった。
 委員から,「特殊詐欺被害額の月別推移を見ると,取組の効果により後半から大幅な減少傾向がみられるので,このペースを継続して目標達成に努めていただきたい。また,今後作成する反射材リストバンドには,防犯・交通事故抑止を呼びかける標語を記載してはどうか。」旨の発言があり,警察側から,「実現していきたい。」旨の説明があった。
      
○女性の活躍と全職員のワークライフバランスの推進状況について
 女性警察職員の活躍と全職員のワークライフバランスの推進状況について報告を受けた。
  委員から,「昨年は,在庁時間が80時間を超える者が一昨年と比べて大幅に減少しているが,どのような取組が成果に現れたのか。」旨の発言があり,警察側から,「実態の把握と,それに基づく個別指導及び幹部職員への意識付けを行ったことである。」旨の説明があった。

○平成27年度広島県警察拳銃射撃競技大会の開催について
  平成28年2月4日,広島県警察学校において開催される「平成27年度広島県警察拳銃射撃競技大会」の概要等について報告を受けた。

○初任科第224期の卒業式について
  平成28年1月29日,広島県警察学校において挙行される初任科第224期生卒業式の概要について報告を受けた。

○110番の受理状況について(平成27年中)
  平成27年中における110番通報の受理件数,リスポンスタイム及び緊急配備の実施状況等について報告を受けた。
  委員から,「平成25年のリスポンスタイムが,前年と比べて大幅に短縮された理由は何か。」旨の発言があり,警察側から,「通報を受理した時点で,たちまち,発生方面を指令する予告指令を始めたこと及び無線通話技術の向上を図るための検定制度を導入したことによるものである。」旨の説明があった。

【特記事項】

○警察側から,交通事故抑止に資する反射材リストバンドの作成・活用が,企業,自治体等に広がりをみせている状況について説明があった。
○委員から,所属する商工会議所などで検討中のサッカー競技場の建設場所が決定した際には,渋滞緩和や安全確保に向けた交通対策などが重要になることが話し合われていることについて説明があった。