ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 広島県公安委員会 > 定例会議の開催概要(平成24年4月18日)

定例会議の開催概要(平成24年4月18日)

印刷用ページを表示する 掲載日:2012年4月27日

平成24年4月18日(水)

 定例会議では,次の事項などについて警察本部から説明,報告を受け,公安委員会としての意思決定を行いました。

【議題】

○大型自動車第二種免許教習に係る指定自動車教習所の指定について
  大型自動車第二種免許教習に係る指定自動車教習所の指定申請を受理し,指定基準への適合を認め,申請のとおり指定する案について説明を受け,案のとおり議決した。

○運転免許取消処分に対する請願書の受理と処理方針について
  運転免許取消処分に対する請願書の受理とその処理方針案について説明を受け,案のとおり議決した。

○審査請求書の受理及び審理官の指名について
 運転免許の停止処分に関する審査請求書を2件受理するとともに,審理に関する事務を補佐させる審理官を指名する案について説明を受け,案のとおり議決した。

○警察署協議会委員の解嘱及び委嘱について
  海田警察署長及び福山北警察署長からそれぞれ上申のあった各警察署協議会委員の解嘱及び補欠委員としての委嘱案について説明を受け,案のとおり議決した。

○公安委員会あて文書の処理について
 公安委員会あてに送付及び提出された文書の内容及びその処理案について説明を受け,案のとおり議決した。

○運転免許の行政処分について
  運転免許の行政処分に関する意見聴取の結果等16件について説明を受け,案のとおり議決した。

○監察の実施状況等について
  平成23年度第4四半期における監察の実施状況等についての説明を受け,了承した。
 委員から,「警察職員が交通事故を起こした場合,上司に自ら申し出るようになっているのか。」旨の発言があり,警察側から,「交通事故を起こしたら救護措置や警察への届け出等をした後,内部規定により速やかに所属長に報告するようになっている。」旨の説明があった。
 委員から,「私用中も勿論交通事故を起こさないように気を付けていただきたいが,公務中はより一層気を付けて運転していただきたい。」旨の発言があり,警察側から,「昨年来から公務中の交通事故がやや多く発生しているため,運転技能の指導を強化するとともに,気持ちの引締めを図っている。」旨の説明があった。

○流川・薬研堀地区の街頭防犯カメラシステムの運用状況について(平成24年1月~3月)
  平成24年1月から3月までの間における,流川・薬研堀地区に設置された街頭防犯カメラシステムの運用状況について説明を受け,了承した。

【報告】

○平成23年度の情報公開制度及び個人情報保護制度の運用状況について
 平成23年度における情報公開制度及び個人情報保護制度の運用状況として,開示請求件数,決定区分及び開示決定等に対する不服申立ての受理状況等について報告を受けた。
 委員から,「行政文書開示請求で約3万枚の対象文書を部分開示しているが,これに係る費用は誰が負担するのか。」旨の発言があり,警察側から,「開示請求者が文書の交付を求めた場合は1枚あたり10円のコピー代をいただくことになるが,この件については閲覧を希望したので請求者の負担はなく,県警察の負担となる。」旨の説明があった。

○「2012ひろしまフラワーフェスティバル」開催に伴う雑踏警備及び交通規制の実施について
 平成24年5月3日(木)から5日(土)までの3日間開催される「2012ひろしまフラワーフェスティバル」の行事概要,警備体制,交通規制計画等について報告を受けた。
 委員から,「最近,京都で,人が多くいるところで車が暴走した事案があった。また,以前にも秋葉原で同様のことがあったが,フラワーフェスティバルの歩行者天国はどのようにして車が入れないようにするのか。」旨の発言があり,警察側から,「必要な場所にカラーコン等を置き,警察官を配置して規制をする。」旨の説明があった。

○平成24年春の全国交通安全運動の実施結果について
  平成24年4月6日(金)から4月15日(日)までの10日間実施された「平成24年春の全国交通安全運動」の実施結果として,交通安全施策の主な推進事項及び期間中の交通事故発生状況等について報告を受けた。