ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 広島県公安委員会 > 定例会議の開催概要(平成26年3月12日)

定例会議の開催概要(平成26年3月12日)

印刷用ページを表示する 掲載日:2014年3月21日

平成26年3月12(水)

 定例会議では,次の事項などについて警察本部から説明,報告を受け,公安委員会としての意思決定を行いました。

【議題】

○審査請求事案の処理について
 広島県情報公開・個人情報保護審査会に諮問中となる審査請求事案に関し,同審査会から意見聴取のための警察職員の出席依頼を受理し,警察本部長に当該職員の出席を求める案について説明を受け,案のとおり議決した。

○審査請求書の受理について
  広島県個人情報保護条例に基づく自己情報開示請求に対する警察本部長の決定期間延長通知を不服とした審査請求書を受理したことについて説明を受け,決裁した。

○異議申立書の受理について
  広島県個人情報保護条例に基づく自己情報開示請求に対する公安委員会の決定期間延長通知を不服とした異議申立書を受理したことについて説明を受け,決裁した。

○不服申立てに係る審理官の指名替えについて
  人事異動に伴い,広島県情報公開条例及び広島県個人情報保護条例に係る,広島県公安委員会等に対する不服申立に関する規則に定める審理官を指名及び指名解除する案について説明を受け,案のとおり議決した。

○積載物の高さ制限を緩和する道路の指定について
  中国横断自動車道尾道松江線の一部区間等7路線7区間について,当該道路の構造及び交通環境等から交通の安全と円滑に支障はないものと認め,広島県道路交通法施行細則の一部を改正し,道路交通法施行令に基づく積載物の高さ制限を緩和する道路に追加指定する案について説明を受け,案のとおり議決した。

○異議申立書の審理結果について
 更新時に交付した運転免許証の区分に対する異議申立事案について,審理官による審理結果及び決定案の説明を受け,案のとおり議決した。

○審査請求書の審理結果について
 運転免許の停止処分に対する審査請求事案について,審理官による審理結果及び裁決案の説明を受け,案のとおり議決した。

○広島県警察の組織に関する規則等の一部改正について
  広島高速3号線等の高速道路3路線が延伸供用されることに伴い,広島県警察の組織に関する規則及び広島県道路交通法施行細則の一部を改正する案について説明を受け,案のとおり議決した。

○法定苦情の処理について
 公安委員会で受理した法定苦情の申出人から補正書を受理し,その内容及び事実関係の調査等を警察本部長に指示する案について説明を受け,案のとおり議決した。また,公安委員会で受理した法定苦情2件について,その処理結果通知が苦情申出人宛に郵送されたことの報告を受け,決裁した。

○法定苦情の受理について
 公安委員会に申し出られた法定苦情2件を受理するとともに,その内容及び処理案について説明を受け,案のとおり議決した。

○公安委員会宛文書の処理について
 公安委員会宛に送付された文書の内容及びその処理案について説明を受け,案のとおり議決した。

○警察署協議会委員の解嘱及び委嘱について
  広警察署長から上申のあった警察署協議会委員の解嘱及び補欠委員としての委嘱案について説明を受け,案のとおり議決した。

○運転免許の行政処分について
  運転免許の行政処分に関する意見聴取の結果等18件について説明を受け,案のとおり議決した。

○平成26年度監察の実施計画について
 平成26年度における総合監察及び随時監察の実施計画について説明を受け,了承した。

○監察の実施状況等について
 平成25年度第2期総合監察の実施結果等について説明を受け,了承した。
 委員から,「通達が徹底されていないとか,定められた手順に従って仕事をしていないことを指摘されているが,本来しなければならないことが十分に引き継がれていないからなのか,それとも本人のうっかりミスなのか。原因をトレースしてしかるべき措置をしなければならないと思う。」旨の発言があり,警察側から,「主管部門と連携し指導をしているところだが,異動で担当者が替わると誤った認識で引き継がれ,その後,監察で指摘されるまで誤った手順のまま引き継がれている場合が多いと認識している。全ての項目に対して監察することは困難であり,非違事案の発生しやすい項目や,リスクの高い項目などにポイントを絞った監察を心掛けている。」旨,「各部が必要と認めた監察項目を中心に監察を行っているが,監察とは別に,各部においても巡回指導を行っている。これは,監察の結果等を踏まえた上で,各部が全警察署を巡回し,監察で指摘を受けた内容が改善されているかなどの業務指導を行い,適正な業務の徹底を図っている。」旨の説明があった。

【報告】

○平成26年度第1回警察官採用試験の実施について
  平成26年度第1回警察官採用試験の試験日程,採用予定人員・受験資格及び募集活動の状況について報告を受けた。

○初任科第217期の卒業式について
  平成26年3月28日(金),広島県警察学校において開催される初任科第217期生卒業式の概要について報告を受けた。

○広島3大プロ「P3 HIROSHIMA」を起用した防犯啓発ポスターの作成について
 県民等から自転車盗及び万引き等の防止を訴えかけるキャッチフレーズを募集し,P3 HIROSHIMA(広島交響楽団,サンフレッチェ広島,広島東洋カープ)の構成員の写真を使用したポスターの作成について報告を受けた。

○暴力団対策法の規定に基づく暴力団事務所使用差止請求訴訟の提起について
 暴力団対策法の改正に伴い,平成25年1月から,国家公安委員会から適格団体の認定を受けた都道府県暴力追放運動推進センターが,住民に代わって暴力団事務所の使用差止請求訴訟を起こすことができることとなり,この認定を受けた公益財団法人暴力追放広島県民会議が,住民から委託を受けて代理訴訟の提起に至ったことについて報告を受けた。
○当面の刑事情勢について
 当面の刑事情勢として,合成麻薬使用に係る麻薬及び向精神薬取締法違反事件の無罪判決について報告を受けた。

【特記事項】

○警察本部長は,平成26年広島県議会2月定例会予算特別委員会に出席のため欠席した。