ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 広島県公安委員会 > 定例会議の開催概要(平成25年6月26日)

定例会議の開催概要(平成25年6月26日)

印刷用ページを表示する 掲載日:2013年7月5日

平成25年6月26(水)

 定例会議では,次の事項などについて警察本部から説明,報告を受け,公安委員会としての意思決定を行いました。

【議題】

○交通規制の改正について
 平成25年6月19日の定例会議で説明を受け審議中であった信号機の新規設置案2交差点について,案のとおり議決した。

○犯罪被害者等給付金の支給裁定について
 犯罪被害者等給付金の支給等による犯罪被害者等の支援に関する法律に基づく障害給付金及び重傷病給付金の支給申請を受理し,所要の調査を実施した上での給付金支給裁定案について説明を受け,案のとおり議決した。

○異議申立書の受理及び審理官の指名について
 道路交通法に基づく放置違反金の納付命令に対する異議申立書を受理するとともに,審理に関する事務を補佐させる審理官を指名する案について説明を受け,案のとおり議決した。

○異議申立書の受理及び審理官の指名について
  更新時に交付した運転免許証の区分に関する異議申立書及び運転免許の取消処分に対する異議申立書を受理するとともに,審理に関する事務を補佐させる審理官を指名する案について説明を受け,案のとおり議決した。

○審査請求書の受理及び審理官の指名について
 運転免許の停止処分に関する審査請求書を受理するとともに,審理に関する事務を補佐させる審理官を指名する案について説明を受け,案のとおり議決した。

○行政文書開示請求に対する決定について
  広島県情報公開条例に基づく行政文書の開示請求に対する開示決定案について説明を受け,案のとおり議決した。

○法定苦情の処理について
  公安委員会で受理した法定苦情について,調査結果が苦情申出人宛に郵送されたことの報告を受け,決裁した。

○法定苦情の受理について
 公安委員会に申し出られた法定苦情3件を受理するとともに,その内容及び処理案について説明を受け,案のとおり議決した。

○警察署協議会委員の解嘱について
  広島中央警察署長からの解嘱上申に基づき,同警察署協議会委員を解嘱する議決をした。

○運転免許の行政処分について
  運転免許の行政処分に関する意見聴取の結果等16件について説明を受け,案のとおり議決した。

○公安委員会の行事予定(案)について(平成25年7月~9月)
 平成25年7月から9月までの3か月間における公安委員会の行事予定(案)について説明を受け,了承した。

【報告】

○警察・商工労働委員会説明事項について
 平成25年6月28日(金)に開催予定の警察・商工労働委員会における警察本部からの説明事項について報告を受けた。

○警察署協議会の運営状況について
 平成24年6月から平成25年5月までの間における警察署協議会開催状況及び協議会の意見を受け警察業務へ反映した事例等について報告を受けた。
 委員から,「警察署協議会連絡会には我々も出席しているが,効果的事例や活発な意見発表がされており,各警察署協議会委員の方が積極的に警察業務に意見を述べられていると感じる。協議会委員から出た意見要望については,100%応えているのか。」旨の発言があり,警察側から,「その場ですぐ対応できるものについてはすぐ対応している。すぐ対応できないものや,警察だけで対応できないものについても他機関と協議・検討するなどし,その結果を次回の警察署協議会で説明している。」旨の説明があった。
 さらに委員から,「平均開催時間が約1時間30分だが,会議がいつ終わるか分からないと出席しづらいので会議時間をあらかじめ決めるなどのガイドラインを設けてみてはどうか。」旨の発言があり,警察側から,「会議時間を定めたガイドラインはないが,会議がスムーズに運営されるように事前に資料を配付するなどの工夫をしている。」旨の説明があった。

○警察本部の行事予定について(平成25年7月~9月)
 平成25年7月から9月までの3か月間における警察本部の行事予定について報告を受けた。

○警察部外功労者表彰(警察協力章)受章者の決定について
 毎年7月1日,警察庁長官が,長期にわたって警察に協力し,多くの功労があった部外者を表彰する警察部外功労者表彰(警察協力章)について,本年における本県の受章者及びその功労概要等の報告を受けた。

○夏期における各種イベント開催に伴う雑踏警備の実施予定について
  7月1日から8月31日までの2ヶ月間に,県内各地において,夏祭り,花火大会等を中心としたイベントが開催されることから,主な行事の人出予想及び警備体制等について報告を受けた。

○第23回参議院議員通常選挙違反取締りについて
  第23回参議院議員通常選挙の予想される施行日程,今回の選挙から適用される主な公職選挙法の改正点,違反取締りの基本,捜査方針及び選挙違反取締本部の設置等について報告を受けた。

○道路交通法一部改正の概要について
 平成25年6月14日に公布された道路交通法一部改正の概要として,一定の病気等に係る運転者対策,悪質・危険運転者対策,自転車利用者対策等について報告を受けた。
 委員から,「免許更新時に一定の病気等に該当する者が,その旨を書類に書かなかった場合は違反となるのか。また,一定の病気等に該当する者を診断した医師による任意の届出制度の趣旨はなにか。」旨の発言があり,警察側から,「申告書に虚偽を記載した場合,その場ですぐ虚偽を発見することは困難かもしれない。しかし,交通事故を起こしたり,交通違反で検挙した際の挙動などを端緒に一定の病気等に該当する者であることが判明した場合は虚偽回答としての罰則対象となる。また,医師による任意の届出制度は,医師に届出を義務づけたものではなく,届出をしても守秘義務違反に問われないことを保証するものであり,該当者を把握するための規定である。」旨の説明があった。

○自転車マナーアップ強化月間の実施結果について
 平成25年5月1日(水)から5月31日(金)までの1か月間実施された「自転車マナーアップ強化月間」の主な実施結果,期間中における自転車が関係する交通事故の発生状況等について報告を受けた。
 委員から,「車の運転をしていて自転車には冷や冷やすることがよくある。特に同一方向進行時に後方確認せず道路中央部に急に曲がったり,平気で赤信号を無視して交差点を横切る運転は非常に危険であり,今後も自転車のマナーアップ対策に取り組んでいただきたい。」旨の発言があり,警察側から,「今後も自転車のマナーアップに取り組むとともに,自動車等の運転者に対しても注意喚起をするなど自転車が関係する交通事故抑止に取り組んで参りたい。」旨の説明があった。

○当面の警備情勢について
  当面の警備情勢として,広島県内で開催される行事の警衛警備について報告を受けた。

○審査請求に係る損害賠償事件の判決について
  審査請求に係る損害賠償事件の判決概要について報告を受けた。

【特記事項】

○貝原委員長及び警察本部長は,平成25年広島県議会6月定例会に出席のため定例会議を欠席し,西川委員が委員長の職務を代行した。