ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 広島県公安委員会 > 定例会議の開催概要(平成27年5月27日)

定例会議の開催概要(平成27年5月27日)

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年6月8日

平成27年5月27(水)

 定例会議では,次の事項などについて警察本部から説明,報告を受け,公安委員会としての意思決定を行いました。

【議題】

○公安委員会の行事予定(案)について(平成27年6月~8月)
  平成27年6月から8月までの3か月間における公安委員会の行事予定(案)について報告を受け,了承した。

○犯罪被害者等給付金の支給裁定について
 「犯罪被害者等給付金の支給等による犯罪被害者等の支援に関する法律」に基づく遺族給付金の支給申請を受理し,所要の調査を実施した上での給付金支給裁定案について説明を受け,案のとおり議決した。

○広島県留置施設視察委員会委員の任命(案)について
  広島県留置施設視察委員会委員の任期が,本年6月15日に満了することに伴い,警察本部長が推薦する6人の候補者等について説明を受け,案のとおり任命することで議決した。

○異議申立書の審理結果について(2件)
  運転免許の取消処分及び更新時に交付した運転免許証の区分に関する異議申立事案2件について,審理官による審理結果及び決定案の説明を受け,案のとおり議決した。

○異議申立書の受理及び審理官の指名について
 更新時に交付した運転免許証の区分に関する異議申立書を受理するとともに,審理に関する事務を補佐させる審理官を指名する案について説明を受け,案のとおり議決した。

○運転免許の行政処分について
  運転免許の行政処分に関する意見聴取の結果等41件について説明を受け,案のとおり議決した。

○法定苦情の処理について
  公安委員会で受理した法定苦情について,その処理について報告を受け,決裁した。

○ストーカー規制法に基づく警告の実施について
 「ストーカー行為等の規制等に関する法律」に基づいて行った警告について説明を受け,了承した。

【報告】

○警察本部の行事予定について(平成27年6月~8月) 
  平成27年6月から8月までの3か月間における警察本部の行事予定について報告を受けた。

○「特殊詐欺緊急抑止対策プロジェクトチーム」の設置について
 増加傾向にある特殊詐欺被害を抑止するため,6月1日に「特殊詐欺緊急抑止対策プロジェクトチーム」を設置し,金融機関専用ホットラインの運用,被害状況の分析に基づく防犯指導等を実施することの報告を受けた。
  委員から,「金融機関とのホットラインを設置する背景は何か。」旨の発言があり,警察側から,「金融機関において,110番通報することを敬遠されたり,警察署へ電話した際に通話中などで対応に時間を要する状況があることなどから,専用回線を新設した。」旨の説明があった。
  委員から,「既存の特殊詐欺事件取締プロジェクトチームとの役割分担はされているのか。」旨の発言があり,警察側から,「検挙に向けた捜査と,被害分析や情報発信などによる被害抑止の活動に分かれる。」また,「それぞれの役割は異なるが,検挙する場合にも被害状況の把握・分析は必要であるから連携を図っていくこととしている。」旨の説明があった。
  委員から,「アンダー10作戦の推進に向けた緊急の取組になるのか。」旨の発言があり,警察側から,「そのとおり。刑事部長を総括責任者とする検挙のチームと,今回の生活安全部長を総括責任者とする抑止のチームを編成することで被害防止対策を強化するとともに,県民への広報効果も期待している。」旨の説明があった。
                                                    
○当面の刑事情勢について
 当面の刑事情勢として,福山市で発生した殺人事件の捜査状況について報告を受けた。

○平成27年春の全国交通安全運動の実施結果について
  平成27年5月11日から同年5月20日までの期間に取り組まれた「平成27年春の全国交通安全運動」の実施結果として,主な取組内容,交通事故発生状況等について報告を受けた。
 委員から,「期間中の交通事故は,件数,負傷者,死者数ともに,前年同期比で大きく減少し,いい成果を挙げられたが,これまでの対策も含めて,どの取組が事故の減少に効いたと分析しているか。」旨の発言があり,警察側から,「どの取組についても効果があったと考えられるが,交通指導取締りの強化による影響が大きいと考えている。」旨の説明があった。

○飲酒運転根絶対策強化月間の実施について
 平成27年6月1日から6月30日までの期間に取り組む「飲酒運転根絶対策強化月間」の実施要領等について報告を受けた。
 委員から,「飲酒検問は夜間だけでなく,時には昼間に行うことで,広く県民への注意喚起につながるのではないか。」旨の発言があり,警察側から,「昼間での検問実施も検討する。」旨の発言があった。

【特記事項】

 ○警察本部長から,6月に開催される全国警察本部長会議における本県からの報告事項及び知事部局とタイアップした広報啓発活動の推進状況についての報告を受けた。