ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地ホットライン教育ひろしま > ことばの教育 > 子どもの読書活動の推進のための方策-よりよく読む(1)

子どもの読書活動の推進のための方策-よりよく読む(1)

~本を読む力の育成~

学校における読む力を育てる指導の充実

 「読む力」の育成は,「ことばの力」の基盤となるものです。広島県が「ことばの教育県づくり事業」を展開する中で,各学校では,学校全体で「ことばの力」を育成するために計画的・継続的な読書活動を推進することが大切です。

 現状

  • 国語科などの教科等ごとに,読書指導は行われています。
  • 総合的な学習の時間が実施されるようになって,事典などを使った調べ学習などが盛んに行われるようになっています。

●読書指導計画の作成状況(*)

読書指導計画の作成状況

◇ 読書活動の全体構想や読書指導の年間指導計画に基づく各教科,科目及び「総合的な学習の時間」等の計画的な取組みが必要です。

方策

  • 各学校が「わが校のことばの教育プラン」を策定するとともに,それに基づく読書活動年間指導計画を作成し,計画的な読書活動を推進するよう指導します。
  • 読書活動年間指導計画をもとに,各学校の取組みの計画,実施,評価及び次年度への課題等を把握し,効果的な指導・助言を行うことに努めます。
  • 司書教諭を中心に,各教科,科目,道徳,特別活動,総合的な学習の時間等において学校図書館を計画的に利用し,その活用を図るとともに,学年を超えた異年齢集団による読書活動を導入するなど,児童生徒の主体的・意欲的な読書活動や,学習活動を充実させるよう指導します。
  • 児童生徒の発達段階に応じて,読書意欲を喚起し読書力を育てるために,各学校が国語科の年間指導計画において読書指導を位置付け,その指導の充実を図るとともに,他教科においても必要に応じて適切に読書指導するよう助言します。
  • 読書意欲や読書力を高める研修及び研究協議会を通して,教職員の指導力の向上を図ります。

目標

読書指導の年間指導計画作成校が80%となるよう取り組みます。(平成17年度目途)

* 平成15年度「朝の読書」等の計画状況について(広島県教育委員会)

戻る

このページがお役にたちましたら、下のいいねボタンを押してください。