ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 広島県公安委員会 > 定例会議の開催概要(平成23年12月21日)

定例会議の開催概要(平成23年12月21日)

印刷用ページを表示する 掲載日:2011年12月28日

平成23年12月21日(水)

 定例会議では,次の事項などについて警察本部から説明,報告を受け,公安委員会としての意思決定を行いました。

【議題】

○信号機の新設について 
 信号機の新規設置案3交差点について説明を受け,審議した。

○最高速度の新規・改正・廃止について
 最高速度規制の新規指定案16区間,改正案4区間及び廃止案1区域・1区間について説明を受け,審議した。
 委員から,「バイパス本線の速度規制が時速60キロで,バイパスに接続されたランプウエイの規制が時速40キロの場合,どこで時速40キロから時速60キロに加速するのか。また,規制速度が時速50キロから時速40キロに変わる境目の標識は分かりやすく設置してあるか。」旨の発言があり,警察側から,「ランプウエイの速度規制が終了した地点から先に,加速するための車線が設けてあるので,そこである程度の加速をして本線に流入することになる。また,規制速度が変わる境目には標識を明示してある。」旨の説明があった。


○犯罪被害者等給付金の支給裁定について
 犯罪被害者等給付金の支給等による犯罪被害者等の支援に関する法律に基づく遺族給付金の支給申請を受理し,所要の調査を実施した上での給付金支給裁定案について説明を受け,案のとおり議決した。
 委員から,「犯罪被害者給付金は弔慰金的な性格のものか。また,遺族給付金を申請できるのは,被害者とどこまでの関係の者か。」旨の発言があり,警察側から,「犯罪被害者給付金は,弔慰金的な性格もあるが,弔慰金だけでなく被害者本人に対しても支給される場合もある。遺族給付金を申請できる者は,犯罪被害者の配偶者,子,父母,孫,祖父母及び兄弟姉妹である。」旨の説明があった。


○警備業法及び探偵業法に基づく行政処分の公表に関する規則の制定について
 平成23年12月14日の定例会議で説明を受け審議中であった,警備業及び探偵業法に基づく行政処分の公表に関する規則を制定する案について,案のとおり議決した。


○審査請求事案の処理について
 広島県情報公開・個人情報保護審査会に諮問中となる審査請求事案に関し,審査請求人から審査請求の取下げ書を受理し,同審査会に諮問の取下げを通知する案について説明を受け,案のとおり議決した。


○異議申立書の審理結果について
 放置駐車違反に基づく放置違反金の納付命令に対する異議申立事案について,審理官による審理結果及び決定案の説明を受け,案の一部を修正し議決した。


○「高速自動車国道中国縦貫自動車道における交通の取締り等に関する警察官の職権行使の協定について」等の一部改正について
 警察法の規定に基づき島根県公安委員会及び山口県公安委員会と締結している「高速自動車国道中国縦貫自動車道における交通の取締り等に関する警察官の職権行使についての協定」等の一部を改正する案の説明を受け,案のとおり議決した。


○公安委員会あて文書の処理について
 公安委員会あてに送付された文書の内容及びその処理案について説明を受け,案のとおり議決した。


○運転免許の行政処分について
 運転免許の行政処分に関する意見聴取の結果等45件について説明を受け,案のとおり議決した。


○「第17回全国都道府県対抗男子駅伝競走大会」の交通対策について
 平成24年1月22日(日)に開催される「第17回全国都道府県対抗男子駅伝競走大会」における交通規制計画,体制及び交通混雑緩和対策について説明を受け,これを了承した。
 委員から,「交通規制に当たる警察官に,丁寧でスマートな応対をお願いする。」旨の発言があり,警察側から,「大会までに指揮官会議等があるので,指導教養を徹底する。」旨の説明があった。

【報告】

○風俗関係事犯等取締り強化期間の取組結果について 
 平成23年10月1日(土)から11月30日(水)までの2か月間実施された風俗関係事犯取締り強化期間における風俗関係事犯の検挙状況等について報告を受けた。


○「広島県歓楽的雰囲気を過度に助長する風俗案内の防止に関する条例」改正案の検討について
 「広島県歓楽的雰囲気を過度に助長する風俗案内の防止に関する条例」に,営業禁止地域の設定,名義貸し禁止規定の新設及び禁止行為の追加等を盛り込んだ一部改正案の検討を進めていることについて報告を受けた。
 委員から,「風俗案内所は認可制か,届出制か。」旨の発言があり,警察側から,「届出制である。」旨の説明があった。
 委員から,「慎重に検討することは重要であるが,できる限りすみやかに進めていただきたい。」旨の発言があり,警察側から,「営業禁止地域の設定については,既に営業している案内所の既得権の問題もあることなどから,県等関係機関としっかり検討するとともに,できる限り早期に改正案をまとめていく。」旨の説明があった。


○「110番の日」イベントの実施について
 平成24年1月9日(月)広島駅南口地下イベント広場において,110番の正しい利用及び各署相談窓口等の利用について広く周知する目的で実施される「110番の日」イベントの概要等について報告を受けた。


○シートベルトの着用状況調査結果等について
 平成23年10月1日(土)から10月10日(月)までの間,日本自動車連盟(JAF)と合同により実施された,シートベルト着用状況に関する全国一斉調査の結果として一般道及び高速道の着用率,着用効果等,装着義務違反取締り状況並びに今後の対策について報告を受けた。
 委員から,「高速道路における後部座席の着用率が,昨年と比べて低下しているのが気になる。全国平均を上回るように活動していただきたい。」旨,「後部座席の着用については,着用の義務化を知らない人が多くおり,後部座席着用の広報が必要であると思う。」旨の発言があり,警察側から,「運転席,助手席についてはかなり周知されてきたが,今後は,さらに後部座席についてのシートベルト着用効果を広報するなどして,その着用率を向上させていく。」旨の説明があった。


○無線中継所の新設について
 広島県北部地域の県内系無線の通信状況改善及び中国横断自動車道尾道松江線間の高速系無線の整備を目的に無線中継所が新設され,平成24年1月中旬に試験運用開始予定であることについて報告を受けた。


○行政訴訟事件の勝訴判決について
 運転免許更新をめぐる決定処分取消請求事件及び運転免許取消処分取消請求事件の判決概要について報告を受けた。


○広島県暴力団排除条例違反に係る勧告の実施状況について
 平成23年12月16日に実施した暴力団排除条例違反に係る勧告2件について報告を受けた。

【特記事項】

 定例会議終了後,放置違反金制度の概要及び放置違反金滞納対策の現状等について,事務担当者から報告を受けた。