ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 広島県公安委員会 > 定例会議の開催概要(平成27年4月8日)

定例会議の開催概要(平成27年4月8日)

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年4月17日

平成27年4月8(水)

 定例会議では,次の事項などについて警察本部から説明,報告を受け,公安委員会としての意思決定を行いました。

【議題】

○審査請求書の審理結果について
 個人情報保護条例に基づく自己情報開示請求に係る審査請求事案2件について,審理官による審理結果及び裁決案の説明を受け,案のとおり議決した。

○審査請求事案の処理について
  広島県情報公開・個人情報保護審査会に諮問した審査請求事案1件について,同審査会から意見照会書を受理し,警察本部長に通知する案について説明を受け,案のとおり議決した。

○異議申立書の審理結果について
  個人情報保護条例に基づく自己情報開示請求に係る異議申立事案1件について,審理官による審理結果及び決定案の説明を受け,案のとおり議決した。

○テーマ監査の結果報告書について
  広島県監査委員による,「未利用県有地等の利活用及び処分について」をテーマとした監査の実施結果等の報告を受け,決裁した。

○監査の結果について
 広島県監査委員から通知のあった監査の結果について報告を受け,決裁した。

○監査の実施について
  広島県代表監査委員から通知のあった「監査の実施について」に基づく監査の実施方法等について説明を受け決裁した。

○異議申立書の審理結果について
  放置駐車違反に基づく放置違反金の納付命令に対する異議申立事案について,審理官による審理結果及び決定案の説明を受け,案のとおり議決した。

○異議申立書の審理結果について
  運転免許の取消処分に対する異議申立事案について,審理官による審理結果及び決定案の説明を受け,案のとおり議決した。

○異議申立書の受理及び審理官の指名について(3件)
 更新時に交付した運転免許証の区分に関する異議申立書3件を受理するとともに,審理に関する事務を補佐させる審理官を指名する案について説明を受け,案のとおり議決した。
 
○異議申立書の取下げについて
  平成27年1月29日付けで異議申立書を受理していたが,同年3月24日付けで異議申立人の代理人から取下書を受理し,その対応措置案について説明を受け,案のとおり議決した。

○運転免許の行政処分について
  運転免許の行政処分に関する意見聴取の結果等33件について説明を受け,案のとおり議決した。

○法定苦情の処理について
 公安委員会で受理した法定苦情3件について,調査結果及び苦情申出人に対する通知案の説明を受け,案のとおり議決した。 

【報告】

○平成27年春の叙勲等について
 平成27年春の叙勲の日程等について報告を受けた。

○「少年サポートセンターひろしま」の開設について
 少年の非行防止,立ち直り支援等少年の健全育成に関し,関係機関・団体と連携した活動を展開する拠点として,「少年サポートセンターひろしま」を,広島市と共同で開設したことについて報告を受けた。
 委員から,「既設の『少年サポートセンターふくやま』では,何人くらいの立ち直り支援を行っているのか。また,支援期間はどの程度か。」旨の発言があり,警察側から,「人数は,40数名と記憶している。支援期間は個人差があり一概には言えないが,昨年の支援事案については全て完結している。」旨の説明があった。
 委員から,「サポートセンターの活用について,各学校に説明しているとのことであるが,一般広報はしないのか。」旨の発言があり,警察側から,「今後,広島市の広報紙やホームページへの掲載等の広報を行う予定である。」旨の説明があった。また,委員から,「今回のサポートセンターの開設は,広島市と県警察が,非常に良いタッグを組んだケースだと思う。サポートセンター長は,どちらの組織から出ているのか。」旨の発言があり,警察側から,「責任者は,広島市教育委員会の非行防止自立支援課長で,本県警察から出向している警部の警察官である。」旨の説明があった。  

○「通学路交通事故0作戦」の実施について
 新学期を迎える児童・生徒の安全安心の確保を目的として,4月6日から同月17日までの間,通学路における登下校時間帯を中心とした街頭活動や広報啓発活動を強化する「通学路交通事故0作戦」の実施状況について報告を受けた。

【特記事項】

○警察側から,4月3日に開催された中国管区内警察本部長会議において,「アンダー100作戦」に関して,特殊詐欺被害及び交通死亡事故の発生状況を踏まえた,今後の進め方等について報告した旨の説明があった。