ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 広島県公安委員会 > 定例会議の開催概要(平成25年6月5日)

定例会議の開催概要(平成25年6月5日)

印刷用ページを表示する 掲載日:2013年6月14日

平成25年6月5(水)

 定例会議では,次の事項などについて警察本部から説明,報告を受け,公安委員会としての意思決定を行いました。

【議題】

○広島県収入証紙の廃止に伴う広島県警察関係手数料条例施行規則等の一部改正について
 広島県収入証紙の廃止に伴う関係条例の整備に関する条例の施行により,平成25年11月1日から手数料の徴収方法が証紙から現金に変更されることに伴い,関係規則等の一部を改正する案について説明を受け,審議した。
 委員から,「収入証紙を廃止するメリットは何か。」旨の発言があり,警察側から,「広島県警察だけでなく広島県の関係事務も証紙による手数料徴収を行っており,現金による徴収方法に変更することにより,これまで証紙売りさばき所にあらかじめ証紙を準備するためにかかっていた経費等が削減できることである。」旨の説明があった。

○異議申立書の審理結果について
 不作為についての異議申立事案について,審理官による審理結果及び決定案の説明を受け,案のとおり議決した。

○風営適正化法に基づく行政処分について
 風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律に基づく行政処分案について説明を受け,案のとおり議決した。

○異議申立書の受理及び審理官の指名について
 道路交通法に基づく放置違反金の納付命令に対する異議申立書を受理するとともに,審理に関する事務を補佐させる審理官を指名する案について説明を受け,案のとおり議決した。

○異議申立書の受理及び審理官の指名について
  更新時に交付した運転免許証の区分に関する異議申立書2件を受理するとともに,審理に関する事務を補佐させる審理官を指名する案について説明を受け,案のとおり議決した。

○行政文書開示請求に対する決定について
  広島県情報公開条例に基づく行政文書の開示請求に対する開示決定案について説明を受け,案のとおり議決した。

○法定苦情の受理について
 公安委員会に申し出られた法定苦情2件を受理するとともに,その内容及び処理案について説明を受け,案のとおり議決した。

○運転免許の行政処分について
  運転免許の行政処分に関する意見聴取の結果等11件について説明を受け,案のとおり議決した。

○公安条例専決処理状況について(平成25年5月中)
 平成25年5月中における公安条例の専決処理状況について説明を受け,了承した。

【報告】

○ドライブレコーダーの試験運用について
 運転状況が記録されているという認識により安全運転に対する意識を向上させ,公務中の交通事故が減少するかを検証するなどの目的で,一部の公用車両においてドライブレコーダーを試験運用することについて報告を受けた。
 委員から,「交通事故を起こす人の中には運転に適さない人もいるのではないかと思うが,そういった点についても考えているのか。」旨の発言があり,警察側から,「運転技能についてテストを受け,警察車両を運転するのに見合った者が運転できるシステムになっている。また,ブロック別に運転技能訓練を随時繰り返しているが,さらにドライブレコーダーの効用を試したいと考えている。」旨の説明があった。
 委員から,「5年間で公務中の交通事故が増加しているが,その要因についてはどう考えているのか。」旨の発言があり,警察側から,「若手警察官の中には車両の運転に慣れていない者も多く,なぜと思うようなケアレスミスによる事故が増加しており,教養を繰り返している。」旨の説明があった。

○夏期(6月~8月)における水難防止対策の推進について
 例年,夏期(6月~8月)には,海水浴場等において遊泳者等が誤って水死する事案が増加傾向にあることから,水難防止のための主な対策,関係機関との連携等について報告を受けた。

○初動警察活動の強化の実施について
  初動警察活動の重要性,PSD端末の配備状況,PSD端末の機能及び効果的活用事例等について報告を受けた。
 委員から,「端末が増強配備されたとのことであるが,今後も順次配備していくのか。」旨の発言があり,警察側から,「警察庁から配備されるものであり,現時点では,近いうちに新たに配備される話は出ていない。」旨の説明があった。

○広域にわたる身の代金目的誘拐事件捜査訓練の実施について
 平成25年6月25日(火),26日(水)に実施される身の代金目的誘拐事件捜査訓練の概要,訓練体制,訓練重点等について報告を受けた。
 委員から,「二つの県警察合同による訓練であるが,訓練の評価についても合同で行うのか。」旨の発言があり,警察側から,「訓練を重ねるごとに,いろんな失敗が出てくる。その失敗を踏まえた上で,お互いに意見を出し合い検討を重ねている。」旨,「犯人役が捜査の失敗を指摘するし,警察庁の特殊事件担当者が訓練状況を見ており,評価をしている。」旨の説明があった。

【特記事項】

○警察本部長から,平成25年6月3日(月)に開催された全国警察本部長会議の結果等について報告を受けた。