ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 広島県公安委員会 > 定例会議の開催概要(平成23年10月5日)

定例会議の開催概要(平成23年10月5日)

印刷用ページを表示する 掲載日:2011年12月1日

平成23年10月5日(水)

 定例会議では,次の事項などについて警察本部から説明,報告を受け,公安委員会としての意思決定を行いました。

【議題】

○銃砲刀剣類所持等取締法に基づく行政処分について
 銃砲刀剣類所持等取締法に基づく行政処分案件について,処分理由及び処分案の説明を受け,案のとおり議決した。
 委員から,「処分の理由となる事案が2月の発生であり,発生から処分まで約8ヶ月経過しているのはなぜか。また,銃砲刀剣類所持等取締法違反以外にも業務上過失傷害になるのではないか。」旨の発言があり,警察側から,「事案の発生場所が山中であり,場所の特定等の捜査に時間を費やした。また,銃砲刀剣類所持等取締法違反以外にも刑法の業務上過失傷害で検察庁に送致したので,検察庁でも慎重に捜査を進めており,捜査の進展を見極めた上での処分となることから時間がかかった。」旨の説明があった。

○審査請求事案の処理について
 広島県情報公開・個人情報保護審査会に諮問中となる審査請求事案について,同審査会から理由説明書の提出についての通知を受理し,警察本部長に処分理由を記載した書面の提出を求める案について説明を受け,案のとおり議決した。

○行政訴訟事件の発生と訴訟代理人等の指定について
 行政訴訟事件の発生及び当該訴訟の代理人等を指定する案について説明を受け,案のとおり議決した。

○運転免許の行政処分について
 運転免許の行政処分に関する意見聴取の結果等20件について説明を受け,案のとおり議決した。

○公安条例専決処理状況について(平成23年9月中)
 平成23年9月中における公安条例の専決処理状況について説明を受け,了承した。

○援助要求専決処理状況について(平成23年9月中)
 宮城県公安委員会から東日本大震災に伴う警察職員の援助要求があり,当県警察職員を派遣したことについて,災害警備に対応するため緊急の措置を必要としたので,本部長専決とした旨説明を受け,了承した。

【報告】

○平成24年度重点施策協議について
 現在検討中の県政運営の基本方針2012における平成24年度の重点施策及び県警察の対応について報告を受けた。
 委員から,「これは現在の知事になってからの施策なのか,それとも従来の施策を踏襲したものなのか。また,県の重点施策と県警察の運営重点は全部リンクしてくるのか。」旨の発言があり,警察側から,「現在の知事になって新たに策定された広島県の総合計画『ひろしま未来チャレンジビジョン』に基づくものである。警察の運営重点とは,ある程度リンクしており,県警察の施策も県の重点施策に基づいたものとなっている。」旨の説明があった。
 委員から,「県警察の運営重点の推進項目重点版と県の重点施策に整合性があるのが望ましい。」旨の発言があり,警察側から,「決定したわけではないが,県では平成24年度に特に注力する重点施策として,『人づくり』と『新たな経済成長』を重点分野とする方針である。これ以外は重点施策でないということではなく,他にも着々と推進している重点施策もあり,県警察の施策もほとんどがこの着々と推進している施策である。その上で,県警察が重点分野に貢献できるものとしての取組が,『少年サポートルームによる立ち直り支援』,『安全・安心なまちづくり促進』及び『初動捜査機能の高度化』である。また,県の重点施策と県警察運営重点をしっかりリンクさせ,新規で取り組む施策については,県でも重い位置付けになるように協議していくこととしている。」旨説明があった。

○平成23年度広島県警察拳銃射撃競技大会について
 平成23年12月1日(木),広島県警察学校において開催される「平成23年度広島県警察拳銃射撃競技大会」について,日程の内容及び安全管理対策の徹底等の報告を受けた。
 委員から,「暴発事故の絶無を期するということであるが,拳銃訓練中に暴発事故があったのか。」旨の発言があり,警察側から「本県ではないが,弾を抜いて訓練する空撃ち訓練において,弾が入っていたため暴発した例がある。」旨,「空撃ち訓練による暴発を絶無するため,弾の有無を確実に行わせ,弾が入っていないことを確認した上で訓練することを徹底する。」旨の説明があった。

○平成23年秋の叙勲等受章者の決定等について
平成23年秋の叙勲等の受章者及びそれぞれの伝達式の日程等について報告を受けた。

○平成23年全国地域安全運動の実施について
 平成23年10月11日(火)から10月20日(木)までの10日間で実施される全国地域安全運動の目的,運動重点,推進する施策及び主な行事等について報告を受けた。

○暴力追放広島県民大会等の開催について
 平成23年11月4日(金),広島国際会議場において開催される暴力追放広島県民大会の概要について報告を受けた。
 警察側から,「10月1日に東京都においても暴力団排除条例が施行されたこと及び芸能界と暴力団の関係がマスコミで取り上げられるなど注目されているところである。」旨の補足説明があった。
 委員から,「暴力団排除条例は,どこの県も内容は同じものか。」旨の発言があり,警察側から,「基本的な内容は同じだが,各県でそれぞれ特色がある。広島県では,各市町においても条例の制定が進められており,その中に,祭礼からの暴力団排除規定が盛り込まれるなどしている。」旨の説明があった。

○親子間における殺人事件の発生について
 平成23年10月3日(月)広島市安芸区中野で発生した親子間における殺人事件の概要について報告を受けた。

○交通事故発生状況について(平成23年9月末現在)
 平成23年9月末現在における県内の交通事故発生状況,死者数の状況及び特徴等について報告を受けた。
 委員から,「高齢者の死者が増加したのは非常に残念だ。月別の5年平均を見ると,死者総数も高齢者死者数も5月ころから年末に向けて増加傾向にあるが,原因は何か。」旨の発言があり,警察側から,「年末に向けて日没が早くなり薄暮の時間帯を含めて夜間の交通事故が増加することや,12月は師走であり交通総量の増加,更には,積雪等の天候等が関係しているものと考えられる。」旨の説明があった。
 委員から,「自転車に対する交通安全指導は,今年に入って強化されたのか。」旨の発言があり,警察側から,「昨年9月から広島県緊急雇用対策基金事業として『歩行者・自転車ルール啓発業務』を実施しているほか,ボランティアの方にも安全指導に協力していただいている。また,警察官による交通安全教室や,現場における指導取締りも強化している。」旨の説明があった。

○緊急事態発生時における対応について~経営戦略会議(10月3日)における報告事項~
 緊急事態発生時における対応として,情勢の変化,体制の強化,関係機関の連携及び今後の課題について報告を受けた。

○東日本大震災に係る広島県警察の対応について
 東日本大震災発生に伴い派遣されている警備部隊の体制,派遣先,主な活動状況及び今後の派遣予定について報告を受けた。