ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地ホットライン教育ひろしま > ことばの教育 > 研究推進地域の取組みについて(世羅町立世羅中学校)

研究推進地域の取組みについて(世羅町立世羅中学校)

1 研究主題

教科等の学習における言語技術を活用した指導方法の開発と普及
~個人思考と集団思考の場面を生かした指導方法の開発~

2 ステップ・アップ・リーダー

 世羅町立世羅中学校  中和 洋之 教諭世羅町立世羅中学校  中和 洋之 教諭の写真

3 取組みの概要

(1) 研究内容

ア 世羅中学校区授業モデルを生かした事例の開発(各学校の授業モデルと次の4つの学習段階をリンクする。)
 (1)課題の設定…資料・図・グラフ等から情報を取り出し,児童生徒が課題を発見する。(言語技術の導入)
 (2)個人思考……言語活動を通して課題に対する児童生徒の考えを明確にする。(言語技術の導入)
 (3)集団思考……話し合い活動(ねりあい)を通して課題に対する個人の考えを高め,ねらいに迫る。(言語技術の導入)
 (4)まとめ……学習した内容について振り返り,整理する。
イ 3ポイント発言
 全ての教育活動の中で,「つなぐ,結論,理由」の3点を意識して発表させる。

(2) 普及の方法

ア 小中連携授業交流部会と連携した取組み
 (1)公開授業研究及び事後協議会の実施
 (2)言語技術に関する講習会の実施
イ 町内全小・中学校の組織的な取組みの推進
 (1)町内の全ての学校において,「言語技術」の習得の時間を教育課程に位置付ける。
 (2)町内の全ての学校において,自校の授業モデルや研究の柱に「言語技術」を位置付ける。
 (3)実践事例集の作成 

このページがお役にたちましたら、下のいいねボタンを押してください。