ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 広島県公安委員会 > 定例会議の開催概要(平成26年1月15日)

定例会議の開催概要(平成26年1月15日)

印刷用ページを表示する 掲載日:2014年1月24日

平成26年1月15(水)

 定例会議では,次の事項などについて警察本部から説明,報告を受け,公安委員会としての意思決定を行いました。

【議題】

○広島県警察関係手数料条例の一部改正について
  道路交通法の一部改正に伴い,一定の病気等による処分者が運転免許を再取得する場合の試験手数料の新設及び政令で定める標準額の改正に伴う駐車監視員資格者講習手数料の改正等を行うため,広島県警察関係手数料条例の一部改正を広島県議会2月定例会に提案することについて説明を受け,審議した。

○警察職員の援助要求について
 滋賀県公安委員会からの警察職員援助要求に基づき,当県警察職員を滋賀県警察に派遣する案について説明を受け,案のとおり議決した。

○審査請求事案の処理について
  広島県情報公開・個人情報保護審査会に諮問中の審査請求事案について,同審査会から請求人の意見書の写しを受理し,警察本部長に通知する案2件の説明を受け,決裁した。

○異議申立書の審理結果について
 更新時に交付した運転免許証の区分に関する異議申立事案について,審理官による審理結果及び決定案の説明を受け,案の一部を修正し議決した。

○審査請求書の受理及び審理官の指名について
 運転免許の停止処分に関する審査請求書2件を受理するとともに,審理に関する事務を補佐させる審理官を指名する案について説明を受け,案のとおり議決した。

○異議申立書の受理及び審理官の指名について
 更新時に交付した運転免許証の区分に関する異議申立書を受理するとともに,審理に関する事務を補佐させる審理官を指名する案について説明を受け,案のとおり議決した。

○法定苦情の処理について
 公安委員会で受理した法定苦情について,その処理結果が苦情申出人宛に郵送されたことの報告を受け,決裁した。

○運転免許の行政処分について
  運転免許の行政処分に関する意見聴取の結果等27件について説明を受け,案のとおり議決した。

【報告】

 ○警察・商工労働委員会説明事項について
 平成26年1月17日(金)に開催予定の警察・商工労働委員会における警察本部からの説明事項等について報告を受けた。

○平成26年春季定期人事異動の日程等について
  平成26年春季定期人事異動の日程及び退職予定者等について報告を受けた。
 委員から,「退職される方の中で,再雇用される方はいるのか。また,退職者の数はピークを過ぎたのか。」旨の発言があり,警察側から,「まだ確定はしていないが,非常勤として採用される方もいるし,再任用される方もいる。退職者数については,今後数年間は多いと思われる。」旨の説明があった。これに対し,委員から,「後継者育成として,伝承教養をしっかりお願いする。」旨の発言があった。

○「なくそう犯罪」ひろしま新アクション・プランの推進結果について(平成25年中)
 平成25年の刑法犯認知件数が戦後最も少なかった前年より下回ったこと,子ども・女性対象性犯罪・声かけ事案等把握状況,特殊詐欺被害認知状況,平成26年の取組等について報告を受けた。
 委員から,「重要窃盗犯である侵入窃盗がピーク時から約7割減少しているが,どのような対策により減少したのか。」旨の発言があり,警察側から「検挙活動も効果があったが,鍵掛けの普及や防犯カメラの設置等様々な対策が総合的に良かったのではないかと考えている。」旨,「ピーク時は,ピッキングによる侵入窃盗が全盛期であった。当時,ピッキングにより解錠される錠が多く設置されていたが,ピッキングに強い錠を普及させたことも侵入窃盗を減少させた大きな要因と考えている。」旨の説明があった。

○交通事故発生状況について(平成25年中)
  平成25年中の広島県内における交通事故の発生状況,死者数の状況及び特徴等について報告を受けた。
 委員から,「65歳以上を高齢者として一括りにするより,75歳以上と分けて表示したほうが,今後高齢者事故防止対策を行う上で,年齢層別の特徴がよく分かるようになると思う。」旨の発言があり,警察側から,「最近の傾向として後期高齢者の方が犠牲となる交通事故が増加していることから,今後,御指摘いただいたことを加味した表示を検討したい。」旨の説明があった。