ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 広島県公安委員会 > 定例会議の開催概要(平成24年5月30日)

定例会議の開催概要(平成24年5月30日)

印刷用ページを表示する 掲載日:2012年6月8日

平成24年5月30日(水)

 定例会議では,次の事項などについて警察本部から説明,報告を受け,公安委員会としての意思決定を行いました。

【議題】

○犯罪被害者等給付金の支給裁定について
 犯罪被害者等給付金の支給等による犯罪被害者等の支援に関する法律に基づく遺族給付金の支給申請を受理し,所要の調査を実施した上での給付金支給裁定案について説明を受け,案のとおり議決した。
 委員から,「犯人未検挙の場合は,仮給付後概ね1年経過したあたりで本裁定を行い残りの給付金を支給するのが通常なのか。」旨の発言があり,警察側から,「犯人が検挙される見込みがあれば,犯人検挙まで本裁定を保留する場合もあるが,今回の事件は犯人未検挙で事件解決の見通しが立っていないことから,残りの給付金を支給するものである。」旨の説明があった。
 委員から,「申請者が高額所得者であっても給付金は出るのか。」旨の発言があり,警察側から,「所得に関係なく支給されるが,遺族給付金は犯罪被害者の収入によつて生計を維持していた被害者の子、父母等が,その他の子,父母等より優先される。」旨の説明があった。

○広島県留置施設視察委員会委員の任命(案)について
  広島県留置施設視察委員会委員の任期が,本年6月15日に満了することに伴い,警察本部長の推薦する6人の候補者について説明を受け,案のとおり任命する旨議決した。

○監査委員による定例監査に係る監査結果に対する措置状況について
  広島県監査委員からの定例監査の結果通知に基づき講じた措置を同監査委員に通知する案について説明を受け,案のとおり議決した。

○異議申立書の審理結果について
 放置駐車違反に基づく放置違反金の納付命令に対する異議申立事案について,審理官による審理結果及び決定案の説明を受け,案の一部を修正し議決した。

○ 広島県指定自動車学校協会記念誌への寄稿依頼について
   広島県指定自動車学校協会創立50周年の記念誌へ祝辞を寄稿することについて説明を受け,案のとおり議決した。

○行政処分(運転免許停止60日)の撤回について
 運転免許停止60日処分の撤回を決定する案について説明を受け,案のとおり議決した。

○自己情報開示請求書の受理について
  広島県個人情報保護条例に基づく公安委員会に対する自己情報開示請求書の受理について説明を受け,決裁した。

○法定苦情の処理について
 公安委員会で受理した法定苦情について,その調査結果及び苦情申出人に対する通知案の説明を受け,案のとおり議決した。

○運転免許の行政処分について
  運転免許の行政処分に関する意見聴取の結果等7件について説明を受け,案のとおり議決した。

○公安委員会関係の行事予定(案)について(平成24年6月~8月)
 平成24年6月から8月までの3か月間における公安委員会関係の行事予定(案)について説明を受け,了承した。

【報告】

○警察本部の行事予定について(平成24年6月~8月)
 平成24年6月から8月までの3か月間における警察本部の行事予定について報告を受けた。

○第2回「警察改革の精神」の徹底等に向けた総合的な施策検討委員会の開催状況について
 平成24年5月29日(火)に開催された第2回「警察改革の精神」の徹底等に向けた総合的な施策検討委員会において,第1回委員会で協議検討した基本プロセスの確認及び現在取組中の施策の進捗状況等の協議が行われたことについて報告を受けた。

○監察の実施状況等について
  平成24年6月4日(月),5日(火)の二日間,警察庁による総合監察を受監する予定であることなどについて報告を受けた。
 委員から,「総合監察では,公安委員会からどのような指摘又は指示を受けているかについても聞かれるのか。」旨の発言があり,警察側から,「監察項目の中にはないが,平素から公安委員会へ前向きに報告し,指摘等をいただいていることを報告する。」旨の説明があった。
 委員から,「総合監察は,全国同時に行われるのか。」旨の発言があり,警察側から,「警察庁は,4月から6月の第1四半期で全国都道府県警察本部の監察を実施する予定である。その結果を踏まえて,警察庁に設置されている「警察改革の精神」の徹底等に向けた総合的な施策検討委員会で今後の方針を検討することとなる。」旨の説明があった。

○サイバーテロ対策協議会の開催について
 平成24年6月7日(木)に開催されるサイバーテロ対策協議会の概要,出席者等について報告を受けた。
 委員から,「広島県における状況はどのようになっているのか。」旨の発言があり,警察側から,「国内外で標的型メールの攻撃により被害が発生している。広島県内では本年4月に広島県教育委員会が標的型メールの攻撃を受けウイルス感染しているが,情報の漏出はない。」旨の説明があった。

○新たな在留管理制度の導入に伴う入管法等改正法の施行について
 平成24年7月9日に施行される出入国管理及び難民認定法等の改正法に関し,改正に至った経緯,新たな在留管理制度の概要等について報告を受けた。
 委員から,「法改正によって警察業務がどう変わるのか。」旨の発言があり,警察側から,「現行法では在留期間が切れた不法残留者及び不法入国者でも外国人登録証明書の発行を受けることが可能であるなど不具合があった。しかし,改正法では外国人登録証明書が廃止され在留カードになり,不法入国者等には在留カードは交付されないため,不法入国者等の確認が容易になる。」旨の説明があった。

○広島県暴力団排除条例に基づく勧告の実施状況について
 平成24年5月28日に実施した広島県暴力団排除条例に基づく勧告について報告を受けた。