ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 広島県公安委員会 > 定例会議の開催概要(平成25年4月17日)

定例会議の開催概要(平成25年4月17日)

印刷用ページを表示する 掲載日:2013年4月26日

平成25年4月17日(水)

 定例会議では,次の事項などについて警察本部から説明,報告を受け,公安委員会としての意思決定を行いました。

【議題】

○警察職員の援助要求について
 山口県公安委員会からの警察職員援助要求に基づき,当県警察職員を山口県警察に派遣する案について説明を受け,案のとおり議決した。

○異議申立事案の決定について
 不作為についての異議申立事案について,審理官による審理結果及び決定案の説明を受け,案のとおり議決した。

○行政文書開示請求書の受理について
  広島県情報公開条例に基づく公安委員会に対する行政文書開示請求書の受理について説明を受け,決裁した。

○行政文書開示請求に対する決定について
  広島県情報公開条例に基づく行政文書の開示請求に対する開示決定案について説明を受け,案のとおり議決した。

○法定苦情の受理について
 公安委員会に申し出られた法定苦情2件を受理するとともに,それぞれの内容及び処理案について説明を受け,それぞれ案のとおり議決した。

○法定苦情の処理について
 公安委員会で受理した法定苦情2件について,その調査結果及び苦情申出人に対する通知案の説明を受け,それぞれ案のとおり議決した。

○公安委員会宛文書の処理について
 公安委員会宛に送付された文書2件の内容及びその処理案について説明を受け,それぞれ案のとおり議決した。

○運転免許の行政処分について
  運転免許の行政処分に関する意見聴取の結果等31件について説明を受け,案のとおり議決した。

○平成24年度会計監査の実施結果について
  平成24年度における全所属を対象とした会計監査の実施結果及びこれに基づく措置状況等について説明を受け,了承した。
 委員から,「半減したとはいえ,毎年同じような誤りが発見されている気がする。」旨の発言があり,警察側から,「一人が計算方法を誤ると何件もの誤りが出てくる。これまでも研修を実施しているが,一年目の新任がミスを起こしやすく,経験を積んでミスを起こしにくくなったころに人事異動により新任に入れ替わることも,同じようなミスが繰り返される原因のひとつである。」旨の説明があった。さらに,委員から,「金額は少ないが,お金に関わることなので間違いをなくしていただきたい。」旨の発言があり,警察側から,「帳簿への金額記載を誤った事例もあり,誤記が起こらないよう徹底を図ることも必要と考えている。今後も適正な経理について指導して参りたい。」旨の説明があった。

○平成25年度会計監査実施計画について
 平成25年度に全所属を対象として実施する会計監査の重点項目,監査の視点及び実施時期について説明を受け,了承した。

○監察の実施状況等について
 監察の実施状況等として,平成24年度第3四半期における中国管区警察局長による総合・随時監察の受監結果及び警察本部長による随時監察の実施結果について説明を受け,これを了承した。
 委員から,「規程に相談の範囲が定められていないという指摘を受けているが,相談を定義に当てはめて考えて対応するというのでは問題があり,警察が取り扱わなければならい相談については常識的に身につけておかねばならないことだと思う。」旨の発言があり,警察側から,「困って相談に来ていることを認識し,相談者の立場に立った対応をすることが大切である。相談の受理については必ず所属長が目を通すとともに,経過についてもチェックを行っている。」旨の説明があった。これに対し,委員から,「いろいろな相談を想定し,ロールプレイング訓練をして対応方法等を身につけるのも良いと思う。」旨の発言があった。
 委員から,「今回は受監対象の警察署が2警察署となっているが,他の警察署についても同様の指摘を受けることも考えられることから,しっかり指導していただきい。」旨の発言があり,警察側から,「指導を徹底して参りたい。」旨の説明があった。

【報告】

○警察・商工労働委員会説明事項について
 平成25年4月19日(金)に開催予定の警察・商工労働委員会における警察本部からの説明事項について報告を受けた。

○恋愛感情等のもつれに起因する暴力的事案に係る保護観察付執行猶予者に関する措置について
  平成25年4月1日から恋愛感情等のもつれに起因する暴力的事案に係る保護観察付執行猶予者に関する措置が運用開始されたこと,その背景及び措置の主な内容等について報告を受けた。
 委員から,「執行猶予に保護観察を付けるか否かは,裁判官の判断であるが,執行猶予の取消しができる場合を考えると保護観察を付けた場合の方が抑止力が期待できる。」旨の発言があり,警察側から,「保護観察を付けてもらえれば,保護観察所も特別遵守事項を設定できることから,再犯防止が期待できる。」旨の説明があった。

○平成25年春の全国交通安全運動の実施結果について
  平成25年4月6日(土)から同年4月15日(月)までの10日間実施された「平成25年春の全国交通安全運動」の実施結果として,交通安全施策の主な推進事項及び期間中の交通事故発生状況等について報告を受けた。

○横断歩道の設置状況等の一斉点検結果について
  平成25年2月4日(月)から同年3月31日(日)までに実施した横断歩道の設置状況等の一斉点検に関し,点検の趣旨,対象,結果及び今後の対応等について報告を受けた。

○当面の警備情勢について
  当面の警備情勢として,広島県内で開催される行事の警衛警備について報告を受けた。

【特記事項】

貝原委員長が欠席のため,水野委員が委員長の職務を代行した。

○警察本部長から,平成25年4月12日(金)に開催された中国管区内警察本部長会議の結果等について報告を受けた。