ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地ホットライン教育ひろしま > ことばの教育 > 子どもの読書活動の推進のための方策-たくさん読む(2)

子どもの読書活動の推進のための方策-たくさん読む(2)

~本を読むきっかけの提供~

イベントを通じた読書活動啓発

 読書フォーラムや図書館でのおはなし会などの機会に、子どもの読書活動の意義や重要性について啓発を行うことが大切です。

現状

  • 『4.23子ども読書の日』記念キャンペーンの実施
    ・「ひろしまおはなしの旅」
      平成14年度県内58市町村(86市町村中)で124事業
      平成15年度県内61市町村(79市町村中)で157事業
    ・「読書フォーラム」
      平成14年度 広島市にて開催
      平成15年度 東広島市にて開催
  • 『広島県子どもの読書活動推進フォーラム』の開催
       平成14年度 三次市にて開催
  • 県立図書館のHP等で随時イベント等の情報提供をしています。

今後,これらの取組みを充実させ,子どもの読書活動がより一層推進されるよう支援する必要があります。

方策

  •  読書活動を推進する気運を高めるため,読書活動の意義や重要性について広報紙,県のHP等で,広く普及・啓発を図るよう努めます。
  •  県全域で一斉に取り組む「ひろしまおはなしの旅」を毎年全市町村で開催するよう働きかけ,「子ども読書の日」の記念事業として定着させるよう努めます。
  •  読書フォーラム等の開催を定例化することにより,「子どもの読書活動ボランティア」・学校・図書館・行政関係者などが連携して読書活動を推進できるよう支援します。
  •  公立図書館において,研修会,講座等の継続的開催や子どもの読書に関する資料展示を行うことで,読書活動啓発の機会の確保に努めるように促します。

目標

 『4.23子ども読書の日』記念キャンペーン「ひろしま おはなしの旅」の全市町村での事業開催(平成17年度目途)、「読書フォーラム」の定例開催(毎年)をめざします。

戻る

このページがお役にたちましたら、下のいいねボタンを押してください。