ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 広島県公安委員会 > 定例会議の開催概要(平成25年4月3日)

定例会議の開催概要(平成25年4月3日)

印刷用ページを表示する 掲載日:2013年4月12日

平成25年4月3日(水)

 定例会議では,次の事項などについて警察本部から説明,報告を受け,公安委員会としての意思決定を行いました。

【議題】

  ○警察職員の援助要求について
 福島県公安委員会からの警察職員援助要求に基づき,当県警察職員を福島県警察に派遣する案について説明を受け,案のとおり議決した。

○犯罪被害者等給付金の支給裁定について
 犯罪被害者等給付金の支給等による犯罪被害者等の支援に関する法律に基づく遺族給付金の支給申請を受理し,所要の調査を実施した上で給付金の不支給裁定案について説明を受け,案のとおり議決した。

○異議申立てに係る審理官の指名替えについて
 平成25年春季人事異動に伴い,異議申立てに係る審理官を指名替えする案について説明を受け,案のとおり議決した。

○行政文書開示請求に対する決定について
  広島県情報公開条例に基づく行政文書の開示請求に対する開示決定案について説明を受け,案のとおり議決した。

○法定苦情の受理について
 公安委員会に申し出られた法定苦情を受理するとともに,その内容及び処理案について説明を受け,案のとおり議決した。

○法定苦情の処理について
 公安委員会で受理した法定苦情2件について,それぞれその調査結果が苦情申出人宛に郵送されたことの報告を受け,決裁した。

○運転免許の行政処分について
  運転免許の行政処分に関する意見聴取の結果等22件について説明を受け,案のとおり議決した。

○ストーカー規制法に基づく警告の実施について
 ストーカー行為等の規制等に関する法律に基づいて行った警告について説明を受け,了承した。
 委員から,「警告申出の前にも相手に注意をしていたのか。警告に従わない場合はどうなるのか。」旨の発言があり,警察側から,「口頭注意をしている。今回の場合,ストーカー行為での検挙も可能であったが,申出者から検挙ではなく注意をしてもらいたい旨の要望が強く,口頭注意をした。しかし,口頭注意を聞かないことから警告となったものである。警告に従わない場合は,公安委員会による禁止命令を発していただくか検挙することも可能である。」旨の説明があった。さらに,委員から,「警告申出から警告実施までの期間が長いが,もう少し早く警告実施すべきではないか。」旨の発言があり,警察側から,「今回の事案は,警告の準備はできていたものの,相手方が警告を避けていたことから相手方と実際に会うのに時間がかかったため警告実施が遅れたものである。」旨の説明があった。

○公安条例専決処理状況について(平成25年3月中)
 平成25年3月中における公安条例の専決処理状況について説明を受け,了承した。 

【報告】

○平成25年度大学講義の実施について
  広島大学及び広島修道大学において実施している講義に関し,その目的,平成24年度実施結果,平成25年度前期大学講義日程及びカリキュラム案等について報告を受けた。

○平成25年度広島県警察柔道大会の開催について
  平成25年5月30日(木)に開催される「平成25年度広島県警察柔道大会」の実施要領等について報告を受けた。

○平成25年春の叙勲等受章者の決定等について
  平成25年春の叙勲等の受章者及びそれぞれの伝達式の日程等について報告を受けた。

○平成25年春の全国交通安全運動の実施について
  平成25年4月6日(土)から4月15日(月)までの10日間実施される「平成25年春の全国交通安全運動」のスローガン,運動の基本・重点,重点推進事項及び主な行事等について報告を受けた。

○交通機動隊東広島分駐隊発隊式の実施について
  平成25年4月4日(木)に開催される「交通機動隊東広島分駐隊発隊式」の概要について報告を受けた。
 委員から,「東広島分駐隊員については,増員によるものか。」の発言があり,警察側から,「交通機動隊が3名増員となっており,その中で体制を組んでいるが,分駐隊長については副隊長が兼務している。」旨,「運転免許課と運転教育課を統合することにより交通部から増員分を捻出している。」旨の説明があった。さらに,委員から,「白バイは増えるのか,それとも他の部署から配置するのか。」旨の発言があり,警察側から,「分駐隊が管轄するエリアの警察署で運用していた白バイ2台及び,交通機動隊本隊などで運用していた4台を配置した。」旨の説明があった。

○運転免許取消処分の取消しを求める行政訴訟控訴事件の判決について
  運転免許取消処分の取消しを求める行政訴訟控訴事件の判決概要について報告を受けた。