ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 広島県公安委員会 > 定例会議の開催概要(平成26年2月12日)

定例会議の開催概要(平成26年2月12日)

印刷用ページを表示する 掲載日:2014年2月27日

平成26年2月12(水)

 定例会議では,次の事項などについて警察本部から説明,報告を受け,公安委員会としての意思決定を行いました。

【議題】

○国道2号宮島街道等中央線変移システム廃止計画の概要について
  昭和49年3月31日から実施されている国道2号宮島街道等中央線変移システムの概要,廃止理由,廃止時期及び廃止に伴う交通対策案について説明を受け,案のとおり議決した。

○警察職員の援助要求について
 福岡県公安委員会及び島根県公安委員会からの警察職員援助要求に基づき,当県警察職員を福岡県警察及び島根県警察に派遣する案について説明を受け,案のとおり議決した。
 委員から,「福岡県には全国から多くの警察官が派遣されているが,福岡県の暴力団情勢は他県と比べて,どう違うのか。」旨の発言があり,警察側から,「福岡県では,内部抗争が激しく,一般市民を巻き添えにするなど厳しい情勢にある。」旨,「当県警から派遣する警察官は暴力団事務所周囲や繁華街等での警戒等に当たっているが,警視庁や大阪府警等からは捜査員も派遣しており,暴力団の犯罪を防ごうとする活動と犯罪を検挙する活動の二つの方法で暴力団にダメージを与えようとするものである。」旨の説明があった。

○審査請求事案の処理について
  広島県情報公開・個人情報保護審査会に諮問中となる審査請求事案について,警察本部長から理由説明書を受理し,同審査会に通知する案について説明を受け,案のとおり議決した。

○風営適正化法に基づく行政処分について
 風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律に基づく行政処分案について説明を受け,案のとおり議決した。

○審査請求書の審理結果について
 運転免許の停止処分に対する審査請求事案について,審理官による審理結果及び裁決案の説明を受け,案のとおり議決した。

○異議申立書の受理及び審理官の指名について
 更新時に交付した運転免許証の区分に関する異議申立書を受理するとともに,審理に関する事務を補佐させる審理官を指名する案について説明を受け,案のとおり議決した。

○審査請求書の受理及び審理官の指名について
 運転免許の停止処分に関する審査請求書を受理するとともに,審理に関する事務を補佐させる審理官を指名する案について説明を受け,案のとおり議決した。

○法定苦情の処理について
 公安委員会で受理した法定苦情について,その調査結果及び苦情申出人に対する通知案3件の説明を受け,案のとおり議決した。また,公安委員会で受理した法定苦情3件について,その処理結果が苦情申出人宛に郵送されたことの報告を受け,決裁した。

○法定苦情の受理について
 公安委員会に申し出られた法定苦情を受理するとともに,その内容及び処理案について説明を受け,案のとおり議決した。

○ 運転免許の行政処分について
   運転免許の行政処分に関する意見聴取の結果等15件について説明を受け,案のとおり議決した。

○公安委員会事務の専決処理状況について(平成25年中)
  平成25年中における公安委員会事務の専決処理状況として,風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律,警備業法,銃砲刀剣類所持等取締法及び火薬類取締法に基づく各種許可等の生活安全部関係専決処理状況並びに道路交通法に基づく交通規制の決定,運転免許証の交付,法定講習の実施及び申請による運転免許取消等の交通部関係専決処理状況について説明を受け,了承した。
 委員から,「猟銃等の所持許可については,認知症等があっても更新されるのか。」旨の発言があり,警察側から,「猟銃等の所持許可については,法律で欠格事由が定められており,欠格事由に該当している事実が判明すれば,更新されない。欠格事由の中に認知症も含まれる。」旨の説明があった。

【報告】

 ○警察・商工労働委員会説明事項について
 平成26年2月19日(水)に開催予定の警察・商工労働委員会における警察本部からの説明事項等について報告を受けた。

○平成26年度警察費当初予算(案)について
 平成26年度警察費当初予算(案)及び主要事業等について報告を受けた。
 委員から,「スクールサポーターについては,教育委員会の予算で運用予定とのことだが,警察の意向とは別に教育委員会独自の意向で事業内容が変動するのか。」旨の発言があり,警察側から,「将来,スクールサポーター数の変動や配置内容等については,警察本部と協議するよう取り決めてある。」旨,「今回の予算は,特別対策ということであり,将来にわたってのものではなく変動の可能性もある。」旨の説明があった。
 委員から,「主要事業の中で国庫補助がでるものはなにか。」旨の発言があり,警察側から,「交番・駐在所整備事業を除く事業の内,工事に関するものに国庫補助があり,設計に関しては補助はなく県の予算となる。」旨の説明があった。

○懲戒処分者数の推移について
 全国及び広島県における警察職員の懲戒処分者数の推移等について報告を受けた。

○少年非行等の概要について(平成25年中)
  少年非行等の概要として,平成25年中の非行少年の検挙・補導人員,非行概要及び暴走族・非行少年グループの現状等について報告を受けた。
 委員から,「以前,公安委員会として教育委員会と話をする機会があったが,警察本部としては,教育委員会と活動の方向性などについて協議する場はあるのか。」旨の発言があり,警察側から,「先週,県教育委員会,広島市教育委員会及び福山市教育委員会と我々とで協議する場を設けた。今後も継続していく方向で検討している。」旨の説明があった。

○瀬戸内しまなみ海道・国際サイクリング大会(仮称)の進捗状況について
 平成26年10月26日(日)に開催予定である瀬戸内しまなみ海道・国際サイクリング大会(仮称)における課題への取組状況等の進捗状況について報告を受けた。
 委員から,「主催者は広島県か。また,サイクリング大会への参加は有料か。」旨の発言があり,警察側から,「主催者イコール実行委員会となっており,広島県と愛媛県それぞれの県知事が会長となっており,関係市町の首長が副会長となり,さらに商工会議所の会頭,バス協会,トラック協会の会長等が委員となっている。また,参加するには参加費が必要である。」旨の説明があった。

○広報にかかる情勢について
  昨年,広島県のホームページに,作成会社に無断でインターネット地図を掲載していた事案があったことから,県警察についても調査した結果,該当事案があったことについて報告を受けた。

○監察の実施状況等について
  最近の監察の実施状況について報告を受けた。