ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 広島県公安委員会 > 定例会議の開催概要(平成26年1月29日)

定例会議の開催概要(平成26年1月29日)

印刷用ページを表示する 掲載日:2014年2月7日

平成26年1月29(水)

 定例会議では,次の事項などについて警察本部から説明,報告を受け,公安委員会としての意思決定を行いました。

【議題】

○広島県警察職員定員条例の一部改正(案)について
  平成26年1月22日の定例会議で説明を受け審議中であった,配偶者同行休業をする職員を定員外の職員として取り扱うことができるようにするため,広島県警察職員定員条例の一部を改正する案について,案のとおり議決した。

○交通規制の改正について
  平成26年1月22日の定例会議で説明を受け審議中であった,信号機の新規設置案3箇所並びに最高速度規制の新規指定案3区間及び改正案1区間について,案のとおり議決した。

○審査請求事案の処理について
  広島県情報公開・個人情報保護審査会に諮問中となる審査請求事案について,審査請求に係る行政文書を提出する案について説明を受け,案のとおり議決した。

○異議申立書の審理結果について
 放置駐車違反に基づく放置違反金の納付命令に対する異議申立事案について,審理官による審理結果及び決定案の説明を受け,案のとおり議決した。

 運転免許の取消処分に対する異議申立事案について,審理官による審理結果及び決定案の説明を受け,案のとおり議決した。

○審査請求書の審理結果について
 運転免許の停止処分に対する審査請求事案について,審理官による審理結果及び裁決案の説明を受け,案のとおり議決した。

○法定苦情の処理について
 公安委員会で受理した法定苦情3件について,その調査結果及び苦情申出人に対する通知案の説明を受け,案のとおり議決した。また,公安委員会で受理した法定苦情について,その処理結果が苦情申出人宛に郵送されたことの報告を受け,決裁した。

○法定苦情の受理について
 公安委員会に申し出られた法定苦情を受理するとともに,その内容及び処理案について説明を受け,案のとおり議決した。

○ 運転免許の行政処分について
   運転免許の行政処分に関する意見聴取の結果等12件について説明を受け,案のとおり議決した。

○公安委員会の行事予定(案)について(平成26年2月~4月)
 平成26年2月から4月までの3か月間における公安委員会の行事予定(案)について説明を受け,了承した。

○被疑者取調べ監督の実施状況について(平成25年中)
  平成25年中における全国の監督対象行為の発生状況,広島県内の被疑者取調べ監督実施状況等について説明を受け,了承した。
 委員から,「事案概要では,接見禁止中の被疑者の依頼を受けて,外部連絡を行ったものとなっているが,接見禁止中だからよくなかったのか,それとも依頼を受けて外部連絡をしたことがよくなかったのか。」旨の発言があり,警察側から,「依頼を受けて外部連絡したことが,便宜供与に当たると判断されたものである。」旨の説明があった。
 委員から,「便宜供与については,一般人から見ると『これくらいはよいのではないか。』と思うような例もあると思うが,善し悪しの教養をしっかりお願いする。」旨の発言があり,警察側から,「職員に対する教養は徹底しており,今後も引き続き教養を徹底して参りたい。」旨の説明があった。
 さらに,委員から,「取調べ監督実施状況における視認率は148.6%であるが,全国的にはどうか。」旨の発言があり,警察側から,「県により差はあるが,全国的にも視認率は100%を超えていると思われる。ただ100%を超えていればよいというのではなく,実効性のある視認が必要であることから,警察本部から巡察官が警察署等を巡察し指導している。」旨の説明があった。

○ストーカー規制法に基づく警告の実施について
 ストーカー行為等の規制等に関する法律に基づいて行った警告について説明を受け,了承した。

【報告】

 ○警察本部の行事予定について(平成26年2月~4月)
 平成26年2月から4月までの3か月間における警察本部の行事予定について説明を受けた。

○平成25年度広島県警察拳銃射撃競技大会について
 平成26年2月13日(木),広島県警察学校において開催される「平成25年度広島県警察拳銃射撃競技大会」について,出場所属,選手数,競技方法等の報告を受けた。

○サイバー防犯ボランティアの委嘱と活動予定等について
 サイバー防犯ボランティアの趣旨・目的,活動内容,活動予定,委嘱スケジュール等について報告を受けた。
 委員から,「この取組は,全国的に珍しいケースなのか。」旨の発言があり,警察側から,「昨年の資料では,40都道府県に75団体のサイバー防犯ボランティアが確認されている。」旨の説明があった。これに対し,委員から,「最近はサイバー犯罪が多くなっており,また,ストーカー事件における男女の出会いが,インターネット上であることが多くなっていると感じている。是非,サイバー防犯活動を強化していただきたい。」旨の発言があった。

○警察と自衛隊による共同実動訓練について
 警察と自衛隊による共同対処能力の向上を図るために行われる共同実動訓練の概要について報告を受けた。
 委員から,「自衛隊との共同実動訓練は,全国的にも行われているのか。」旨の発言があり,警察側から,「警察庁と防衛省が協定を結んでおり,全国的に行われている。」旨の説明があった。

【特記事項】

○貝原委員長が欠席のため,西川委員が委員長の職務を代行した。