ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 広島県公安委員会 > 定例会議の開催概要(平成26年10月8日)

定例会議の開催概要(平成26年10月8日)

印刷用ページを表示する 掲載日:2014年10月17日

平成26年10月8(水)

 定例会議では,次の事項などについて警察本部から説明,報告を受け,公安委員会としての意思決定を行いました。

【議題】

○警察職員の援助要求について
 福島県公安委員会からの警察職員援助要求に基づき,当県警察職員を福島県警察に派遣する案について説明を受け,案のとおり議決した。

○審査請求事案の処理について
  広島県情報公開・個人情報保護審査会に諮問中となる審査請求事案について,同審査会から答申を受理し警察本部長に通知する案3件及び同審査会から意見聴取のための警察職員の出席依頼を受理し警察本部長に当該職員の出席を求める案1件について説明を受け,案のとおり議決した。

○監査の結果について
 広島県監査委員から通知のあった監査の結果について報告を受け,決裁した。

○監査委員による定例監査に係る監査結果に対する措置状況について
 広島県監査委員による平成25年度定例監査の結果通知の内容及び措置状況について説明を受け,決裁した。

○監査委員によるテーマ監査に係る監査結果に対する措置状況について
 広島県監査委員によるテーマ監査「県の機関が排出する産業廃棄物の処理状況について」の結果通知の内容及び措置状況について説明を受け,決裁した。

○犯罪被害者等給付金支給裁定について
 犯罪被害者等給付金の支給等による犯罪被害者等の支援に関する法律に基づく遺族給付金の支給申請を受理し,所要の調査を実施した上での給付金支給裁定案について説明を受け,案のとおり議決した。

○風営適正化法に基づく行政処分について
 風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律に基づく行政処分案2件について説明を受け,案のとおり議決した。

○ストーカー規制法に基づく警告の実施について
 ストーカー行為等の規制等に関する法律に基づいて行った警告について説明を受け,了承した。

○異議申立書の受理及び審理官の指名について
 道路交通法に基づく放置違反金の納付命令に対する異議申立書を受理するとともに,審理に関する事務を補佐させる審理官を指名する案について説明を受け,案のとおり議決した。

○異議申立書の審理結果について
 更新時に交付した運転免許証の区分に関する異議申立事案2件について,審理官による審理結果及び決定案の説明を受け,案のとおり議決した。

○審査請求書等の受理及び取下げについて
  平成26年9月5日付けで審査請求書及び処分の執行の申立書を受理していたが,同年9月17日付けで審査請求人から取下書を受理したことに伴い,その措置案について説明を受け,案のとおり議決した。

○異議申立書の受理及び審理官の指名について
 更新時に交付した運転免許証の区分に関する異議申立書を受理するとともに,審理に関する事務を補佐させる審理官を指名する案について説明を受け,案のとおり議決した。

○法定苦情の処理について
 公安委員会で受理した法定苦情7件について,調査結果及び苦情申出人に対する通知案の説明を受け,案のとおり議決した。

○法定苦情の受理について
 公安委員会に申し出られた法定苦情2件を受理するとともに,その内容及び処理案について説明を受け,案のとおり議決した。

○運転免許の行政処分について
  運転免許の行政処分に関する意見聴取の結果等24件について説明を受け,案のとおり議決した。

【報告】

○平成26年秋の叙勲等について
  平成26年秋の叙勲の日程等について報告を受けた。

○平成26年全国優良警察職員表彰受賞者の決定について
 平成26年全国優良警察職員表彰受賞者及び主な功労概要等について報告を受けた。

○平成26年全国地域安全運動の実施について
 平成26年10月11日(土)から10月20日(月)までの10日間で実施される全国地域安全運動の目的,取組重点及び主な行事等について報告を受けた。
 委員から,「毎年実施しているが,関係機関や団体との連携や,高齢化社会などの影響による地域との関わりについての課題や問題点はないのか。」旨の発言があり,警察側から,「主に活動されている方は高齢者の方であり,今後は現役世代など若返りを図ることが必要と考えている。」旨の説明があった。

○「少年サポートセンターふくやま」の活動状況について(開所から1年)
 平成25年9月2日(月)から平成26年8月31日(日)までにおける「少年サポートセンターふくやま」の主な取組内容,効果,今後の課題等について報告を受けた。
 委員から,「常駐の職員は何人いるのか。」旨の発言があり,警察側から,「警察官が3人,少年育成官が4人,県警のスクールサポーターが6人,福山市のスクールサポーターが2人の合計15人が常駐している。」旨の説明があった。
 委員から,「福山以外についてはどのようになっているのか。」旨の発言があり,警察側から,「同様のサポートセンターとしては,広島市に来春開所できるように準備中である。」旨の説明があった。

○平成26年秋の全国交通安全運動の実施結果について
 平成26年9月21日(日)から9月30日(火)までの10日間実施された「平成26年秋の全国交通安全運動」の実施結果として,期間中の交通事故発生状況,主な推進事項,交通取締り状況等について報告を受けた。

○広島市中心部における客待ちタクシー駐車対策にかかる社会実験の実施について
 平成26年10月20日(月)から11月30日(日)までの42日間で実施される広島市中心部における客待ちタクシーの違法駐車対策にかかる社会実験について,現状,実験主体,実験内容及び検証項目等の報告を受けた。

○当面の警備情勢について
  当面の警備情勢として,広島県内における警衛警備について報告を受けた。

【特記事項】

○当面の警察の課題等について説明を受けた。

○平成26年8月豪雨災害に伴う広島県警察の活動状況等について説明を受けた。