ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地ホットライン教育ひろしま > ことばの教育 > 研究推進地域の取組みについて(庄原市立東城中学校)

研究推進地域の取組みについて(庄原市立東城中学校)

1 研究主題

子どもの思考力・表現力を高めるための授業をめざして
~「言語技術」を取り入れた指導の工夫~

2 ステップ・アップ・リーダー 

庄原市立東城中学校 柳生 登子 教諭庄原市立東城中学校 柳生 登子 教諭の写真
ステップ・アップ・リーダーの研究地域の小学校での「言語技術」指導の授業風景です。
ステップ・アップ・リーダーが各小学校で「言語技術」を実際に行うことで,児童が楽しく「言語技術」の学習に取り組むことができるとともに,教員の「言語技術」を活用しようとする意識と指導力向上につながっている。
    

3 取組みの概要

(1)研究内容

義務教育9年間を見通した「言語技術」の指導を継続して行うことで,子どもたちの表現力の向上を図る。
授業の中で,情報を整理する場を設定し子どもたちの思考力を高める。

(2)普及の方法

ア 研究地域内の小学校だけでなく,来年度適正配置予定の小・中学校の児童生徒に「言語技術」を指導し,有効な連携の機会とする。
イ 庄原市内小中学校の学力向上検討委員会研修会で,「言語技術」の教科等における活用について演習を行う。
ウ 庄原市内全ての小・中学校に,昨年度研究地域で作成した実践事例集を配布し,各校での実践を支援する。

このページがお役にたちましたら、下のいいねボタンを押してください。