ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 広島県公安委員会 > 定例会議の開催概要(平成23年3月2日)

定例会議の開催概要(平成23年3月2日)

印刷用ページを表示する 掲載日:2011年12月1日

平成23年3月2日(水)

 定例会議では,次の事項などについて警察本部から説明,報告を受け,公安委員会としての意思決定を行いました。

【議題】

○犯罪被害者等給付金支給裁定について
 犯罪被害者等給付金の支給等による犯罪被害者等の支援に関する法律に基づく遺族給付金の支給申請を受理し,所要の調査を実施した上での給付金支給裁定案について説明を受け,案のとおり議決した。

○犯罪被害者等給付金(仮給付金)の支給について
 犯罪被害者等給付金の支給等による犯罪被害者等の支援に関する法律に基づく遺族給付金の支給申請を受理し,仮給付金を支給する案について説明を受け,案のとおり議決した。
 委員から,「給付金支給の事務に際して,受給者の資格や順位については,遺族の間でトラブルがないよう確実に確認していただきたい。」旨の発言があり,警察側から,「法に定める順位に基づき,申請の時点でよく確認し,遺族の方にも説明しながら事務を進めているところである。引き続き,適切な事務に努めたい。」旨の説明があった。

○広島県暴力団排除条例の施行に伴う公安委員会規則の制定について
 平成23年2月23日の定例会議で説明を受け審議中であった,広島県暴力団排除条例施行規則の制定及び関係規則を一部改正する案について,案のとおり議決した。

○異議申立書の審理結果について
 放置違反金の納付命令及び督促に対する異議申立事案について,審理官による審理結果及び決定案の説明を受け,案のとおり議決した。

○異議申立書の受理及び審理官の指名について
 更新時に交付した運転免許証の区分に関する異議申立書を受理するとともに,審理に関する事務を補佐させる審理官を指名する案について説明を受け,案のとおり議決した。

○異議申立書の審理結果について
 更新時に交付した運転免許証の区分に関する異議申立事案2件について,審理官によるそれぞれの審理結果及び決定案の説明を受け,案のとおり議決した。

○法定苦情の受理について
 公安委員会に申し出られた法定苦情を受理するとともに,その内容及び事実関係の調査等を警察本部長に指示する案について説明を受け,案のとおり議決した。

○法定苦情の処理について
 公安委員会で受理した法定苦情について,その処理結果及び苦情申出人に対する通知案の説明を受け,案のとおり議決した。

○運転免許の行政処分について
 運転免許の行政処分に関する意見聴取の結果等25件について説明を受け,案のとおり議決した。

○人事案件について
 人事案件2件について説明を受け,案のとおり了承及び同意した。

【報告】

○年頭視閲式等のあり方について
 年頭視閲式等のあり方として,従来の経緯,所属長等に対するアンケート結果及び今後の対正について報告を受けた。 
 委員から,「アンケート結果だけを見ると,再開すべきという回答が圧倒的に多いとまでは言えず,微妙なパーセンテージだと感じる。」旨,「平成21年度に年頭部隊訓練の検討をされた際,職員の事務負担軽減や経費削減の観点から,思い切って廃止するというものであった。その後,一部で再開を望む声もあったと聞いているが,もし,再開するとすれば,予算を少なくするとか,準備にも負担がかかり過ぎないようにするなどの工夫が必要だと感じる。以前のまま再開ということでは説明できないのではないか。」旨の発言があり,警察側から,「今回の報告は中間報告的にさせていただいたが,今後,アンケート結果等を踏まえ,再開するのであれば,予算や事務負担面を勘案しながら,県民の理解と協力が得られ,職員の士気高揚が図られるような新たな形を検討していきたい。」旨の説明があった。

○(仮称)佐伯警察署の整備基本計画(詳細設計)について
 (仮称)佐伯警察署の整備基本計画(詳細設計)として,建設規模,庁舎諸室配置,特徴,総事業費及び今後の整備スケジュールについて報告を受けた。 

○子ども対象・暴力的性犯罪出所者の再犯防止措置制度の見直しについて
 子ども対象・暴力的性犯罪出所者の再犯防止措置制度が見直され,本年4月1日から実施されることについて報告を受けた。
 委員から,「この種事案の再犯者が所在不明になる問題に関して,確実な所在確認を行っていくのであれば,GPS等を活用したシステムが必要となってきているのではないか。」旨の発言があり,警察側から,「GPSを活用した所在確認は,諸外国の一部で実施され,他県では条例化の検討もなされているところであるが,今回の制度見直しにより,訪問による確認に加え,必要な場合には同意を得た上で面談を行うなど,現状よりも踏み込んだ対策になっており,この制度を推進していきたい。」旨の説明があった。

○指定暴力団三代目俠道会の第7回指定について
 暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律に基づく指定暴力団三代目俠道会の第7回指定について報告を受けた。

○ハイジャック対処訓練の実施について
 航空機が強取される緊急事態の発生に際し,迅速・的確な部隊運用及び警察措置をとり得るよう,実戦的なハイジャック対処訓練を実施することについて報告を受けた。

○行政文書開示請求に対する条例適用外決定について
 広島県情報公開条例に基づく行政文書開示請求の概要及び決定区分について報告を受けた。