ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 広島県公安委員会 > 定例会議の開催概要(平成23年9月28日)

定例会議の開催概要(平成23年9月28日)

印刷用ページを表示する 掲載日:2011年12月1日

平成23年9月28日(水)

 定例会議では,次の事項などについて警察本部から説明,報告を受け,公安委員会としての意思決定を行いました。

【議題】

○審査請求事案の諮問について
 警察本部長の行った行政文書開示請求に対する処分を不服とした審査請求事案について,広島県情報公開条例の規定に基づき,広島県情報公開・個人情報保護審査会に諮問する案について説明を受け,案のとおり議決した。

○審査請求事案の裁決について
 広島県情報公開条例に基づく行政文書開示請求に対する警察本部長の決定を不服とした審査請求事案について,裁決案の説明を受け,案の一部を修正し議決した。

○監査の実施について
 広島県代表監査委員から,監査の実施についての通知を受理したことについて報告を受け,決裁した。

○県単独補助金に係る監査の結果に対する措置状況について
 県単独補助金に係る監査の結果に対して講じた措置を広島県監査委員に通知する案について説明を受け,案のとおり議決した。

○文書等の管理に係る監査の結果に対する措置状況について
 文書等の管理に係る監査の結果に対して講じた措置を広島県監査委員に通知する案について説明を受け,案のとおり議決した。

○平成22年度包括外部監査の結果に対する措置状況について
 平成22年度包括外部監査の結果に基づき講じた措置を広島県監査委員に通知する案について説明を受け,案のとおり議決した。

○法定苦情の受理について
 公安委員会に申し出られた法定苦情を受理するとともに,その内容及び事実関係の調査等を警察本部長に指示する案について説明を受け,案のとおり議決した。

○法定苦情の処理について
 公安委員会で受理した法定苦情について,調査結果及び苦情申出人に対する通知案の説明を受け,案のとおり議決した。

○公安委員会あて文書の処理について
 公安委員会あてに送付された文書の内容及びその処理案について説明を受け,案のとおり議決した。

○運転免許の行政処分について
 運転免許の行政処分に関する意見聴取の結果等22件について説明を受け,案のとおり議決した。

○公安委員会関係の行事予定(案)について(平成23年10月~12月)
 平成23年10月から12月までの3か月間における公安委員会関係の行事予定(案)について説明を受け,了承した。

【報告】

○警察本部の行事予定について(平成23年10月~12月)
 平成23年10月から12月までの3か月間における警察本部の行事予定について説明を受けた。

○警察・商工労働委員会説明事項について
 平成23年9月30日(金)に開催予定の警察・商工労働委員会における警察本部からの説明事項等について報告を受けた。

○広島中央警察署十日市交番の完成について
 平成23年9月30日(金)に完成・引渡しを受けて,10月1日(土)からの執務開始を予定している広島中央警察署十日市交番の施設概要等について報告を受けた。
 委員から,「勤務員がパトロールに出て交番が無人になることはないのか。その場合,交番を訪ねた人が本署と連絡を取れるように案内はしてあるのか。」旨の発言があり,警察側から,「昼間は,交番相談員がいるので無人になることはほとんどない。夜間はパトロールに出て無人になることもあるが,電話で本署と連絡が取れるように案内を掲示してある。」旨の説明があった。
 委員から,「女性用仮眠室がある交番は,現在いくつあるのか。また,建て替え中は,どこかに移転していたのか。支障はなかったのか。」旨の発言があり,警察側から,「女性安全ステーションとして女性が勤務する交番が23交番あり,その内18交番に女性用仮眠室が整備されている。女性用仮眠室がない交番については本署等で仮眠している。今後新築される交番については,女性勤務員の執務環境を考慮したうえで整備されていくこととなる。」旨,「建て替え中は,近くの警備派出所に拠点を移して活動していたが,支障はなかった。」旨の説明があった。

