ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 広島県公安委員会 > 定例会議の開催概要(平成24年7月25日)

定例会議の開催概要(平成24年7月25日)

印刷用ページを表示する 掲載日:2012年8月3日

平成24年7月25日(水)

 定例会議では,次の事項などについて警察本部から説明,報告を受け,公安委員会としての意思決定を行いました。

【議題】

○犯罪被害者等給付金の支給裁定について
 犯罪被害者等給付金の支給等による犯罪被害者等の支援に関する法律に基づく遺族給付金の支給申請を受理し,所要の調査を実施した上での給付金支給裁定案について説明を受け,案のとおり議決した。

○公安委員会の行事予定(案)について(平成24年8月~10月)
 平成24年8月から10月までの3か月間における公安委員会の行事予定(案)について説明を受け,了承した。

○監察の実施状況等について
  有印公文書偽造等の事実による懲戒処分及び平成24年度第1四半期における監察の実施状況等についての説明を受け,了承した。
 委員から,「業務上の非違事案だが,人事異動の際に本人の性格等を加味した上での適材適所に配意が足らなかったのではないか。」旨の発言があり,警察側から,「処分対象者は,前任の警察署で事件捜査もしていた。許認可を担当する者には,事件捜査の経験も必要であるということから適任と判断され,配置されていたものである。」旨の説明があった。
 委員から,「不注意ではなく,確信的に行った事案の処分を決定する上で過去の表彰歴を加味するのはどうかと思う。」旨,「処分の対象となる事案が3事案あり,第1事案が発覚した後,その数か月前にも同様の事案を起こしていたことが判明している。悪質であり,処分が甘いような気もする。」旨の発言があり,警察側から,「前例に倣った処分ではないが,定められた処分基準に諸般の状況を考慮し,前例と格差がありすぎないような処分となっている。表彰歴の加味については,今後検討する。」旨,「その後審査した結果,交付された方の許可は正規の手続きでも許可されるべきであったことが分かっており,追認という形で有効な許可となっている。この点も処分決定に加味されている。」旨の説明があった。
 委員から,「最初にミスをした時に正直に言っておけばこのような処分まで受けずに済んだと思われるが,意志が弱く言うことが出なかったのであろう。」旨の発言があり,警察側から,「早い段階で気づけなかったことについては,我々も心を痛めている。」旨の説明があった。

○流川・薬研堀地区の街頭防犯カメラシステムの運用状況について(平成24年4月~6月)
  平成24年4月から6月までの間における,流川・薬研堀地区に設置された街頭防犯カメラシステムの運用状況について説明を受け,了承した。
 委員から,「街頭防犯カメラシステムは,今後拡充されていくのか。」旨の発言があり,警察側から,「今説明した街頭防犯カメラシステムについては,広島県警察において設置したものであり,現在のところ拡充の予定はない。」旨の説明があった。

○人事案件について
 人事案件について説明を受け,案のとおり同意した。

○交通規制の改正について
  平成24年7月11日の定例会議で説明を受け審議中であった信号機の新規設置案4交差点並びに最高速度規制の改正案2区間及び新規指定案1区間について,案のとおり議決した。

○高齢者、障害者等の移動等の円滑化の促進に係る信号機等に関する基準を定める条例の制定について
  平成24年7月11日の定例会議で説明を受け審議中であった「高齢者、障害者等の移動等の円滑化の促進に関する法律」に規定される信号機等に関する基準を定める条例案について,案のとおり議決した。

○審査請求事案の処理について
 広島県情報公開・個人情報保護審査会に諮問中となる審査請求事案について,同審査会に意見を記載した書面を提出する案について説明を受け,案のとおり議決した。

○交番その他の派出所及び警察官駐在所の名称、位置及び所管区等に関する規則の一部改正について
  広島市佐伯区の一部で,街区方式による住居表示が実施されることに伴い,「交番その他の派出所及び警察官駐在所の名称、位置及び所管区等に関する規則」の一部を改正する案について説明を受け,案のとおり議決した。

○三和自動車学校の廃止(廃業)に伴う指定等の取消しについて
 三和自動車学校の設置者から同校を廃止する旨の届出に基づき,同校の指定自動車教習所の指定及び運転免許取得者教育の認定を取り消す案について説明を受け,案のとおり議決した。

○運転免許の行政処分予定に対する請願書の受理と処理方針について
  運転免許の行政処分予定に対する請願書の受理とその処理方針案について説明を受け,案のとおり議決した。

○法定苦情の受理について
 公安委員会に申し出られた法定苦情を受理するとともに,その内容及び処理案について説明を受け,案のとおり議決した。

○法定苦情の処理について
 公安委員会で受理した法定苦情2件について,それぞれの調査結果及び苦情申出人に対する通知案の説明を受け,案のとおり議決した。

○ 運転免許の行政処分について
   運転免許の行政処分に関する意見聴取の結果等18件について説明を受け,案のとおり議決した。

【報告】

○警察本部の行事予定について(平成24年8月~10月)
 平成24年8月から10月までの3か月間における警察本部の行事予定について報告を受けた。

○警察安全相談取扱状況について(平成24年上半期)
  平成24年上半期における警察安全相談の受理件数,受理内容及び相談を端緒とした事件検挙等並びに新型機種の緊急通報装置について報告を受けた。
 委員から,「新型機種では,状況を話さなくても緊急時にリングを引くだけでパトカーが急行することが可能になるのか。」旨の発言があり,警察側から,「リングを引くだけで通信指令室に110番通報し,通話状態が保持されて現場の会話が聴取できる。また,被害対象者等に係る情報及び通報時の位置情報が通信指令室に表示されることから,迅速な対応が可能である。」旨の説明があった。

○第5回「警察改革の精神」の徹底等に向けた総合的な施策検討委員会の開催結果について
 警察庁が示した「警察改革の精神」の徹底のために実現すべき施策(案)につき,施策検討委員会で検討した結果等について報告を受けた。

○平成24年広島県夏の交通安全運動の実施結果について
 平成24年7月11日(水)から7月20日(金)までの10日間実施された「平成24年広島県夏の交通安全運動」の実施結果として,期間中の主な推進事項及び交通事故発生状況について報告を受けた。

○当面の警備情勢について
  当面の警備情勢として,広島県内で開催される行事の警護警備について報告を受けた。

○交通警察の諸課題について
 交通取締りに関する諸課題等について報告を受けた。