ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 広島県公安委員会 > 定例会議の開催概要(平成24年7月4日)

定例会議の開催概要(平成24年7月4日)

印刷用ページを表示する 掲載日:2012年7月13日

平成24年7月4日(水)

 定例会議では,次の事項などについて警察本部から説明,報告を受け,公安委員会としての意思決定を行いました。

【議題】

○異議申立書の受理及び審理官の指名について
  更新時に交付した運転免許証の区分に関する異議申立書を受理するとともに,審理に関する事務を補佐させる審理官を指名する案について説明を受け,案のとおり議決した。

○法定苦情の処理について
 公安委員会で受理した法定苦情について,その調査結果及び苦情申出人に対する通知案の説明を受け,案のとおり議決した。また,公安委員会で受理した法定苦情について,その調査結果が苦情申出人あてに郵送されたことの報告を受け,決裁した。

○運転免許の行政処分について
  運転免許の行政処分に関する意見聴取の結果等28件について説明を受け,案のとおり議決した。

○監察の実施状況等について(平成24年度第1四半期)
 平成24年度第1四半期における警察庁及び中国管区警察局長による総合・随時監察の受監結果について説明を受け,了承した。
 委員から,「警察庁による総合監察で極めて良好とされた点に,『リカバリーブックを配布して業務管理,非違事案の防止に努めている。』があるが,リカバリーブックとはどのようなものか。」旨の発言があり,リカバリーブック本版を示すとともに,警察側から,「失敗をした時どうすればよいのかが分からないと,隠蔽しようと更に悪いことを重ねる場合がある。それを防ぐため,失敗した時こうすれば大丈夫ということが記載されている。」旨の説明があった。

○公安条例専決処理状況について(平成24年6月中)
 平成24年6月中における公安条例の専決処理状況について説明を受け,了承した。

【報告】

○平成24年広島県議会6月定例会の開催結果について
 平成24年広島県議会6月定例会における警察関連質問,常任(警察・商工労働)委員会の委員選任替え,特別委員会の設置等定例会の開催結果について報告を受けた。

○平成24年秋季定期人事異動の日程等について
  平成24年秋季定期人事異動の日程及び退職予定者等について報告を受けた。

○第3回「警察改革の精神」の徹底等に向けた総合的な施策検討委員会の開催結果について
 警察庁における「警察改革の精神」の徹底等に向けた総合的な施策検討委員会が現在検討中である「検討・実施する主な施策(案)」について,第3回委員会で提示・意見交換を行ったこと及び同施策(案)の概要について報告を受けた。
 委員から,「全国レベルでこのような施策をしていくわけだが,広島県の特性を踏まえての施策を実施することも大切であると思う。」旨の発言があり,警察側から,「警察庁で検討中の案であり,これに沿って各県警察の実情にあった施策が検討されることとなる。」旨,「警察庁の案はまだ検討中のものであり,今の段階ではこういったことを検討中であることを知っておいていただきたいというものであり,今後,施策等がまとまれば国家公安委員会に報告の上,全国的に取り組んでいくことになる。」旨の説明があった。
 委員から,「総合的な施策検討委員会を3回開催したわけだが,委員会の活動がうまく実現できているかどうかを誰が評価するのか。また,この施策検討委員会の活動に対し,公安委員会は,どう関与すればよいのか。」旨の発言があり,警察側から,「実現できているか否かについては,本庁に対する報告や監察を受けた結果等により本庁が評価することとなる。」旨,「公安委員会からは,警察の報告等に対して率直な意見をいただきたい。」旨の説明があった。これに対し,委員から,「以前に比べ,最近はいろいろな報告を受けることが多くなったと感じている。それに対して公安委員会としては国民的感覚で意見を述べさせていただく。」旨の発言があった。
 委員から,「施策(案)については,全国公安委員会連絡会議(代表者会議)においても,官房長から検討中である旨の説明があった。これについて協議する時間はなかったが,一部の県からは細かい内容の質問や,公安委員会はどう対応すべきかなどの意見が出た。」旨の発言があった。

○子ども対象事件の対応状況について
 子どもを対象とした事件における初期段階での対応方針,情報発信のあり方等について報告を受けた。
 委員から,「このような事件の対応方針については,交番の勤務員まで浸透するようマニュアル化しておくことが大切だと思う。」旨の発言があり,警察側から,「事件への対応要領等についての通達を発出し,しっかりと周知していきたいと考えている。」旨,「既に事件対応等についてのルールは定められているが,そのルールが守られなかった場合などは,署長まで事件報告が上がらず組織としての判断ができないこともあるので,ルールが守られるよう徹底したい。」旨の説明があった。
 委員から,「警察署のスポークスマンは決まっているのか。」旨の発言があり,警察側から,「副署長,次長等が担当している。」旨の説明があった。

【特記事項】

○貝原委員長から再任の挨拶があった。
○谷岡委員から,平成24年7月2日(月)東京で開催された全国公安委員会連絡会議(代表者会議)に出席した状況について説明があった。