ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 広島県公安委員会 > 定例会議の開催概要(平成23年2月9日)

定例会議の開催概要(平成23年2月9日)

印刷用ページを表示する 掲載日:2011年12月1日

平成23年2月9日(水)

 定例会議では,次の事項などについて警察本部から説明,報告を受け,公安委員会としての意思決定を行いました。

【議題】

○交番その他の派出所及び警察官駐在所の名称、位置及び所管区等に関する規則の一部改正について
 東広島市河内町及び三原市幸崎町の一部で,地番表示が住居表示に変更されたことに伴い,交番その他の派出所及び警察官駐在所の名称、位置及び所管区等に関する規則の一部を改正する案について説明を受け,案のとおり議決した。

○人事案件について
 人事案件について説明を受け,案のとおり同意した。

○異議申立書の受理及び審理官の指名について
 道路交通法に基づく放置違反金の納付命令に対する異議申立書を受理するとともに,審理に関する事務を補佐させる審理官を指名する案について説明を受け,案のとおり議決した。

○異議申立書の審理結果について
 放置駐車違反に基づく放置違反金の納付命令に対する異議申立事案について,審理官による審理結果及び決定案の説明を受け,案のとおり議決した。

○法定苦情の受理について
 公安委員会に申し出られた法定苦情3件を受理するとともに,それぞれの内容及び事実関係の調査等を警察本部長に指示する案について説明を受け,案のとおり議決した。

○運転免許の行政処分について
 運転免許の行政処分に関する意見聴取の結果等44件について説明を受け,案のとおり議決した。

○監察の実施状況等について
 監察の実施状況等として,平成22年度第3四半期における,中国管区警察局長による総合・随時監察の受監結果及び警察本部長による総合・随時監察の実施状況について説明を受け,了承した。
 委員から,「指摘事項の再発防止を図るには,その発生要因を見極め,それを解消するよう対処する必要がある。一方で,再発防止のために,従来よりも新たな業務を付加していけば,本来的な業務ではない部分の事務がますます増えてしまうということにもなりかねない。こうした全体的な面を考慮しつつ,改善策の内容も工夫しながら進めていただきたい。」旨の発言があった。

○公安委員会事務の専決処理状況について(平成22年中)
 平成22年中における公安委員会事務の専決処理状況として,風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律,警備業法,銃砲刀剣類所持等取締法及び火薬類取締法に基づく各種許可等の生活安全部関係専決処理状況並びに道路交通法に基づく交通規制の決定,運転免許証の交付,法定講習の実施及び申請による運転免許取消等の交通部関係専決処理状況について説明を受け,了承した。

○公安条例専決処理状況について(平成23年1月中)
 平成23年1月中における公安条例の専決処理状況について説明を受け,了承した。

【報告】

○広島県警察音楽隊発足60周年記念「第100回昼のコンサート」開催について
 本年は,当県警察音楽隊発足60周年となり,同音楽隊が昭和50年から開催している「昼のコンサート」が通算100回となることから,平成23年2月16日(水)に記念演奏会を開催することについて報告を受けた。

○平成23年度組織編成の考え方について
 平成23年度組織編成の基本的な考え方及び重点施策等への対応について報告を受けた。
 委員から,「長期未解決事件捜査体制の整備ということで新たな係も検討されているが,捜査も長期化していけば,係員のモチベーション維持は大変な場合もあろうかと思う。そうした面のケアにも配慮していただきたい。」旨の発言があり,警察側から,「人事的な面も含め,御指摘の点について配慮していきたい。」旨の説明があった。

○平成22年の推進項目(重点版)の推進結果について
 平成22年中における運営重点に係る推進項目(重点版)の推進結果について報告を受けた。
 委員から,「この推進項目(重点版)には,取組意欲を高めるという趣旨で,できる限り目標値を設定するという方針は大変素晴らしいことだと思っている。一方で,施策の基本は中身であり,実際の活動に中身が伴っていなければならない。数値ばかりにとらわれないように,今後,各項目の評価をされる際には,そうした面にも十分に配慮していただきたい。」旨の発言があった。

○平成23年度広島県警察術科大会の開催について
 平成23年度における当県警察術科大会の実施方針,開催予定日及び場所等について報告を受けた。
 委員から,「今後の留意事項として説明のあった,訓練員の底辺拡大ということは大切なことだと思う。大会における順位もさることながら,底辺拡大の工夫もしながら進めていただきたい。」旨の発言があった。

○警察安全相談取扱状況について(平成22年中)
 平成22年中における警察安全相談の受理件数,相談を端緒とした事件検挙及び効果的な対応事例等について報告を受けた。

○信号機の整備状況について
 信号機の整備状況として,信号機ストック数の推移,新設基数の推移,信号灯器のLED化,老朽化対策及び維持経費の状況について報告を受けた。

○通信指令システムのバックアップ構成について
 通信指令システムのバックアップ構成について報告を受けた。

【特記事項】

 報告案件に引き続き,警察本部長から,警察庁で開催された本部長招致検討会における協議概要等について報告があった。