ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 広島県公安委員会 > 定例会議の開催概要(平成27年12月16日)

定例会議の開催概要(平成27年12月16日)

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年4月4日

平成27年12月16日(水曜日)

 定例会議では,次の事項などについて警察本部から説明,報告を受け,公安委員会としての意思決定を行いました。

【議題】

○警察職員の援助要求について
  福島県公安委員会からの警察職員の援助要求に基づき,当県警察職員を福島県警察に派遣する案について説明を受け,案のとおり議決した。   

○公安委員会の行事予定(案)について(平成28年1月~3月)
  平成28年1月から3月までの3か月間における公安委員会の行事予定(案)について報告を受け,了承した。

○「第21回全国都道府県対抗男子駅伝競走大会」の交通対策について
  平成28年1月24日に開催される「第21回全国都道府県対抗男子駅伝競走大会」における交通対策について説明を受け,了承した。
 委員から,「交通規制,混雑緩和対策に加え,ドローン対策も必要ではないか。」旨の発言があり,警察側から,「ドローン対策も含め突発事案対策を,関係部署と検討中である。」旨の説明があった。

○審査請求事案の所理について(2件)
  広島県情報公開・個人情報保護審査会に諮問中であった審査請求事案2件について,県審査会から答申を受理し,警察本部長へ通知する案の説明を受け,案のとおり議決した。

○監察の実施状況などについて
  最近の監察の実施状況について報告を受けた。

○行政事件訴訟の発生と訴訟代理人などの指定について(2件)
  行政事件訴訟の発生及び当該訴訟の代理人などを指定する案2件について説明を受け,案のとおり議決した。

○異議申立書の審理結果について
  道路交通法に基づく放置違反金の納付命令処分に対する異議申立事案について,審理官による審理結果及び決定案の説明を受け,案のとおり議決した。

○異議申立書の審理結果について(2件)
 運転免許の取消処分及び更新時に交付した運転免許証の区分に関する異議申立事案について,審理官による審理結果及び決定案の説明を受け,案のとおり議決した。

○審査請求書の受理及び審理官の指名について
  運転免許の停止処分に関する審査請求書を受理するとともに,審理に関する事務を補佐させる審理官を指名する案について説明を受け,案のとおり議決した。

○運転免許の行政処分について
  運転免許の行政処分に関する意見聴取の結果など28件について説明を受け,案のとおり議決した。

○法定苦情の処理について
  公安委員会で受理した法定苦情について,調査結果及び苦情申出人に対する通知案の説明を受け,案のとおり議決した。

○法定苦情の受理について
  公安委員会に申し出られた法定苦情を受理するとともに,その内容及び処理案について説明を受け,案のとおり議決した。

【報告】

○平成28年広島県警察月間及び会議計画について
  平成28年における広島県警察の月間及び会議計画について報告を受けた。

○警察本部の行事予定について(平成28年1月~3月) 
 平成28年1月から3月までの3か月間における警察本部の行事予定について報告を受けた。

○めざせ!日本一安全・安心な広島県の実現「アンダー100作戦」の進捗状況について(11月末時点)
 「アンダー100作戦」の11月末現在の進捗状況について報告を受けた。
 委員から,「アンダー90作戦については,残念ながら目標達成に至らなかったが,昨年の死者数を下回るよう,最後まで努力してもらいたい。」旨の発言があった。
  委員から,「交通事故死者数が多い警察署について,その原因把握と対策を行っているのか。」旨の発言があり,警察側から,「発生原因に基づく抑止対策を各警察署で進めており,特に発生の多い警察署では,強力な街頭活動と取締りを実施している。」旨の説明があった。
  委員から,「アンダー10作戦について,特殊詐欺被害額が,下半期から大幅な減少傾向にあるが,全国的にも同様なのか。また,これまでの抑止対策,検挙活動の成果が現れてきたと分析しているのか。」旨の発言があり,警察側から,「全国的にも減少傾向にあるが,本県での減少状況は顕著である。検挙や抑止対策の効果が,被害額の減少に現れてきたと見ている。」旨,また警察側から,「事件を検挙し,首都圏の犯罪インフラを潰すことにより,犯行の継続を断ち切っている。」旨の説明があった。
   
○女性の活躍と全職員のワークライフバランスの推進状況について
  女性警察職員の活躍と全職員のワークライフバランスの推進状況について報告を受けた。
  委員から,「業務の特殊性から,在庁時間が増える時期もあると思うが,同じ職員が数か月続いて過重とならないよう,よくチェックしてもらいたい。」旨の発言があり,警察側から,「在庁時間の長い職員は個々に把握しており,同じ職員が続く場合は,所属に対し改善を指導している。」旨の説明があった。

○警察官の再採用制度について
 女性警察官が産休,育児休業を取得する期間の代替警察官として,かつて警察官として勤務し,出産などでやむなく辞職した者を再び警察官として採用する再採用制度の目的,制度の概要などについて報告を受けた。
 委員から,「再採用される警察官は定員に含まれるのか。」旨の発言があり,警察側から,「再採用した警察官も定員に含まれる。」旨の説明があった。
  委員から,「再採用された職員の身分保障はどうなのか。」旨の発言があり,警察側から,「警察官の身分を有するが,産休・育児休業などをしている職員が,職場復帰するまでの期間に限定した任期付きの採用となる。」旨の説明があった。

○「広島県警察の表彰などの取扱いに関する訓令の運用について(例規通達)」の一部改正について
  広島県警察の表彰などの取扱いに関する訓令の運用に関する例規通達の一部改正について,改正の趣旨,概要などの報告を受けた。
  委員から,「地道な仕事に就いている職員にもスポットライトを当てようという趣旨に賛同する。」旨の発言があった。

○2015サンフレッチェ広島J1総合優勝パレードなどに伴う交通規制及び雑踏警備についてサンフレッチェ広島のJ1総合優勝に伴う優勝パレード及び優勝報告会の開催概要,雑踏・交通対策などについて報告を受けた。

【特記事項】

○警察側から,昨年発生した広島市土砂災害の被災地やサミット外相会合の開催候補場所などに対し,12月13日に河野大臣の視察を受けたこと及びテロの未然防止に向けた広報資料について説明があった。
○委員から,11月30日に都内で開催された,全国公安委員会連絡会議の開催結果について伝達があった。