ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 広島県公安委員会 > 定例会議の開催概要(平成23年7月6日)

定例会議の開催概要(平成23年7月6日)

印刷用ページを表示する 掲載日:2011年12月1日

平成23年7月6日(水)

 定例会議では,次の事項などについて警察本部から説明,報告を受け,公安委員会としての意思決定を行いました。

【議題】

○会計検査院による会計実地検査の受検結果について
 本年6月21日から6月23日までの間に,会計検査院により実施された会計実地検査の受検状況及び受検結果について報告を受け,決裁した。

○職務代行者の指定に関する同意について
 警察本部長に事故のあるとき又は欠けたときに,臨時にその職務を代行する者を警務部長に指定することの同意について説明を受け,案のとおり決裁した。

○審査請求書の受理及び審理官の指名について
 運転免許の停止処分に関する審査請求書を受理するとともに,審理に関する事務を補佐させる審理官を指名する案について説明を受け,案のとおり議決した。

○審査請求事案の処理について
 審査請求に係る行政文書開示請求却下決定の可否の再確認結果を審査請求人へ通知する案及び広島県情報公開・個人情報保護審査会に諮問していた審査請求事案について,同審査会からの答申を受理し,警察本部長に通知する案について説明を受け,案のとおり議決した。

○運転免許の行政処分について
 運転免許の行政処分に関する意見聴取の結果等31件について説明を受け,案のとおり議決した。

○監察の実施状況等について
 監察の実施状況等として,強制わいせつ被疑事件等により逮捕した事案の懲戒処分について説明を受け,了承した。
 委員から,「同じ志を持った仲間がこんなことになると,非常に残念であると思う。」旨の発言があった。

○公安条例専決処理状況について(平成23年6月中)
 平成23年6月中における公安条例の専決処理状況について説明を受け,これを了承した。

○援助要求専決処理状況について(平成23年6月中)
 岩手県公安委員会,宮城県公安委員会及び福島県公安委員会から東日本大震災に伴う警察職員の援助要求があり,当県警察職員を派遣したことについて,災害警備に対応するため緊急の措置を必要としたので,本部長専決とした旨説明を受け,了承した。

【報告】

○三原警察署久井警察官駐在所の完成について
 完成・引渡しを受け,執務を開始した三原警察署久井警察官駐在所の施設概要等について報告を受けた。
 委員から,「全県的に建替え・改修が必要な駐在所はいくらあるのか。また,その計画はどうなっているのか。」旨の発言があり,警察側から「耐用年数を過ぎた駐在所が36所あり,概ねであるが,年に2駐在所を新築し,3駐在所を改修している。」旨の説明があった。委員から,「駐在所は県内にどのくらいあるのか。」旨の発言があり,警察側から,「県内には142の駐在所がある。」旨の説明があった。

○インターネットを利用した組織的な児童ポルノ提供等事件の検挙について
 東京都内に拠点を置き,インターネットを利用して同業者及び児童ポルノマニアに児童ポルノDVD約657万枚を密売し,約4億円の利益を上げ,その約1割を暴力団に資金提供した事件の検挙について報告を受けた。
 委員から,「この事件はどのようなことが発端で分かったのか。また,この事件のほかにどのようなサイバー事件を検挙しているのか。」旨の発言があり,警察側から,「警察署の捜査員が,サイバーパトロール中に販売サイトを発見したことにより,事件検挙できた。この事件のほかに,フィッシング事件を検挙している。」旨,「フィッシング事件とは,企業等になりすました偽のホームページ等を使い,クレジット番号等の個人情報を不正に聞き出し,その個人情報等を詐欺等の犯罪に利用する事件である。」旨の説明があった。

○交通事故発生状況について(平成23年上半期)
 平成23年上半期における県内の交通事故発生状況,死者数の状況及び特徴等について報告を受けた。
 委員から,「昨年12月の高齢者の死者数が特に多いが,例年12月の死者数は多いのか。」旨の発言があり,警察側から,「高齢者の死者だけでなく,死者総数も例年12月は多くなっている。」旨,「高齢者の死者数は,去年前半は少なかったが,12月は異常に多くなった。その後も前年同期と比べ増加傾向が続いている。」旨の説明があった。委員から,「昨年広島県は,交通事故死者のうち,高齢者が占める割合が一番少なかった。今年も是非一番を目指してほしい。」旨の発言があった。

○東日本大震災に係る広島県警察の対応について
 東日本大震災発生に伴い特別派遣された各部隊の体制,派遣先,主な活動状況及び今後の派遣予定について報告を受けた。
 委員から,「精神的ストレスは,最初のころに派遣された者より少しは軽減されているのか。」旨の発言があり,警察側から,「最近は,被災地もかなり復興されており,情報も蓄積されていることなどから,以前のように精神的ストレスを抱えて帰ってくる者はいない。」旨の説明があった。

【特記事項】

 会議の冒頭で,平成23年7月9日付けで再任となる谷岡委員から,「本日,県知事から,委員2期目となる再任の辞令をいただいた。これまでの経験を踏まえ,公安委員会の任務を務めさせていただきたい。」旨の挨拶があった。