ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

体験型交通安全講習会の開催

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年6月21日更新

体験型交通安全講習会を開催しました

平成29年6月2日,旧広島市民球場跡地で,県,広島市,県警が合同で,広島市の交通安全運動推進隊員を対象に交通安全講習会を開催しました。

今回の体験型講習会は,日本自動車連盟広島支部(JAF),広島県バス協会に御協力いただき,実施し,車の死角の確認や高齢者の交通事故被害のリスク低減を図るうえで効果が期待される安全運転サポート車の機能の紹介と試乗,実際のバスを使用した車内事故防止等について,講習を行いました。

 

講習会の模様

警察本部交通企画課,高齢者対策室長の挨拶

交通事故発生の状況や安全運転サポート車について

1

JAF職員による自動車の死角体験

実際に自動車を使用して死角となる位置を確認

3

4

安全運転サポート車の試乗

実際に安全運転サポート車を使用して衝突被害軽減ブレーキを体験

5

広島県バス協会によるバスロケーションシステム等や車内事故防止,バスの死角体験

実際にバスを使用して死角となる位置を確認

6

バスの車内事故防止についての説明

7

広島市から交通事故防止に配意した街頭指導方法について

8

このページがお役にたちましたら、下のいいねボタンを押してください。