ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地トップページ > 分類でさがす > 防災・安全 > 防犯・交通安全 > 交通安全 > 広島県交通安全お助けサイト > 「交通安全を考えるつどい」が開催されました

「交通安全を考えるつどい」が開催されました

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年10月19日更新

  平成27年10月14日(水)に世羅町せらにしタウンセンターで,「交通安全を考えるつどい」が開催され,広島県交通安全母の会会員ら約100名が参加しました。 この行事は,「交通安全は家庭から」を合言葉に家族ぐるみでの交通安全意識の高揚と交通事故防止を目的に,実施したものです。

 広島県交通安全対策室新庄室長補佐の「交通安全ワンポイント」では,高齢者の交通事故防止について,パワーポイントを使用しながら説明がありました。 

 また,「セーフティプラザヒコア号実技体験」では,交通安全機器の体験を通して,安全に楽しく,交通ルールや自らの身体的機能を知っていただき,交通事故防止に役立てました。 

 最後に,世羅警察署地域交通課檜山課長による講演では,「飲酒運転ゼロプロジェクト」作成のDVDを上映し,極めて悪質・危険な犯罪行為である,飲酒運転の根絶について訴えました。

「交通安全を考えるつどい」(交通安全は家庭から)開催の様子
広島県交通安全対策室による講義
広島県交通安全対策室の講義
ヒコア号での交通安全実技体験
交通安全実技体験(ヒコア号)

このページがお役にたちましたら、下のいいねボタンを押してください。