○受動喫煙防止対策について
 受動喫煙防止対策として,その背景・経緯,警察庁舎における対策,警察車両での対策及び健康被害防止のための意識高揚等について報告を受けた。
 委員から,「警察署及び交番ではどのようにしているのか。」旨の発言があり,警察側から,「既に27警察署中23警察署では本署について建物内禁煙を実施している。実施していない警察署は建物内の一部を喫煙所としているものの,今後は駐車場等屋外で喫煙所を確保するなどし,建物内は禁煙の予定である。交番については,施設態様によっては建物内全面禁煙が困難なところもあるが,事務室など来訪者のある場所は禁煙としている。」旨の説明があった。

○WEB公開型犯罪情報システムの運用開始について
 平成23年10月1日(土)から運用開始するWEB公開型犯罪情報システムの目的,概要情報内容及び効果等について報告を受けた。
 委員から,「防犯ボランティアの方等から利用の感想を聞き,改善できる点は改善して,より使いやすいシステムにしていただきたい。」旨の発言があった。

○指名手配被疑者捜査強化月間の実施について
 平成23年11月1日(火)から11月30日(水)までの1か月間を指名手配被疑者捜査強化月間として,警察本部及び警察署に「指名手配被疑者捜査強化月間推進本部」を設置すること等について報告を受けた。
 委員から,「広島県指定重要指名手配被疑者2名の手配罪名は何か。」旨の発言があり,警察側から,「一人は傷害致死での手配であり,もう一人は常習の窃盗で手配している。広島県の指名手配21人の内この2人を重要指名手配としており,警察職員に関連情報を周知している。」旨の説明があった。

○道路交通法施行規則等の一部改正について
 平成24年4月1日に施行される道路交通法施行規則の一部改正により,聴覚障害者が運転できる車両の種類が拡大されること及び矢印信号に関する規定が整備されること,並びに,平成23年9月12日に施行された道路標識,区画線及び道路標示に関する命令の一部改正により,自転車一方通行の標識が新設されたことについて報告を受けた。
 委員から,「自転車の一方通行違反は罰則があるのか。」旨の発言があり,警察側から,「自転車も道路交通法上の軽車両であり,3月以下の懲役又は5万円以下の罰金がある。」旨の説明があった。

○客待ちタクシーの違法駐車解消に向けた社会実験の実施について
 平成23年10月11日(火)から10月24日(月)までの14日間で実施される客待ちタクシーの違法駐車解消に向けた社会実験について,実施機関・団体,区間及び検証項目等の報告を受けた。
 委員から,「駐停車禁止区間の客待ちタクシーを検挙することはできないのか。」旨の発言があり,交通部長から,「検挙することは可能であり,実際に検挙数も増えている。しかし,検挙だけでは違法駐車解消は困難であり,抜本的な改善を見い出すため実効ある社会実験にしたいと考えている。」旨の説明があった。
 委員から,「実験の時間帯を夜の2時間とした理由は何故か。」旨の発言があり,警察側から,「実験区間における違法駐車は,昼間は少なく夜間に集中する。路線バス運行中で違法駐車が多い時間帯を選定した。」旨の説明があった。

○右翼団体による公安条例違反(無届け)事件検挙について
 株主総会に伴い,右翼団体代表者ら4人が,反原発団体に対する抗議街宣のため,法定の除外事由がないにもかかわらず公安条例による申請を行わず,約3時間にわたり,街宣車3台を連ねて街宣行為をした公安条例違反事件の検挙について報告を受けた。
 委員から,「検挙したのは良い例になったと思うが,3時間も活動できたのは何故か。」旨の発言があり,警察側から,「まずは警告から始まり,警告すると街宣行為をやめるが,すぐまた始めるの繰り返しであった。道路交通法上の警告等を重ねて行うことにより,要許可行為である集団示威運動と認めたものであり,立証に時間を要した。」旨の説明があった。