ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 広島県公安委員会 > 定例会議の開催概要(平成23年6月1日)

定例会議の開催概要(平成23年6月1日)

印刷用ページを表示する 掲載日:2011年12月1日

平成23年6月1日(水)

 定例会議では,次の事項などについて警察本部から説明,報告を受け,公安委員会としての意思決定を行いました。

【議題】

○犯罪被害者等給付金の支給裁定について
 犯罪被害者等給付金の支給等による犯罪被害者等の支援に関する法律に基づく遺族給付金の支給申請を受理し,所要の調査を実施した上での給付金支給裁定案について説明を受け,案のとおり議決した。

○広島県留置施設視察委員会委員の任命(案)について
 広島県留置施設視察委員会委員の任期が,本年6月15日に満了することに伴い,警察本部長の推薦する6人の候補者について説明を受け,案のとおり任命する旨議決した。

○監査の実施について
 広島県代表監査委員から,監査の実施についての通知を受理したことについて報告を受け,決裁した。

○異議申立書の受理及び審理官の指名について
 更新時に交付した運転免許証の区分に関する異議申立書を受理するとともに,審理に関する事務を補佐させる審理官を指名する案について説明を受け,案のとおり議決した。

○異議申立書の審理結果について
 更新時に交付した運転免許証の区分に関する異議申立事案について,審理官による審理結果及び決定案の説明を受け,案のとおり議決した。

○法定苦情の処理について
 公安委員会で受理した法定苦情について,調査結果及び苦情申出人に対する通知案の説明を受け,案のとおり議決した。

○運転免許の行政処分について(運転教育課聴聞官)
 運転免許の行政処分に関する意見聴取の結果等14件について説明を受け,案のとおり議決した。

○地域安全推進指導員及び職域安全推進連絡員の委嘱について
 「減らそう犯罪」ひろしま安全なまちづくり推進条例に定める地域安全推進指導員及び職域安全推進連絡員(以下「指導員等」という。)の任期満了に伴い,地域安全推進指導員及び職域安全推進連絡員の委嘱等に関する規程に基づき,平成23年6月1日から2年間の任期となる指導員等の委嘱を行ったことについて説明を受け,了承した。
 委員から,「男女比率が偏っているが,男性の方が適しているのか。意図的に女性を入れていないのか。」旨の発言があり,警察側から,「規程により人格及び行動について社会的信望を有し,犯罪防止活動に必要な熱意,識見及び時間的余裕を有すること等の要件を満たした方が推薦されており,その結果男性が多くなったもので,意図的に女性を入れていないわけではない。」旨の説明があった。委員から,「これらの指導員等の他に,様々な防犯ボランティアの方がいるが,任務や活動の区別はできているのか。」旨の発言があり,警察側から,「指導員等の方には,最低でも年1回は集まっていただき,犯罪情勢等について講習や情報提供をしている。」旨,「指導員等の方には,各種防犯ボランティアの方の取りまとめなどリーダー的な活動をしていただくものと認識している。集まっていただきリーダーとしての研修をすることとしており,ご指摘を踏まえ,多岐にわたる防犯ボランティアの把握を行うとともに,円滑な連携が行われるよう配意していきたい。」旨の説明があった。

【報告】

○平成23年広島県議会6月定例会の会期日程について
 平成23年5月26日の議会運営委員会により決定された平成23年広島県議会6月定例会の会期日程について報告を受けた。

○監察の実施状況等について
 監察の実施状況等として,当県警察職員を強制わいせつ被疑事件により逮捕した事案について報告を受けた。

○平成23年春の叙勲等受章者の決定等について
 平成23年春の叙勲等の受章者及びそれぞれの伝達式の日程等について報告を受けた。

○広島県緊急雇用対策基金事業「信号柱劣化状況調査事業」業務の実施について
 平成23年度における広島県緊急雇用対策基金事業として,目視では確認できないコンクリート製信号柱の内部の劣化,損傷に起因する倒壊事故の未然防止を図るため,「信号柱劣化状況調査事業」業務を委託実施することについて報告を受けた。
 委員から,「今回が初めての調査か。異常があった場合はすぐ対応できるのか。」旨の発言があり,警察側から,「昨年9月に信号柱が折損,傾斜する事案があり,緊急に調査をしたが,今回は事業として広く調査するものである。また,倒壊等の危険性が見つかれば早急に対応する。」旨の説明があった。

○東日本大震災にかかる広島県警察の対応について
 東日本大震災に伴い特別派遣された各部隊の体制,派遣先,主な活動状況及び今後の派遣予定について報告を受けた。