ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 広島県公安委員会 > 定例会議の開催概要(平成25年7月3日)

定例会議の開催概要(平成25年7月3日)

印刷用ページを表示する 掲載日:2013年7月12日

平成25年7月3(水)

 定例会議では,次の事項などについて警察本部から説明,報告を受け,公安委員会としての意思決定を行いました。

【議題】

○佐伯警察署新設に伴う公安委員会規則等の改正について
  佐伯警察署の新設等による「警察署の名称、位置及び管轄区域に関する条例」の一部改正に伴い,関係する公安委員会規則及び公安委員会規程の改正案について説明を受け,審議した。
 委員から,「佐伯警察署管内の人口はどのくらいになるのか。また,住民サービスの窓口が変更となるが,このことについてはどのように広報しているのか。」旨の発言があり,警察側から,「佐伯警察署管内の人口は,約13万5千人である。」旨,「管轄変更となる住民の方に対しては,地区別に町内会長等に集まっていただき説明会等を実施している。」旨の説明があった。
 委員から,「地区によっては管轄する交番等が遠方になるが,事件対応などに支障がないようにしてもらいたい。」旨の発言があり,警察側から,「管轄区域外であっても,必要に応じてパトロールを行うほか,住民からの相談や事件の届出については,管轄にとらわれず,受け付ける。」旨の説明があった。

○異議申立書の審理結果について
 更新時に交付した運転免許証の区分に関する異議申立事案2件について,審理官による審理結果及び決定案の説明を受け,1件については案の一部を修正し,他の1件については案のとおり議決した。

○審査請求書の審理結果について
 運転免許の停止処分に対する審査請求事案2件について,審理官による審理結果及び裁決案の説明を受け,それぞれ案の一部を修正し議決した。

○行政文書開示請求書の受理について
 広島県情報公開条例に基づく公安委員会に対する行政文書開示請求書の受理について説明を受け,決裁した。

○法定苦情の処理について
 公安委員会で受理した法定苦情について,その調査結果及び苦情申出人に対する通知案の説明を受け,案のとおり議決した。

○公安委員会宛文書の処理について
 公安委員会宛に送付された文書の内容及びその処理案について説明を受け,案のとおり議決した。

○運転免許の行政処分について
  運転免許の行政処分に関する意見聴取の結果等7件について説明を受け,案のとおり議決した。

○公安条例専決処理状況について(平成25年6月中)
 平成25年6月中における公安条例の専決処理状況について説明を受け,了承した。

○人事案件について
 人事案件について説明を受け,案のとおり了承した。

○ストーカー規制法に基づく警告の実施について
 ストーカー行為等の規制等に関する法律に基づいて行った警告について説明を受け,了承した。

【報告】

○警察本部及び警察署の耐震化の現状について
 警察本部及び警察署の耐震化に関し,全国の状況,広島県の現状及び今後の方針について報告を受けた。
 委員から,「広島県警察の耐震化が遅れている理由は何か。」旨の発言があり,警察側から,「財政状況の悪化から遅れているものと考えている。」旨,「警察本部は,通常の行政機関の建物より高い耐震性が要求される。それは,大地震があった場合でも修復等することなく警察本部が防災拠点としての機能を維持できるだけの耐震性が必要だからであり,まずはその耐震診断をする必要があると考えている。」旨の説明があった。

○広島県優良防犯住宅認定制度の運用開始について
 平成25年7月8日(月)から運用開始される広島県優良防犯住宅認定制度の趣旨,制度概要,実施主体,制度内容等について報告を受けた。
 委員から,「審査料等はどこに入り,何に使われているのか。」旨の発言があり,警察側から,「審査料等は,NPO法人広島県生活安全防犯協会に入り,現地調査等の人件費や認定証・認定シール交付等にかかる費用として使われている。」旨の説明があった。

○中国横断自動車道尾道松江線松江自動車道の交通情勢等について
 平成25年3月30日から5月31日までの間の島根県境から三次東ジャンクションまでにおける交通情勢,交通安全対策に係る関係機関との連携及び今後の取組等について報告を受けた。
 委員から,「中国横断自動車道における交通事故に対する道路管理者の対応についてはどのような状況か。」旨の発言があり,警察側から,「中国横断自動車道は国土交通省中国地方整備局の管理となっており,以前,整備局には道路の補修は整備局,交通事故の対応は警察という考えがあった。しかし,警察からの申し入れにより,現在では交通事故についても非常に協力的な対応をしていただいている。」旨,「具体的には,雪氷対策としてのチェーンベースの増設,除雪の予算確保,交通事故発生時に必要な器材の整備,非常通報電話の整備及び交通管制センターの増員などがある。」旨,「道路左側の側溝に脱輪する交通事故が多いため、側溝にグレーチングを設置することを協議している。」旨の説明があった。

○当面の警備情勢について
  当面の警備情勢として,他県で開催される行事に関連する警衛実施について報告を受けた。

○パソコンの遠隔操作について
 遠隔操作ウィルス感染の主な手法及び遠隔操作被害の実態について報告を受けた。
 委員から,「標的型メールについては,知らない人からのメールであれば警戒するが,よく知った人を装ってメールされれば容易に開封してしまう。」旨の発言があり,警察側から,「通常とは違った種類のファイルを送信してきたり,電話番号に内線番号がなく代表番号だけであるような場合は注意する必要がある。」旨の説明があった。

○監察の実施状況等について
  最近の監察の実施状況について報告を受けた。