ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 広島県公安委員会 > 定例会議の開催概要(平成26年11月19日)

定例会議の開催概要(平成26年11月19日)

印刷用ページを表示する 掲載日:2014年11月28日

平成26年11月19(水)

 定例会議では,次の事項などについて警察本部から説明,報告を受け,公安委員会としての意思決定を行いました。

【議題】

○交通規制の改正について
  信号機の廃止案1箇所及び新規設置案3箇所並びに最高速度規制の改正案2区間,廃止案3区間及び新規指定案3区間について説明を受け,審議した。
 委員から,「信号機の設置箇所は,当初予算が決定したときには決まっているのか,それとも設置が必要と思われる箇所を順次決定しているのか。」旨の発言があり,警察側から,「あらかじめ20箇所程度の候補を選定しているが,随時,信号機設置検討委員会において検討しながら設置箇所を決定している。」旨の説明があった。これに対し,委員から,「設置箇所を決める際,警察署協議会の意見も参考にしているのか。」旨の発言があり,警察側から,「警察署協議会の意見は,地域住民の方の意見として大いに参考とさせていただいている。」旨の説明があった。

○風俗案内所条例施行規則の一部改正(案)等について
 「風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律に基づく許可申請書の添付書類等に関する内閣府令」の一部改正に伴い,「広島県歓楽的雰囲気を過度に助長する風俗案内の防止に関する条例」に規定する従業員名簿から本籍(国籍)を記載不要とするため,同条例施行規則の一部を改正する案について説明を受け,案のとおり議決した。
 委員から,「風俗案内所条例については,風俗営業適正化法のような採用時の国籍確認書類の規定はないのか。」旨の発言があり,警察側から,「国籍確認について採用時確認書類が必要なのは,風俗営業の中でも接待飲食等営業と店舗型性風俗特殊営業等に限られている。風俗案内所条例には規定されていない。」旨の説明があった。

○警察職員の援助要求について
 大阪府警察,岡山県警察,愛媛県警察,近畿管区警察局,中国管区警察局,四国管区警察局及び九州管区警察局に対して警察職員の援助を要求する案について説明を受け,案のとおり議決した。

○異議申立書の受理及び審理官の指名について
 道路交通法に基づく放置違反金の納付命令に対する異議申立書を受理するとともに,審理に関する事務を補佐させる審理官を指名する案について説明を受け,案のとおり議決した。

○異議申立書の審理結果について
 運転免許の取消処分に対する異議申立事案について,審理官による審理結果及び決定案の説明を受け,案のとおり議決した。

○異議申立書の受理及び審理官の指名について
 運転免許の取消処分に対する異議申立書及び更新時に交付した運転免許証の区分に関する異議申立書を受理するとともに,審理に関する事務を補佐させる審理官を指名する案について説明を受け,案のとおり議決した。

○行政文書開示請求書の受理について
  広島県情報公開条例に基づく公安委員会に対する行政文書開示請求書の受理について説明を受け,決裁した。

○法定苦情の処理について
 公安委員会で受理した法定苦情5件について,その処理結果通知が苦情申出人宛に郵送されたことの報告を受け,決裁した。

○法定苦情の受理について
 公安委員会に申し出られた法定苦情2件を受理するとともに,その内容及び処理案について説明を受け,案のとおり議決した。

○運転免許の行政処分について
  運転免許の行政処分に関する意見聴取の結果等27件について説明を受け,案のとおり議決した。

○流川・薬研堀地区の街頭防犯カメラシステムの運用状況について(平成26年7月~9月)
  平成26年7月から9月までの間における,流川・薬研堀地区に設置された街頭防犯カメラシステムの運用状況について説明を受け,了承した。
 委員から,「今後システムを更新するときには,より犯罪の予防や被害の未然防止に効果が上がるよう,広角度カメラなど高性能なものが設置されることを期待する。」旨の発言があり,警察側から,「できる限り高性能なものが設置できるように検討する。」旨の説明があった。  

【報告】

○全国青年警察職員意見発表会(警察法施行60周年記念大会)における最優秀賞の受賞について
 平成26年11月14日(金),現行警察法施行60周年の記念大会として警察大学校で開催された全国青年警察職員意見発表会において,広島県警察職員が最優秀賞を受賞したことについて報告を受けた。
 委員から,「発表内容もすばらしく,最優秀賞を受賞されたことは大変喜ばしいことである。今後も頑張っていただきたい。」旨の発言があった。

 

【特記事項】

○貝原委員長が欠席のため,西川委員が委員長の職務を代行した。

○警備部長が所用のため,警備部理事官の代理出席を承認した。

○西川委員から,平成26年11月17日(月)山口県で開催された秋の中国管区内公安委員連絡会議に出席した状況について説明があった。