ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 広島県公安委員会 > 定例会議の開催概要(平成23年11月16日)

定例会議の開催概要(平成23年11月16日)

印刷用ページを表示する 掲載日:2011年12月1日

平成23年11月16日(水)

 定例会議では,次の事項などについて警察本部から説明,報告を受け,公安委員会としての意思決定を行いました。

【議題】

 ○信号機の新設について 
 信号機の新規設置案6交差点について説明を受け,審議した。
 委員から,「計画に対して,信号機新設の進捗状況はいかがか。」旨の発言があり,警察側から,「年度の計画に対して半数以上が設置完了している。今後も順次道路整備の状況等,現場を見ながら年度内に設置を進めていく。」旨の説明があった。

○最高速度の新規指定及び改正について 
 最高速度規制の新規指定1区域及び改正案5区間について説明を受け,審議した。
 委員から,「ゾーン規制とは,今後住宅団地ができた段階で団地内を時速30キロに規制するということか。」旨の発言があり,警察側から,「ゾーン規制は,今後の生活道路対策として全国的に推進していこうとするものであり,まず住宅団地内等のエリアについて,必要であれば時速30キロに規制して安全な環境を確保するものである。その後,道路環境や通過交通等を勘案して,必要な区間については規制を時速40或いは50キロと緩和していくこともあり得る。」旨の説明があった。
 委員から,「道路に段差を設けてスピードが出せないようにすれば効果があると思う。」旨の発言があり,警察側から,「最高速度規制や駐車禁止規制等については,公安委員会独自の規制となるが,道路の段差やL字構造等については,道路管理者等によるものであり,今後とも,必要性を考慮しながら安全な道路環境づくりに配意していく。」旨の説明があった。

○審査請求事案の処理について 
 広島県情報公開・個人情報保護審査会に諮問していた審査請求事案について,警察本部長から理由説明書を受理し,同審査会に通知する案について説明を受け,案のとおり議決した。

○審査請求書の受理及び審理官の指名について 
 運転免許の停止処分に関する審査請求書を受理するとともに,審理に関する事務を補佐させる審理官を指名する案について説明を受け,案のとおり議決した。

○審査請求書の審理結果について 
 運転免許の停止処分に対する審査請求事案について,審理官による審理結果及び裁決案の説明を受け,案の一部を修正し議決した。

○公安委員会あて文書の処理について 
 公安委員会あてに送付された文書2案件の内容及びその処理案について説明を受け,それぞれ案のとおり議決した。

○運転免許の行政処分について 
 運転免許の行政処分に関する意見聴取の結果等21件について説明を受け,案のとおり議決した。

○中国管区警察局長による第2四半期の総合・随時監察の受監結果について 
 中国管区警察局長による第2四半期の総合・随時監察の受監結果として,極めて良好と認められた事項,指摘事項及び改善措置等について説明を受け,了承した。
 委員から,「指摘事項として,被留置者金品出納簿の区分及び現金出納簿の支払金額に誤記載が認められたということだが,平素の業務においてもチェックしているのではないか。また,チェックにより誤記載に気づいた場合にも,きちんと上司に報告がされているか。」旨の発言があり,警察側から,「今回の件は,監察当日に作成された書類に誤記載があり,チェック前に監察官が誤記載を発見したものである。金品出納の際は看守監督者が立会してチェックがなされるし,誤記載があった場合も決裁を受けることにより上司に報告される。」旨,「作成された文書は公文書であるから,他のものと差し替えたりすると犯罪を構成することになる。したがって,修正された文書が決裁に上がっていくこととなり,必然的に報告されることとなる。」旨の説明を受けた。

○警察本部長による随時監察の実施結果について 
 警察本部長による随時監察の実施結果として,実施期間,監察項目,実施対象,実施結果及び改善措置等について説明を受け,了承した。
 委員から,「監察項目の中に受傷事故防止対策の推進状況とあるが,受傷事故とはどのようなものがあるのか。また,非違事案防止対策の浸透状況の検証が不十分とはどのように不十分なのか。」旨の発言があり,警察側から,「受傷事故とは,職務執行中に負傷することである。検証が不十分とは,非違事案防止についての指示はされているが,その指示が末端まで浸透しているかの検証が十分にできていないということである。」旨の説明があった。

○人事案件について 
 人事案件について説明を受け,了承した。

○監察の実施状況等について 
 監察の実施状況等として,警察職員の監督上の措置について報告を受けた。

【報告】

 ○警察・商工労働委員会説明事項について 
 平成23年11月18日(金)に開催予定の警察・商工労働委員会における警察本部からの説明事項等について報告を受けた。

○平成23年度中国管区警察局優秀警察職員表彰受賞者の決定及び表彰式について 
 平成23年12月2日(金),広島合同庁舎において行われる「平成23年度中国管区警察局優秀警察職員表彰」における受賞者の決定及び功労概要等について報告を受けた。

○第12回広島県暴走族対策会議の開催について 
 平成23年11月24日(木),警察本部において開催する「第12回広島県暴走族対策会議」の概要について報告を受けた。
 委員から,「暴走族と,ぐ犯性の高い非行少年グループは識別しているのか。また,ぐ犯性の高い非行少年グループについても,暴走族と同様に特定してグループ数等を把握しているのか。」旨の発言があり,警察側から,「暴走族とは別に,重要窃盗や集団決闘等を行うなど悪質性が高く,暴力団の影響も懸念される非行少年グループを,ぐ犯性の高い非行少年グループとして特定し,把握している。」旨の説明があった。
 委員から,「暴走族対策会議には,様々な機関・団体の代表者が委員になっているが,年間の施策実施計画は誰が考えるのか。」旨の発言があり,警察側から,「それぞれの関係機関・団体の活動内容について報告を受け,事務局である警察がとりまとめて施策の案を作成し,暴走族対策会議で検討して決定するものである。」旨の説明があった。

○第7回防犯絵手紙の応募状況及び審査結果について 
 平成23年7月1日(金)から9月20日(火)までの間募集した「第7回防犯絵手紙」の応募総数,審査結果,表彰及び応募作品の活用方法等について報告を受けた。

○平成23年年末交通事故防止県民総ぐるみ運動の実施について 
 平成23年12月11日(日)から20日(火)までの10日間,「高齢者の交通事故防止」を運動の基本とし,「飲酒運転の根絶」,「自転車の安全利用の推進」及び「反射材用品等の活用による夕暮れ時や夜間の交通事故防止」を重点として実施される「平成23年年末交通事故防止県民総ぐるみ運動」における重点推進事項及び開始式について報告を受けた。

○公安委員会の意思決定のない道路標識による交通違反の検挙について 
 公安委員会の意思決定のない道路標識による交通違反の検挙事案及びこれに対する対応並びに再発防止策等について報告を受けた。

【特記事項】

 報告案件に引き続き,水野委員長が,平成23年11月14日(月)に開催された平成23年秋の中国管区内公安委員会連絡会議に出席した状況について説明した。