ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地トップページ > 分類でさがす > 防災・安全 > 防犯・交通安全 > 交通安全 > 広島県交通安全お助けサイト > 反射材活用促進街頭キャンペーンを実施しました

反射材活用促進街頭キャンペーンを実施しました

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年10月31日更新

反射材活用促進街頭キャンペーンを実施しました。

 10月21日(金)午後4時30分から,広島市中区胡町八丁堀交差点南東角歩道上及び10月25日(火)午後4時から,広島駅南口駅前広場において,反射材活用促進街頭キャンペーンを実施しました。

 このキャンペーンは,これから日没時間が早まり,例年,薄暮・夜間の交通事故が増加する傾向にあるため,歩行者に反射材を配布して活用推進を図るとともに,通行車両に対し,交通安全ハンドPOPによる「早めのライト点灯」の広報活動を広島県警,広島県,広島市,地域交通安全活動推進委員が一体となり実施しました。

反射材の配布活動

 カープロゴを使用したブレスレット型反射材やサンフレッチェロゴを使用したリストバンド型反射材を通行中の歩行者に対し,配布しました。

 反射材1反射材2
 

交通安全ハンドPOPによる広報活動

 広島市中区胡町八丁堀交差点及び広島駅前大橋において通行車両に対し,交通安全ハンドPOPによる「早めのライト点灯」の広報活動を行いました。

ハンドPOP1ハンドPOP2