ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 広島県公安委員会 > 定例会議の開催概要(平成23年11月2日)

定例会議の開催概要(平成23年11月2日)

印刷用ページを表示する 掲載日:2011年12月1日

平成23年11月2日(水)

 定例会議では,次の事項などについて警察本部から説明,報告を受け,公安委員会としての意思決定を行いました。

【議題】

○審査請求事案の裁決について 
広島県情報公開条例に基づく行政文書開示請求に対する警察本部長の決定を不服とした審査請求事案について,裁決案の説明を受け,案の一部を修正し議決した。

○永年勤続(30年勤続)警察職員家族への公安委員会感謝状授与について 
 広島県公安委員会表彰規程に基づき,永年勤続(30年勤続)警察職員表彰受賞者の家族に
対して感謝状を授与する案について説明を受け,案のとおり議決した。

○臨時適性検査を行う医師の認定について 
 道路交通法の規定に基づき,統合失調症等精神障害及びアルコール依存に係る専門医8名並びにてんかんに係る専門医4名を新規に認定する案について説明を受け,案のとおり議決した。

○異議申立書の受理及び審理官の指名について 
 更新時に交付した運転免許証の区分に関する異議申立書を受理するとともに,審理に関する事務を補佐させる審理官を指名する案について説明を受け,案のとおり議決した。

○異議申立書の受理及び審理官の指名について 
 運転免許の取消処分に対する異議申立書を受理するとともに,審理に関する事務を補佐させる審理官を指名する案について説明を受け,案のとおり議決した。

○法定苦情の処理について 
 公安委員会で受理した法定苦情について,調査結果及び苦情申出人に対する通知案の説明を受け,案のとおり議決した。

○公安条例専決処理状況について(平成23年10月中) 
 平成23年10月中における公安条例の専決処理状況について説明を受け,了承した。

○援助要求専決処理状況について(平成23年10月中) 
 福島県公安委員会から東日本大震災に伴う警察職員の援助要求があり,当県警察職員を派遣したことについて,災害警備に対応するため緊急の措置を必要としたので,本部長専決とした旨説明を受け,了承した。

【報告】

○平成23年人事委員会の給与等に関する報告及び勧告の概要について 
 平成23年10月28日,広島県人事委員会による職員の給与等に関する報告及び給与改定に関する勧告が行われたことに関し,給与勧告のポイント及び人事行政における当面の諸課題について報告を受けた。

○広島県警察職員の健康実態について 
 広島県警察職員の健康実態として,長期療養者の状況,生活習慣病の減少理由及び今後の対応等について報告を受けた。
 委員から,「長期療養者数の中には,数年に渡り重複して同じ人がカウントされている場合もあるのか。また,勤務環境により特別な健康診断を実施しているのか。」旨の発言があり,警察側から,「重複者も含まれており,数年に渡り連続して療養している者もいれば,30日以上の休務と復帰を繰り返している者もいる。また,深夜業務従事者等については,通常の人間ドックに加えて職務環境に応じた検診も実施しており,異常があれば再検査,精密検査を受診するよう指導している。」旨の説明があった。

○「広島県民の警察官」受賞者の決定及び表彰式について 
 産経新聞社・テレビ新広島が提唱し,今年で50回目となる「広島県民の警察官」表彰の受賞者が決定され,12月2日(金)に表彰式が開催されることについて報告を受けた。
 委員から,「警察官に対する部外からの表彰は他にもあるのか。表彰の基準はどのようになっているのか。」旨の発言があり,警察側から,「定期的に表彰されているのはこれだけである。表彰の基準は,県民の安全な生活を守るため地域に根付いた活動をしていることが主とした基準である。」旨の説明があった。