ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 広島県公安委員会 > 定例会議の開催概要(平成23年7月27日)

定例会議の開催概要(平成23年7月27日)

印刷用ページを表示する 掲載日:2011年12月1日

平成23年7月27日(水)

 定例会議では,次の事項などについて警察本部から説明,報告を受け,公安委員会としての意思決定を行いました。

【議題】

○広島県監査委員によるテーマ監査(書面調査)の受監について
 広島県代表監査委員から公安委員会あてに通知された,「備品・借受物品の調達・管理・処分等」をテーマとした監査の書面調査について,書面調査の実施方法等の説明を受け,決裁した。
 委員から,「備品・借受物品とはどんなものなのか。」旨の発言があり,警察側から,「備品は取得金額5万円以上の物品で会議用机などがあり,借受物品はパソコンやコピー機などのリース物件である。」旨の説明があった。委員から,「監査委員による監査は毎年受けているのか。」旨の発言があり,総務部長から,「テーマは違うが,毎年受けている。」旨の説明があった。

○人事案件について
 人事案件について説明を受け,案のとおり同意した。

○交通規制の改正について
 平成23年7月13日の定例会議で説明を受け審議中であった,最高速度規制の改正案1路線について,案のとおり議決した。

○「監査の行動ビジョン」の策定について
 広島県監査委員が今後の監査の中期的な運営指針として策定した「監査の行動ビジョン」の内容について説明を受け,決裁した。

○監査の結果について
 広島県監査委員から通知のあった監査の結果2件について報告を受け,決裁した。

○8.6平和記念式典に伴う行政訴訟に備えての指定代理人の指定について
 8・6平和記念式典に伴う行政訴訟に備えて指定代理人を指定する案について説明を受け,案のとおり議決した。

○保安関係行政処分取扱規程の一部改正について
 犯罪による収益の移転防止に関する法律の一部改正に伴い,保安関係行政処分取扱規程の一部を改正する案について説明を受け,案のとおり議決した。

○異議申立書の審理結果について
 放置駐車違反に基づく放置違反金の納付命令に対する異議申立事案について,審理官による審理結果及び決定案の説明を受け,案のとおり議決した。

○情報公開決定に対する審査請求書の受理等について
 広島県情報公開条例に基づく行政文書開示請求に対する警察本部長の決定を不服とした審査請求書を受理するとともに,警察本部長に再検討を通知する案について説明を受け,案のとおり議決した。

○法定苦情の受理について
 公安委員会に申し出られた法定苦情2件を受理するとともに,内容及び事実関係の調査等を警察本部長に指示する案について説明を受け,案のとおり議決した。 

○法定苦情の処理について
 公安委員会で受理した法定苦情について,調査結果及び苦情申出人に対する通知案の説明を受け,案のとおり議決した。

○運転免許の行政処分について
 運転免許の行政処分に関する意見聴取の結果等34件について説明を受け,案のとおり議決した。

○公安委員会関係の行事予定(案)について(平成23年8月~10月)
 平成23年8月から10月までの3か月間における公安委員会関係の行事予定(案)について説明を受け,了承した。

【報告】

○警察本部の行事予定について(平成23年8月~10月)
 平成23年8月から10月までの3か月間における警察本部の行事予定について説明を受けた。

○施策の体系化(治安)について
 「ひろしま未来チャレンジビジョン」における各領域の目標を達成するため,取組の方向をワークとして具体化し,関連事業を体系化することに際し,治安領域においては,平成23年広島県警察運営重点及び「なくそう犯罪」ひろしま新アクション・プランをワークとし,警察本部の49事業をワーク関連事業として体系化するとともに,ワーク成果指標・目標を数値設定したことなどについて報告を受けた。
 委員から,「これは,平成24年の施策に反映させるためのものなのか。平成23年の方針・目標は変わらないのか。」旨の発言があり,警察側から,「県警察の方針に変わりはない。県では,先にビジョンを作り施策を推進し,遡って新たな指標を立てる方法を認めており,現在進めている事業を体系化し,指標を通じて途中経過をチェックしたうえ,来年度の事業に反映させるものである。」旨の説明があった。委員から,「部下職員に,警察運営重点推進項目の重点版との整合性等を教養していただきたい。」旨の発言があった。

○遺失物の管理に係る緊急点検の実施結果について
 遺失物業務に従事していた職員による窃盗事案が発生したことを受け,警察本部から各警察署に指示した拾得物品の現物点検実施結果について,報告を受けた。

○監察の実施状況等について
 監察の実施状況等として,当県警察官による酒気帯び運転容疑で調査していた事案の懲戒処分について報告を受けた。

○予防監察推進委員会及び同幹事会の開催状況について
 懲戒免職となった若手職員による強制わいせつ・窃盗事案等を受け,再発防止対策等の協議を目的に開催された,予防監察推進委員会及び同幹事会の開催状況について報告を受けた。
 委員から,「再発防止対策は,今までやってきた方法と変わってきているのか。」旨の発言があり,警察側から,「今まで主として部門ごとで協議してきたことを,総合的に協議していくところが大きな変更点である。」旨の説明があった。委員から,「総花的に全員を対象にするのではなく,今までやってきた防止対策の中から要点を絞り込んでいくということはないのか。」旨の発言があり,警察側から,「今回の場合は,若い一般職員による非違事案を受けての協議であり,そうした意味では要点を絞り込んでいる。」旨の説明があった。

○フィッシングによる不正アクセス禁止法違反及びクレジットカード情報不正使用詐欺等事件の検挙について
 大手ポータルサイトを騙った偽のログイン画面を使ったフィッシングにより,約2万人分の他人のID,パスワード及びクレジットカード情報を不正に入手し,IDを転売,カード情報を使って電化製品等を騙し取るなどにより約9,000万円の不法な利益を上げていた事件の検挙について報告を受けた。

○上半期の窃盗犯業務推進結果について
 上半期の窃盗犯業務推進結果として,6月に実施した窃盗犯捜査強化月間の結果,上半期の全窃盗犯認知・検挙状況及び重要窃盗犯認知・検挙状況等について報告を受けた。

○「広島県暴力団排除条例」の運用状況等について
 平成23年4月1日に施行となった広島県暴力団排除条例の周知状況,運用状況及び市町の条例制定状況について報告を受けた。

○平成23年広島県夏の交通安全運動の実施結果について
 平成23年7月11日(月)から7月20日(水)までの10日間実施された「平成23年広島県夏の交通安全運動」の実施結果として,期間中の主な取組及び交通事故発生状況について報告を受けた。
 委員から,「期間中の死亡事故は,交通量の多い都市部より山間部の方で発生しているのではないか。」旨の発言があり,警察側から「確かに地域的に偏ることもあるが,事故の発生場所,時間帯等幅広く要因を分析して,交通安全対策を進めていく。」旨の説明があった。

○8.6大会に伴う警察措置について
 平成23年8月6日に開催される「被爆66周年広島市原爆死没者慰霊式並びに平和祈念式」に伴う警備方針,警備体制及び指揮体制について報告を受けた。

○東日本大震災に係る広島県警察の対応について
 東日本大震災発生に伴い特別派遣された各部隊の体制,派遣先,主な活動状況及び8.6警備終了までは派遣がないことについて報告を受けた。

【特記事項】

 報告案件に引き続き,水野委員長が,平成23年7月15日(金)に開催された全国公安委員会連絡会議(代表者会議)に出席した状況について説明した。