ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 広島県公安委員会 > 定例会議の開催概要(平成25年3月27日)

定例会議の開催概要(平成25年3月27日)

印刷用ページを表示する 掲載日:2013年4月5日

平成25年3月27日(水)

 定例会議では,次の事項などについて警察本部から説明,報告を受け,公安委員会としての意思決定を行いました。

【議題】

○自動車運転代行業法に基づく行政処分の公表に関する規則の制定について
 平成25年3月13日の定例会議で説明を受け審議中であった自動車運転代行業の業務の適正化に関する法律に基づく行政処分の公表対象となる処分,公表する事項及び公表の方法等を定めた公安委員会規則を制定する案について,案のとおり議決した。

○交通規制の改正について
 平成25年3月13日の定例会議で説明を受け審議中であった信号機の新規設置案2交差点,廃止案2交差点及び最高速度規制の改正案1区間について,案のとおり議決した。

○審査請求事案の処理について
 広島県情報公開・個人情報保護審査会に諮問中となる自己情報部分開示決定処分に対する審査請求事案について,同審査会に意見を記載した書面を提出する案について説明を受け,案のとおり議決した。

○監査の実施について
  広島県代表監査委員から,監査の実施についての通知を受理し,その実施内容等の報告を受け,決裁した。

○監査の結果について
 広島県監査委員から通知のあった監査の結果について報告を受け,決裁した。

○警察職員の定員の配分に関する規則の一部改正について
  平成25年度の本県警察職員の定員に関して,広島県警察職員定員条例の一部改正及び組織体制整備に伴う定員の再配分を行うため,警察職員の定員の配分に関する規則の一部を改正する案について説明を受け,案のとおり議決した。

○「警察等が取り扱う死体の死因又は身元の調査等に関する法律」の解剖委託にかかる公安委員会承認事項について
  平成25年4月1日に施行される「警察等が取り扱う死体の死因又は身元の調査等に関する法律」に基づく解剖委託機関として国立広島大学を承認する案について説明を受け,案のとおり議決した。

○指定暴力団「五代目共政会」第8回指定スケジュールについて
 暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律に基づき,指定暴力団「五代目共政会」に対して,第8回の指定手続きを進める場合のスケジュール等の案について説明を受け,案のとおり議決した。

○行政文書開示請求書の受理について
  広島県情報公開条例に基づく公安委員会に対する行政文書開示請求書の受理について説明を受け,決裁した。

○行政文書開示請求に対する決定について
  広島県情報公開条例に基づく行政文書の開示請求に対する開示決定案について説明を受け,案のとおり議決した。

○法定苦情の受理について
 公安委員会に申し出られた法定苦情を受理するとともに,その内容及び処理案について説明を受け,案のとおり議決した。

○法定苦情の処理について
 公安委員会で受理した法定苦情2件について,その調査結果及び苦情申出人に対する通知案の説明を受け,それぞれ案のとおり議決した。また,公安委員会で受理した法定苦情2件について,それぞれその調査結果が苦情申出人宛に郵送されたことの報告を受け,決裁した。

○公安委員会宛文書の処理について
 公安委員会宛に送付された文書3件の内容及びその処理案について説明を受け,それぞれ案のとおり議決した。

○運転免許の行政処分について
  運転免許の行政処分に関する意見聴取の結果等18件について説明を受け,案のとおり議決した。

○公安委員会の行事予定(案)について(平成25年4月~6月)
 平成25年4月から6月までの3か月間における公安委員会の行事予定(案)について説明を受け,了承した。

○警察本部長による平成25年度監察の実施計画について
 平成25年度における総合監察及び随時監察の実施計画について説明を受け,了承した。
 委員からから,「例年と変わっている監察項目があるのか。」旨の発言があり,警察側から,「随時監察の項目に業務指導の浸透を掲げている。従前は第1期総合監察に掲げていたものであるが,第1期総合監察においては服務に関するものについてのみ実施することとし,随時監察において業務指導の浸透状況を監察する方針である。」旨の説明があった。 

【報告】

○警察本部の行事予定について(平成25年4月~6月)
 平成25年4月から6月までの3か月間における警察本部の行事予定について報告を受けた。

○平成25年度第1回警察官採用試験の実施について
  平成25年度第1回警察官採用試験の試験日程,採用予定人員・受験資格及び募集活動の状況について報告を受けた。
 委員から,「競争倍率を上げて採用者の質向上を図るため受験者数確保の目標を掲げているが,警察学校入校中に辞めていくような者を採用時に見極める工夫はしているのか。」旨の発言があり,警察側から,「例えば,体力試験の基準を引き上げたりするなど採用試験を少しずつ工夫している。ただし,実際に採用し入校させないと分からないことも多く,入校中に辞めていく者がいてもやむを得ないと考えている。」旨の説明があった。
 委員から,「就職説明会として『女子会』というのがあるが,どのようなことをするのか。」旨の発言があり,警察側から,「女性警察官になろうとする方に対し,女性警察官が職務の概要や,結婚,出産後の勤務環境等を説明するものである。」旨,警察本部長から,「女性警察官増員の方針が警察庁から出ており,当面の間,女性警察官を多めに採用する予定である。」旨の説明があった。
 委員から,「採用時の男女比率では男性が多いにもかかわらず,例年,警察学校の卒業時の成績上位者は女性が多い印象を受ける。」旨の発言があり,警察側から,「初任科卒業時においては,男性と同様に女性も成績上位の者もいれば,中間層,下位の者もおり,女性が全て成績上位とは限らない。」旨の説明があった。

○初任科第215期・第216期,一般職員初任科第31期,採用時教養特別課程(航空機操縦士)の入校式の実施について
  平成25年4月5日(金),広島県警察学校において開催される初任科第215期・第216期,一般職員初任科第31期,採用時教養特別課程(航空機操縦士)の入校式の概要について報告を受けた。

○「振り込め詐欺を始めとする特殊詐欺撲滅のための取締活動及び予防活動の強化推進期間」における取組結果について
 平成25年2月1日から2月28日までの間実施された,全国一斉の「振り込め詐欺を始めとする特殊詐欺撲滅のための取締活動及び予防活動の強化推進期間」の取組結果として,特殊詐欺認知状況,検挙・水際阻止状況,主な取組等について報告を受けた。

○列車事故対応訓練の実施について
  平成25年3月21日に実施された,JR西日本広島支社主催の列車事故対応訓練に鉄道警察隊員等が参加したことについて報告を受けた。
 委員から,「このような訓練は毎年実施されているのか。また,警察はいつも参加しているのか。」旨の発言があり,警察側から,「毎年行われており,警察にとっても重要な訓練になることから参加している。今後JR側は『安全行動計画』に基づき,更に高度な訓練を計画しており,引き続き参加していく方針である。」旨の説明があった。

○「トライ・ザ・セーフティinひろしま2012」の実施結果について
  平成24年7月4日(水)から11月30日(金)までの150日間実施された「トライ・ザ・セーフティinひろしま2012」の実施結果について報告を受けた。