ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 広島県公安委員会 > 定例会議の開催概要(平成27年9月9日)

定例会議の開催概要(平成27年9月9日)

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年9月18日

平成27年9月9(水)

 定例会議では,次の事項などについて警察本部から説明,報告を受け,公安委員会としての意思決定を行いました。

【議題】

○交通規制の改正について
 信号機の新規設置案4箇所及び最高速度規制の改正案2区間,廃止案4区間について説明を受け,審議した。

○人事評価における警察本部長の自己申告について
  地方警務官を対象とした人事評価の制度に基づく,警察本部長の期末における自己申告の内容について報告を受けた。

○監察の実施状況等について
  強要未遂等の事案に係る職員に対する刑事処分について報告を受けた。

○人事異動に伴う行政事件訴訟の指定代理人の変更について
  平成27年秋季人事異動に伴い,行政事件訴訟の指定代理人を変更する案について説明を受け,案のとおり議決した。

○異議申立書の審理結果について
 放置駐車違反に基づく放置違反金の納付命令処分に対する異議申立事案について,審理官による審理結果及び決定案の説明を受け,案のとおり議決した。

○異議申立書の審理結果について(2件)
  更新時に交付した運転免許証の区分に関する異議申立事案2件について,審理官による審理結果及び決定案の説明を受け,案のとおり議決した。

○異議申立書の受理及び審理官の指名について
  更新時に交付した運転免許証の区分に関する異議申立事案について,通知した審理結果を不服とする再度の異議申立書を受理するとともに,審理に関する事務を補佐させる審理官を指名する案について説明を受け,案のとおり議決した。

○運転免許の行政処分について
  運転免許の行政処分に関する意見聴取の結果等27件について説明を受け,案のとおり議決した。

○平成27年度留置施設実地監査実施計画の策定について
  刑事収容施設及び被収容者等の処遇に関する法律の規定に基づき,警察本部及び警察署の留置施設に対して行う実地監査の計画について説明を受け,了承した。

○ストーカー規制法に基づく警告の実施について(2件)
  ストーカー行為等の規制等に関する法律に基づいて行った警告2件について説明を受け,了承した。

○法定苦情の処理について(4件)
  公安委員会で受理した法定苦情について,調査結果及び苦情申出人に対する通知案1件と通知文の送達に伴う苦情処理の完結3件の説明を受け,案のとおり議決した。 

○法定苦情の受理について(5件)
 公安委員会に申し出られた法定苦情5件を受理するとともに,その内容及び処理案について説明を受け,案のとおり議決した。

○公安委員会宛文書の処理について(3件)
  公安委員会宛に送付された文書の内容及びその処理案3件について説明を受け,案のとおり議決した。

【報告】

○平成27年広島県殉職警察職員慰霊式の挙行について
  平成27年11月4日,広島市南区比治山公園内の殉職警察職員慰霊碑前広場において挙行される「平成27年広島県殉職警察職員慰霊式」の概要について報告を受けた。

○警察・商工労働委員会説明事項について
 平成27年9月16日に開催される警察・商工労働委員会における警察本部からの説明事項等について報告を受けた。

○平成27年度9月補正予算(案)について
  平成27年度9月補正予算(案)の概要等について報告を受けた。
  委員から,「補正予算の内容からもサミット警備の大変さが分かる。事前準備をしっかりして臨んでもらいたい。」旨の発言があった。
 委員から,「サミット警備に関して国からの予算はないのか。」旨の発言があり,警察側から,「基本的には,国費で手当されない部分を県費で手当することになる。」旨の説明があった。
                  
○初任科第223期の卒業式について
 平成27年9月25日,広島県警察学校において開催される初任科第223期生卒業式の概要について報告を受けた。
  委員から,「以前と比べ初任科生に占める女性の割合が高くなっているが,警察学校の女性用施設が不足することはないか。」旨の発言があり,警察側から,「警察学校長を務めた昨年度,女性用施設の拡充,改善を図っており,不足することはない。」旨の説明があった。
                                     
○少年非行の概要について(平成27年上半期) 
  平成27年上半期における少年非行の概要として,主な特徴点,非行概要の分析結果及び今後の対応方針について報告を受けた。
 委員から,「犯罪種別の中で割合の高い万引きは,減らない罪種なのか。コンビニ等から警察へ通報してくるケースは多いのか。」旨の発言があり,警察側から,「万引きも含め,少年犯罪は減少しているが,全体に占める万引きの割合が高くなっている。また,警察への通報に関しては,店舗側での方針もあるようだが,警察への通報を促していることから,多くの場合は通報がなされているとみている。」旨の説明があった。
  委員から,「サイバー補導は,大変な労力を要すると思われるが,今後も強化していく必要があると感じている。」旨の発言があり,警察側から,「サイバー補導は,労力を要するが,補導を受けた少年がネットに書き込み,これが拡散して抑止につながる効果もあるので,しっかりと行っていく。」旨の説明があった。
  委員から,「スマートフォンの普及が少年非行の減少に影響しているのか。」旨の発言があり,警察側から,「スマートフォンの普及等により,街頭でい集する少年は減少傾向にあるとみられるが,逆に非行少年の動向が潜在化し,補導や非行防止対策等が難しくなっている。」旨の説明があった。

○当面の刑事情勢について 
  平成27年9月7日,広島市西区横川新町で発生した殺人事件の概要等について報告を受けた。

○平成27年秋の全国交通安全運動の実施について 
 平成27年9月21日から9月30日までの10日間で実施される平成27年秋の全国交通安全運動における運動の重点,重点推進事項及び主な行事等について報告を受けた。

○広島県道路交通法施行細則の一部改正に関するパブリックコメントの実施について       
  広島県道路交通法施行細則第10条(運転者の遵守事項)に,大音量でカーラジオ等を聞いたり,イヤホン等を使用して音楽を聞くなど,安全な運転に必要な音や声を聞くことができないような状態での車両の運転を禁止することを追加する一部改正案及び同案に関するパブリックコメントの実施計画について報告を受けた。
  委員から,「パブリックコメントにおいて,反対の意見が出た場合の対応はどうなるのか。また,自転車も違反の対象となるのか。」旨の発言があり,警察側から,「意見内容を精査し,改正案の見直しを含めた検討もしていきたい。また,対象は車両であることから,自転車も含まれる。」旨の説明があった。

【特記事項】