ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 広島県公安委員会 > 定例会議の開催概要(平成23年1月19日)

定例会議の開催概要(平成23年1月19日)

印刷用ページを表示する 掲載日:2011年12月1日

平成23年1月19日(水)

 定例会議では,次の事項などについて警察本部から説明,報告を受け,公安委員会としての意思決定を行いました。

【議題】

○交通規制の改正について
 最高速度規制の新規設定案12路線及び改正案3路線等について説明を受け,審議した。

○広島県警察職員定員条例の一部改正案について
 警察法施行令の一部改正に伴い,本県警察職員の定員を改めるため,広島県警察職員定員条例の一部改正案を県知事に提出することについて説明を受け,案のとおり議決した。

○警察職員の援助要求について
 福井県公安委員会からあった警察職員の援助要求に基づき,同県警察に警察職員を派遣する案について説明を受け,案のとおり議決した。

○審査請求書の受理及び審理官の指名につい
 運転免許の停止処分に関する審査請求書3件を受理するとともに,審理に関する事務を補佐させる審理官を指名する案について説明を受け,案のとおり議決した。

○異議申立書の受理及び審理官の指名について
 更新時に交付した運転免許証の区分に関する異議申立書を受理するとともに,審理に関する事務を補佐させる審理官を指名する案について説明を受け,案のとおり議決した。

○異議申立書の審理結果につい
 更新時に交付した運転免許証の区分に関する異議申立事案について,審理官による審理結果及び決定案の説明を受け,案のとおり議決した。

○審査請求書の受理等について
 広島県個人情報保護条例に基づく自己情報開示請求に対する警察本部長の決定を不服とした審査請求書を受理するとともに,必要な処理案について説明を受け,案のとおり議決した。

○法定苦情の受理について
 公安委員会に申し出られた法定苦情を受理するとともに,その内容及び事実関係の調査等を警察本部長に指示する案について説明を受け,案のとおり議決した。

○公安委員会あて文書の処理について
 公安委員会あてに送付された文書の内容及びその処理案について説明を受け,案のとおり議決した。

○運転免許の行政処分について
 運転免許の行政処分に関する意見聴取の結果等38件について説明を受け,案のとおり議決した。

○監察の実施状況等について
 平成22年度第3四半期における監察の実施状況等について説明を受け,了承した。
 委員から,「警察職員の不適切な行為は,県民との信頼関係にも影響する。未然防止と適切な対処をお願いしたい。」旨の発言があり,警察側から,「職員には各種教養資料等により注意喚起を図るとともに,先般の警察署長会議でも各所属長に指示するなどあらゆる機会を通じた指導・教養を行っていくこととしている。」旨,「同じような事案が発生しないよう,事例の共有を図ることにより,再発防止に努めたい。」旨の説明があった。
 委員から,「昨年報告のあった不適正な会計経理処理に関して,その後,再発しているような事象はないか。」旨の発言があり,警察側から,「前回報告した随時監査結果を踏まえ,本年度の会計監査を実施し,現在,取りまとめ中であるが,今のところ,同様の不適正な処理は認められない。」旨の説明があった。

【報告】

○警察署協議会会長会議の開催について
 本年度における警察署協議会会長会議の開催日程,出席者,次第及び配付資料の内容等について報告を受けた。

○流川・薬研堀地区の街頭防犯カメラシステムの運用状況について(平成22年10月~12月)
 平成22年10月から12月末までの間における,流川・薬研堀地区に設置された街頭防犯カメラシステムの運用状況について報告を受けた。

○「暴走族加入防止ポスター」等コンクールの審査結果について
 平成22年の「暴走族加入防止ポスター」・「暴走族追放に関する標語」コンクールの実施状況,審査結果及び入選作品の活用方法等について報告を受けた。
 委員から,「予知・予防活動の一環として非常にいい活動だと思うので,より活性化されるようお願いしたい。」旨の発言があった。

○地域部地域課の職務質問技能指導者の活動状況について~平成22年9月の体制強化以降~
 平成22年9月に警察本部地域部地域課の職務質問技能指導者体制を強化しており,その後における同指導者の活動実績,効果及び今後の方針について報告を受けた。

○110番受理状況について(平成22年中)
 平成22年中における110番受理状況として,事案別受理件数,地域別受理件数,リスポンスタイム及び緊急配備の実施状況等について報告を受けた。
 委員から,「いたずらや無応答などの件数が減り,また,リスポンスタイムも短縮化されている。その場所等によって,現場到着に要する時間は異なるものだとは思うが,県民の安全・安心に係る体感治安の上でも,110番に迅速な対応を行うことは重要な要素だと思う。これらの傾向は,今後も維持されるよう活動していただきたい。」旨の発言があり,警察側から,「いたずらなどの件数が減ってきたのは,110番の日を始め,ミニ広報紙等で,正しい利用について呼びかけてきた成果もあるものと考えている。現場到着に要する時間は,その発生場所等によって違いが生じるものではあるが,引き続き,各種訓練,適切な判断等により迅速な対応に心掛けていきたい。」旨の説明があった。

○高齢運転者標識の様式変更について
 道路交通法施行規則の一部改正により,高齢運転者標識の様式が変更され,本年2月1日から施行されること等について報告を受けた。

○客待ちタクシーによる違法駐車解消に向けた社会実験の実施結果について
 平成22年11月中に実施した,客待ちタクシーによる違法駐車解消に向けた社会実験の結果(総括)及び今後の方針等について報告を受けた。
 委員から,「乗り場を増やす等の課題もあり,道路管理者等関係機関と今後の方向性が合っていないと進んでいかないのではないか。」旨の発言があり,警察側から,「今後,この問題を検討していく『広島市中心部における客待ちタクシー駐車対策検討会議』には,市や県などの道路管理者も含まれており,この会議を中心に検討を進めていくこととしている。」旨の説明があった。