ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 広島県公安委員会 > 定例会議の開催概要(平成27年7月1日)

定例会議の開催概要(平成27年7月1日)

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年7月24日

平成27年7月1(水)

 定例会議では,次の事項などについて警察本部から説明,報告を受け,公安委員会としての意思決定を行いました。

【議題】

 ○警察職員の援助要求について
  福島県公安委員会からの警察職員の援助要求に基づき,当県警察職員を福島県警察に派遣する案について説明を受け,案のとおり議決した。

○公安条例専決処理状況について(平成27年6月中)
 平成27年6月中における公安条例の専決処理状況について説明を受け,了承した。

○監査の実施について
  広島県代表監査委員から通知された監査の日程,実施所属等について説明を受け決裁した。

○異議申立書の受理及び審理官の指名について
 道路交通法に基づく放置違反金の納付命令に対する異議申立書を受理するとともに,審理に関する事務を補佐させる審理官を指名する案について説明を受け,案のとおり議決した。

○異議申立書の審理結果について
  更新時に交付した運転免許証の区分に関する異議申立事案について,審理官による審理結果及び決定案の説明を受け,案のとおり議決した。

○運転免許の行政処分について
  運転免許の行政処分に関する意見聴取の結果等30件について説明を受け,案のとおり議決した。

○法定苦情の処理について
 公安委員会で受理した法定苦情について,その調査結果が苦情申出人宛に郵送されたことの報告を受け,決裁した。

○公安委員会宛文書の処理について(2件)
 公安委員会宛に送付された文書の内容及びその処理案について説明を受け,案のとおり議決した。

○ストーカー規制法に基づく警告の実施について
  ストーカー行為等の規制等に関する法律に基づいて行った警告について説明を受け,了承した。

 

【報告】

○平成26年度広島県留置施設視察委員会からの意見・要望事項及び措置状況について
 留置施設視察委員会委員が,平成26年9月25日から同年12月18日までに行った警察署等の13留置施設を視察した結果に基づき,同委員会から提出された意見・要望及び措置状況等について報告を受けた。
  委員から,「提出意見の中に,面会室への非常ベルの設置があるが,必要とする事例が何かあったのか。」旨の発言があり,警察側から,「必要とした事例はない。面会中に暴れるなどの事案が発生した場合には,立会警察官が声を発して,同じ留置施設内の警察官の応援を受けて対応できる旨を委員に説明し,了承を得た。」旨の説明があった。

○銃砲刀剣類一斉検査の実施結果について
  平成27年4月1日から同年5月31日までの間実施した,銃砲刀剣類の一斉検査の実施結果について報告を受けた。
     
○平成26年度中の少年警察ボランティアの活動状況について
  少年警察ボランティアの概要,平成26年度の活動状況及び平成27年度の主な活動予定について報告を受けた。
  委員から,「非行深度の進んだ少年等に関する情報は,少年補導協助員,少年指導委員と,スクールサポーターとの間で共有化が図られているのか。」旨の発言があり,警察側から,「スクールサポーターの持つ情報は,必要に応じて警察署等から,管内の少年補導協助員等へ提供している。また,少年サポートルームでは,少年補導協助員,スクールサポーターのほか,警察職員,市職員等が一緒になって,特定の少年に対する支援活動等を行っている。」旨の説明があった。
  委員から,「知り合いの少年補導協助員から,スクールサポーターと合同での校内巡回を行っており,スクールサポーターが積極的に生徒への注意,指導を行うなど,少年補導協助員としてはスクールサポーターと一緒に活動できることが非常に有り難いと聞いている。」旨の発言があった。

○第18回統一地方選挙違反取締りについて
 第18回統一地方選挙における違反取締り結果として,検挙事件の概要及び警告の実施状況等について報告を受けた。

○当面の警備情勢について

   当面の警備情勢として,広島県内で開催される行事の警備諸対策について報告を受けた。

【特記事項】

○警察側から,7月9日に開催される第1回「広島県警察の未来ビジョンを語る会」における,本県警察を取り巻く現状等に関する説明内容の報告を受けた。