ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地ホットライン教育ひろしま > ことばの教育 > 子どもの読書活動の推進のための方策-環境の整備(2)

子どもの読書活動の推進のための方策-環境の整備(2)

~読書活動の推進に向けた整備~

公立図書館の設置・蔵書等図書資料の整備・充実

 子どもが本と出会い,読書の楽しさを感じるためには,身近に図書館があり,充分な図書資料が整備されることが大切です。

現状

【公立図書館施設の状況】

● 町村立図書館の設置状況(*1)

町村立図書館の設置状況

 *市立図書館の設置状況は100%です。(13市30館)
● 分館設置状況(*2)

● 移動図書館保有率(*3)

自動車図書館保有状況

● 県立図書館の人口千人当たりの児童図書蔵書数(全国28位)(*1)

児童図書館の人口千人あたりの児童図書蔵書数(平成13年度実績)

  • 図書館設置市町村においては,分館の設置が進んでいません。移動図書館を保有している図書館も少なく,自治体全域へのサービスは十分とは言えません。
    また,町村立図書館の設置率が全国を下回っています。
  • 県立図書館の児童図書蔵書数は,全国平均をやや上回っているものの,まだ不十分です。

子どもの読書活動を一層推進していくためには,公立図書館の図書資料の整備・充実を図るとともに,公立図書館と学校図書館及び公立図書館相互の連携や協力が必要です。

方策

【図書資料の整備・充実】

  • 図書館設置市町村に対して,本館,分館,移動図書館からなる図書館サービス網の構築を働きかけるとともに,学校,公民館などへの配本活動を奨励します。
  • 広島県域図書館情報提供ネットワーク(*4)による県立図書館蔵書検索システムの充実を図るとともに,市町村立図書館等の蔵書検索が可能となるよう推進します。
  • 図書館未設置の町村に対して,公立図書館設置推進にかかわる助成金等の情報提供を図り,公立図書館の設置促進を図ります。
  • 県立図書館において児童資料の充実に努めます。また,中・高校生を対象とした資料の充実に努めるとともに,様々な障害の種類や程度に応じた資料(点字資料,録音資料,点訳絵本,布の絵本,さわる絵本など)や外国語資料の収集に努めます。
  • 県立図書館は,市町村立図書館等の求めに応じ,資料の貸出,レファレンスサービス(*5)への協力,子どもの読書に関する情報提供やアドバイスなどの支援を行います。また,市町村立図書館等における児童サービス及び子どもの読書活動の状況把握に努め,各館の運営の参考となるよう情報提供を行い,連携して子どもの読書活動の推進に取り組みます。
  • 県立図書館は,子どもの読書活動推進関係者の調査研究を支援するために,研究書等の充実を図るとともに,大学図書館,国立国会図書館国際子ども図書館などと連携を図り,資料の相互貸借や複写などにより情報の提供を行います。
  • 公立図書館は,学校図書館と連携を図り,学校での読書活動に必要な資料や情報の収集・提供に努めることが望まれます。

目標

 県立図書館では,児童図書の計画的な充実を図ります。(「ヤングアダルトコーナーの設置」,「あかちゃんのほんだな」500冊)。(平成17年度目途) 

 また,県内公立図書館のヤングアダルト・サービス(*6)の実施率が60%になるよう働きかけます。(平成19年度目途)

*1 全国:日本の図書館 統計と名簿2002 広島県:広島県公共図書館要覧2002 
*2 社会教育行政基礎資料(平成14年)(広島県教育委員会)
*3 広島県公共図書館要覧2002 
*4 広島県域図書館情報提供ネットワーク(来〈ら〉いぶらりネット)(http://www.hplibra.pref.hiroshima.jp/
 インターネットを通じて,県立図書館蔵書及び県域図書館総合目録(県内図書館・公民館図書室などが所蔵する資料)の検索ができるとともに,本や図書館活動に関する情報発信を行うシステム。
*5 レファレンスサービス
 利用者が求めている事項について,資料及び情報の提供又は紹介などを行うサービス。
*6 ヤングアダルト・サービス
 中高校生を対象にした,本の紹介,読書案内,情報提供などの図書館サービス。

<県立図書館の役割>

 市町村立図書館の支援,子どもへの直接サービスなど,県内全域にわたる子どもの読書活動推進の中心的,先導的役割があります。

<市町村立図書館の役割>

 住民のニーズに応じた児童資料の収集や提供,自治体内全域へのサービスの実施,利用者に応じたサービスの推進,おはなし会など子どもの読書活動に関わる集会や行事の実施,子どもの読書活動についての情報提供や相談活動,子どもの読書活動ボランティアの育成と活動機会の提供,域内の学校・公民館・団体等との連携等を進める役割があります。

<児童資料>

 図書資料のうち,主に子ども(乳幼児からおおむね中学生まで)の利用に供するための図書(児童図書)やその他の資料(新聞,雑誌,紙芝居,視聴覚資料など)のこと。児童資料には,乳幼児向けの絵本,昔話,児童文学,ノンフィクション,各教科に関連した図書,辞書・辞典・図鑑等の参考図書などがあります。

戻る

このページがお役にたちましたら、下のいいねボタンを押してください。